• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子設計NE用語 > OpenGL ES

NE用語

OpenGL ES

オープンジーエルイーエス

  • 2005/03/14 16:35
  • 1/1ページ

 グラフィックス関連技術の標準化団体であるKhronos Group(ホームページはこちら)が策定する組み込み機器に向けた3次元(3D)グラフィックス用API。OpenGLは,コンピュータでグラフィックスを扱うための標準的なプログラム・ライブラリであり,OpenGL ESは組み込み機器での利用に向けたサブセットとなる。最近では,携帯電話機で数多く採用されている。またCellを搭載した次世代プレイステーションのグラフィックスAPIにも採用されることになった。

 OpenGL ES1.0が登場したのが2003年。OpenGL1.3のサブセットという位置づけである(図)。その後,2004年にはOpenGL 1.5のサブセットであるOpenGL ES1.1が公表された。2005年夏には,OpenGL2.0のサブセットであるOpenGL ES 2.0が登場する見込み。OpenGL ES 2.0では,プログラマブル・シェーダに初めて対応する。ポリゴンの頂点操作や画素生成の処理内容などをアプリケーションに応じてプログラミングできるようにしたハードウエアに向けた機能で,描画処理の効率を高めやすく表現能力が格段に上がる。

勢いに乗って影響範囲を広げるKhronos Group
図 勢いに乗って影響範囲を広げるKhronos Group
米Khronos Groupは2000年4月に10社が集まって立ち上げた組織である。携帯機器向けの3次元グラフィックス描画用API「OpenGL ES」の策定に力を入れてきた。3次元グラフィックス以外のAPIにも手を広げる。2004年7月に2次元ベクトル・グラフィックス描画用API「OpenVG」,および汎用マルチメディア処理に向けたAPI「OpenMAX」の策定作業を開始した。(2004年8月30日号より抜粋)

【技術者塾】(5/26開催)
シミュレーション要らずの熱設計・熱対策

~熱を電気回路に見立てて解析、演習で応用力アップ~


本講演を受講すると、シミュレーションに頼らない実践的な熱対策・熱設計ができるようになります。演習を通して実際に熱を解析し、熱設計への理解を深められます。現場で応用できる熱解析ツールを自分で作成できるようになります。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月26日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ