メガソーラー 発電事業を成功に導く
 

日本発!エネルギー新産業

グローバルで勝つ3つのビジネス戦略

2013/10/24 12:23
印刷用ページ
 

新たなエネルギー産業11分野と71企業のビジネス戦略

経済産業省 資源エネルギー庁 エネルギービジネス戦略研究会(柏木孝夫、伊藤敏憲、大橋弘、冨山和彦、延岡健太郎) 著

A5判 196ページ

定価:本体2,400円+税
ISBN:978-4-8222-7364-4
発行元:日経BP社
発行日:2013/10/21

「家庭向けの蓄電池やHEMS(住宅エネルギー管理システム)の販売を開始」「大規模太陽光発電所の建設が相次ぐ」――。東日本大震災を きっかけにしたエネルギー供給不足や電力料金の値上がりによって、日本のエネルギーを取り巻く環境は大きく変わりました。電力供給を増やすために2012年からスタートした「再生可能エネルギー固定価格買取制度(FIT)」の導入によって、再生可能エ ネルギーの発電事業に参入する 個人や企業が急増しています。一方、CEMS(地域エネルギー管理システム)によって、街丸ごとでエネルギーの効率利用や省エネを進める実 証プロジェクトも相次いでいます。

本書は、こうした動きを「新たなエネルギー産業」と位置付け、「エネルギー 管理システム」「定置用燃料電池」「家庭・ビル・事業用蓄電池」「住宅用太 陽光発電」「住宅・建材」「電気自動車、プラグイン・ハイブリッド自動車」「燃料電池自動車」「系統用蓄電池」「風力発電」「地熱 発電」「非住宅用太 陽光発電(メガソーラーなど)」の11分野に分類。さらに、GE、シーメンス、GM、トヨタ自動車、東芝、三菱重工業などをはじめとする国内外の71の豊富な企業事例を基に、日本企業がグローバル市場で戦うための3つのビジネス戦略を提示しています。

日経エレクトロニクスセミナー
蓄エネ革命2015
電池からフライホイール、水素・圧縮空気貯蔵まで

蓄エネ技術を開発するメーカーは、今こそ勝負どきと考え、開発スピードを一気に高め始めました。本セミナーでは、Liイオン2次電池やNAS電池などの蓄電池に加えて、フライホイールや水素・圧縮空気貯蔵といった新たな蓄エネ技術の最新情報を紹介します。詳細は、こちら
日時:2015年9月30日(水)10:00~17:00(開場9:30予定) 
会場:JA共済ビル カンファレンスホール (東京・永田町)
主催:エレクトロニクス

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS
  • 記事ランキング

    メルマガ会員募集中:メガソーラービジネス