事故の事典II【書籍】

設計・生産部門必携--事故・不具合対策は事故に学べ

2012/11/29 16:45
印刷用ページ
 

書籍、CD-ROM同時発売!


日経ものづくり 編
A4変型判 322ページ

定価:本体45,714円+税
読者特価:本体36,190円+税
ISBN:978-4-8222-3149-1
発行元:日経BP社
発行日:2012/11/30

  • 読者特価 注文No.213221
    本体36,190円+税
    ※「日経ものづくり」読者の方は読者特価でご購入いただけます。
  • 定価 注文No.213220
    本体45,714円+税

◆福島第一原発事故、トヨタ自動車リコール問題などを収録
◆事故の詳細データを1枚のシートに集約
◆豊富な図表・グラフを使って詳説
◆各分野を代表する執筆陣が徹底解説

2009年に大きな反響をいただいた『事故の事典』から4年。待望の第二弾では、2009年以降に発生した最近の事例を中心に、43件の不具合・事故事例を収録しました。この4年の間にも実にさまざまな事故が発生しましたが、なかでも日本のみならず世界の製造業に大きな教訓を残したのが、「トヨタ自動車のリコール問題」と「福島第一原発事故」です。

メーカーの製造責任が、従来よりも拡大したことを教えてくれたのが前者であり、設計だけではなく、事故調査、企業、規制の在り方など、安全の重要性を根本的に社会全体に突きつけたのが後者です。今こそ、これらの事故を教訓に、日本の製造業として新たな一歩を踏み出さなければなりません。本書は、そのための必須の1冊です。

内容は「事故の事典」と同様、主に三つのパートから成ります。第1部は、「福島第一原発事故」。物理学者・技術評論家の桜井淳氏の寄稿を中心に、事故の真相に迫ると共に、この事故が残した教訓を5つの視点で解説します。

第2部は、事故の「データ編」。福島第一原発事故を除く42件の事故に関し、それぞれの「概要」「キーワード」「対策/教訓」を1枚のシートにまとめました。

各事故の詳細については、第3部の「分析編」に記しています。執筆陣は、事故の鑑定人をはじめ、自動車や電気など各分野を代表する専門家と、『日経ものづくり』誌の専門記者。事故に至った経緯から原因、対策までを技術的な視点からまとめています。

さらに、「効率・コスト優先」や「設計の不備」といった当該事故の本質に迫る「キーワード索引」や、事故を「対象」と「原因」でまとめた「事故早見表」などを付属し、使い勝手を高めました。

244ページ表1の差し替え版はこちら

書籍

  • 読者特価 注文No.213221
    本体36,190円+税
    ※「日経ものづくり」読者の方は読者特価でご購入いただけます。
  • 定価 注文No.213220
    本体45,714円+税

CD-ROMをお求めの方はこちら

まとめて買うと20%お得!書籍+CD-ROMセット

★事故の事典シリーズ お得なセットをご用意! 詳細はこちら

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS
【(重要)「日経ID」統合について】

日経BPパスポートは、2014年4月30日から、「日経ID」に統合いたしました。
詳細につきましてはこちらをご覧ください。

おすすめセミナー

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング