• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEセミナー/イベント/技術者塾 > 自動車や関連部品の設計に役立つ接合技術

  • 技術者塾
  • 保存

自動車や関連部品の設計に役立つ接合技術

溶接、ろう接、はんだ、接着を徹底解説

日程:2015年11月18日 会場:Learning Square新橋

主催:日経Automotive

自動車の構造部材や部品の組付には、ねじや接着、溶接、はんだなど多くの接合技術が用いられ、これらの技術は自動車や関連機器を最適設計する上でのキーテクノロジーの1つとなります。

特に最近は、従来のスポット溶接だけでなく、部材同士を線で接合するレーザ溶接、溶接だけでなく接着を併用する車体構造も増えています。また、鋼材だけでなくアルミニウム合金や樹脂など、異材同士を接合するニーズも増えています。材料のマルチマテリアル化が加速する中では、幅広い接合技術の得失を理解し、適切な技術を選択する必要があります。

本セミナーでは、自動車設計に役に立つ接合技術について、基礎から応用・課題まで網羅して解説します。

【受講効果】
  • あらゆる製品に必須となる種々の接合技術について、その基礎から応用までを総括し学べます。
  • 多くの自動車部品の事例をから、具体的な使用方法などに関してのノウハウが習得できます。
  • 機械設計者はもちろん電気・電子部品の設計者など、どの分野の技術者にとっても必須の技術であり、設計者の技術力向上につながります。

講師紹介

岡本 邦夫 氏 (おかもと くにお)

テクノサポートオーテス 代表 ワールドテック 講師

1973年デンソー(当時日本電装)に入社し、車載用セラミックス製品及び空気浄化フィルターの開発・設計、燃料電池関連システム&機器の開発などに従事。
2005年 デンソーテクノにて人材育成に従事。
2009年 テクノサポートオーテスを設立し、自動車メーカーや自動車関連企業の技術者を対象に技術教育を支援。主な分野は、「ねじ締め」、「トライボロジー」、「自動車用シール技術」、「樹脂・ゴム」、「接着剤」、「VE実践」など。
研究業績として、1995年自動車技術会発表(テーマ:車室内空気の清浄化技術)、1996年SAE国際会議発表(前記の関連テーマ)。
著書に自動車工学シリーズ「カーエアコン」共著。

概要

日時:2015年11月18日(水)10:00~17:00(開場09:30)予定
会場:Learning Square新橋 6F(東京・新橋)
主催:日経Automotive

受講料(税込み)

  • 一般価格54,000円
  • 読者価格43,200円
  • 一般価格
    一般価格には「日経Automotive購読(最新号1冊+1年12冊)」が含まれます。ご送本開始は開催後になります。
  • 読者価格
    「日経Automotive」「日経エレクトロニクス」「日経ものづくり」定期購読者(いずれも「日経テクノロジーオンライン有料会員セット」での購読を含む)および「日経テクノロジーオンライン有料年間購読」の方は、「読者価格」でお申し込みいただけます。
  • 日経エレクトロニクスPremium定期購読者は、Premium読者価格(一般価格の50%割引)で受講いただけます。
  • ※受講料には、昼食は含まれておりません。
  • ※一般価格に含む「日経Automotive購読」を登録させていただく方には、無料メルマガ「日経Automotive NEWS」を配信設定いたします。
  • ※満席になり次第、申込受付を締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。

プログラム詳細

10:00 - 17:00

【1】接合の概要

接合の分類、各種接合法の特徴、接合技術の比較。

【2】溶接技術の概要

電気エネルギー(アーク溶接・抵抗溶接)、機械エネルギー(摩擦・超音波など)、光エネルギー(レーザ・電子ビーム)、化学エネルギーによる溶接技術に関する基礎知識や応用例、溶接の留意点まで解説します。

【3】ろう接技術の概要

ろう接に関する基礎知識(ろう材の種類や特徴)や応用例、ろう接の留意点まで解説します。

【4】はんだ技術の概要

はんだに関する基礎知識と応用例、さらに特に信頼性の観点からの留意点を解説します。

【5】接着技術の概要

無機系、有機系の接着剤および機能性接着剤に関する基礎知識と応用例、さらにトラブル事例と留意点まで解説します。

  • ※途中、昼休憩と午後の小休憩が入ります。
  • ※講演時刻等、随時更新いたします。また、プログラムは変更になる場合があります。あらかじめご了承願います。
■受講料のお支払い:
お支払い方法が「請求書」の方には、後日、受講券・請求書をご郵送いたします。
ご入金は銀行振込でお願いいたします。なお、振込手数料はお客様のご負担となりますので、あらかじめご了承ください。
「クレジットカード支払」の方には、受講券のみをお送りいたします。
■お申し込み後のキャンセルおよび欠席など:
お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。代理の方が出席くださいますようお願いいたします。
会場までの交通費や宿泊費は、受講される方のご負担となります。講師等の急病、天災その他の不可抗力、その他やむを得ない事情により、中止する場合があります。この場合、受講料は返金いたします。
■最少開催人員:
15名。参加申込人数が最少開催人員に達しない場合は、開催を中止させていただくことがあります。

おすすめ

あなたにおすすめ