EDA・ソフトウエア 強いLSIやボードを設計するための
 

OpenGL ESとは

オープンジーエルイーエス

2005/03/14 16:35
印刷用ページ

 グラフィックス関連技術の標準化団体であるKhronos Group(ホームページはこちら)が策定する組み込み機器に向けた3次元(3D)グラフィックス用API。OpenGLは,コンピュータでグラフィックスを扱うための標準的なプログラム・ライブラリであり,OpenGL ESは組み込み機器での利用に向けたサブセットとなる。最近では,携帯電話機で数多く採用されている。またCellを搭載した次世代プレイステーションのグラフィックスAPIにも採用されることになった。

 OpenGL ES1.0が登場したのが2003年。OpenGL1.3のサブセットという位置づけである(図)。その後,2004年にはOpenGL 1.5のサブセットであるOpenGL ES1.1が公表された。2005年夏には,OpenGL2.0のサブセットであるOpenGL ES 2.0が登場する見込み。OpenGL ES 2.0では,プログラマブル・シェーダに初めて対応する。ポリゴンの頂点操作や画素生成の処理内容などをアプリケーションに応じてプログラミングできるようにしたハードウエアに向けた機能で,描画処理の効率を高めやすく表現能力が格段に上がる。

勢いに乗って影響範囲を広げるKhronos Group
図 勢いに乗って影響範囲を広げるKhronos Group
米Khronos Groupは2000年4月に10社が集まって立ち上げた組織である。携帯機器向けの3次元グラフィックス描画用API「OpenGL ES」の策定に力を入れてきた。3次元グラフィックス以外のAPIにも手を広げる。2004年7月に2次元ベクトル・グラフィックス描画用API「OpenVG」,および汎用マルチメディア処理に向けたAPI「OpenMAX」の策定作業を開始した。(2004年8月30日号より抜粋)

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング