電子部品 受動部品からモジュールまで電子部品の総合情報
 

XDRとは

エックスディーアール

2005/02/28 18:50
印刷用ページ

extreme data rate

 米Rambus社が開発した高速メモリ・インタフェース技術。メモリLSIとコントローラLSIを結ぶ。入出力ピン当たりの最大データ転送速度が2.4Gビット/秒,3.2Gビット/秒,4.0Gビット/秒と極めて速い。

 XDRインタフェースは同社が新たに開発した3つの技術で構成されている。250mVと小さい振幅でデータを差動伝送する技術(DRSL:Differential Rambus Signaling Levels),クロック・エッジごとにデータを8ビットずつ伝送する技術(ODR:octal data rate),メモリLSIとコントローラ間の遅延時間を2.5psときわめて短い単位で制御する技術(FlexPhase)である。

 データの伝送方式はポイント・ツー・ポイントである。メモリ・モジュールを使うパソコンの主記憶には向かない。デジタル家電や3次元グラフィックス用途などのメモリをねらう。Rambus社は技術ライセンス企業であり,半導体製品の製造はしない。半導体メーカーがXDR インタフェース技術をRambus社からライセンス購入し,自社製品に組み込む。

 XDRインタフェースを搭載した高速DRAM(XDR DRAM)を現在,東芝,エルピーダメモリ,韓国Samsung Electronics社の3社がサンプル出荷中である。主力品種は32M×16ビット品となっており,DRAM全体の最大データ転送速度は4.8Gビット/秒,6.4Gビット/秒,8.0Gバイト/秒に達する(入出力ピン当たりの最大データ転送速度が2.4Gビット/秒,3.2Gビット/秒,4.0Gビット/秒の品種にそれぞれ対応する)。パソコンの主記憶に使われているDDR2 SDRAMに比べると,はるかに高速である。

 またソニー・グループと東芝,米IBM社は,次世代マイクロプロセサ「Cell」に,XDRインタフェースのメモリ・コントローラ回路(XDR Controller I/O Cell(XIO))を採用した。試作チップには2チャンネルのXDRコントローラ回路が内蔵されている(『日経エレクトロニクス』,2005年2月28日号,p.111を参照)。


DDR 2 SDRAMとXDR DRAMの主な仕様
名称 DDR2 SDRAM XDR DRAM
主な用途 パソコンやサーバーなどの主記憶 デジタル家電や3次元グラフィックスなど
入出力ピン当たりの最大データ転送速度 400M/533M/667M/800M(ビット/秒) 2.4G/3.2G/4.0G(ビット/秒)
データ転送形式 DDR ODR(システム・クロックの8倍)
入出力バス幅 ×16/×8/×4(ビット) ×16/×8/×4(ビット)
記憶容量 256M/512M/1G(ビット) 256M/512M(ビット)
電源電圧 1.8V 1.8V
入出力インタフェース SSTL
(Stub Terminated Transceiver Logic)
DRSL
(Differential Rambus Signaling Levels)
メモリ・バンク数 4バンク(1Gビット品のみ8バンク) 8バンク(独立)
オンチップ終端 あり あり
パッケージ FBGA BGA
メモリ・モジュール 240ピンDIMM,200ピンSODIMM -
主要なチップセット・ベンダーのサポート あり なし

【9月15日(火)開催】触るインタフェース(応用編)
~ウエアラブルと身体性から読み解く次世代インタフェース~


ウエアラブルデバイスで触覚情報を利用するための基礎と最新技術や、全身触覚と身体性に着目した新しい触覚インタフェースの新潮流について解説する。この分野に精通する3人の講師が、様々な研究開発例とその実装方法を紹介する。詳細は、こちら
会場:BIZ新宿 (東京・西新宿)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング