• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器NE用語 > モバイルWiMAX

NE用語

モバイルWiMAX

モバイルワイマックス

  • 2006/03/24 09:33
  • 1/1ページ

 端末の高速移動時でも通信を続けられる無線データ通信の物理層とMAC層の規格「IEEE802.16e」を基盤にした移動体通信の仕様。5M~20MHzの帯域幅を利用することで,回線が空いている場合には最大データ伝送速度が75Mビット/秒,実効的にも10M~20Mビット/秒と無線LAN並みの高速性が得られる(図)。携帯電話のような広域サービスが可能なほか,時速120kmと高速で移動中でも,数Mビット/秒で通信を続けられる。

 ハンドオーバーを簡略化するなどしてある程度通信のQoS(サービス品質)を割り切ることで,高速大容量のデータ通信サービスが大幅に低コストで提供できると期待されている。通信のQoSを強く意識したこれまでの広域をカバーする移動体向けデータ通信サービスとは一線を画したものといえる。

 ただし,周波数利用効率はHSDPAやEV-DOと同等かやや高い程度にとどまる点である。周波数利用効率が低いと,セル内での収容ユーザー数が増えた際にユーザー当たりのスループットの落ち込みが激しくなる可能性がある。周波数利用効率を上げるため,MIMO(multiple input multiple output)を利用も考えられているが,複雑な信号処理が必要なMIMOの実装は端末の消費電力が大きな課題となる。

 モバイルWiMAXは国内外で実用化の動きが活発である。国内ではKDDIのほかに,ソフトバンク系列のBBモバイル,NTTグループが実証試験に着手しており,イー・アクセスも「WiMAX推進室」を立ち上げている。これまで移動体通信から距離を置いていたアッカ・ネットワークスまでもが実験を始める。こうしたことから,早ければ2008年にも2.5GHz帯の周波数を使ってサービスが始まる見通しである。

図 高速移動しながらMビット/秒
図 高速移動しながらMビット/秒日経エレクトロニクス2006年3月13日号より抜粋)

関連する最近のTech-On!記事

【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓