日経テクノロジーオンライン

品質造り込みの基本と実践

当たり前のことを、当たり前にできる現場をつくる

2014/05/30 22:08

お申し込み受付は終了しました

※当日受付を承ります。直接会場にお越しください。

国内市場の縮小や成長機会を求めた海外シフトで、日本の工場の現場力が低下してきています。それに伴い、日本の品質を支えてきた、当たり前のことが、当たり前にできるものづくりの力が失われつつあります。

一方で、日本の現場は、マザーファクトリーや海外の指導拠点としての役割が求められています。製造現場の力の低下は、そのまま海外拠点の競争力の低下を招きかねず、激しいグローバル競争の中での生き残りという視点では極めて大きな問題となります。

ものづくり塾では、このような社会的背景を踏まえ、ものづくりの基本でもある品質をどうやって作り込むべきなのか、品質管理の基本に立ち返り、その考え方を分かりやすく、実践的視点を踏まえて解説します。

概要

日時:2014年07月24日(木)10:00~17:00(開場09:30)予定
会場:Learning Square新橋 4F(東京・新橋)
主催:日経ものづくり

受講料(税込み)

  • 一般価格54,000円
  • 日経ものづくり読者価格43,200円
  • 一般価格には、「日経ものづくり購読(最新号1冊+1年12冊)」が含まれます。ご送本開始はセミナー開催後になります。
  • 日経ものづくり定期購読者は、「読者価格」でお申し込みいただけます。
  • ※受講料には、昼食は含まれておりません。
  • ※一般価格に含む「日経ものづくり購読」を登録させていただく方には、日経ものづくりNEWSを配信設定いたします。
  • ※満席になり次第、申込受付を締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。

講師紹介

古谷 賢一 氏 (ふるたに けんいち)

ジェムコ日本経営 コンサルティング事業部 本部長コンサルタント

大手鉄鋼メーカーで品質保証責任者や海外拠点のマネジメントなどを経験後、ジェムコ日本経営に入社。製造改善や経営改革を多く手掛ける。製造現場に密着したきめ細かい改善実践指導に定評があり、海外(タイ、マレーシア、フィリピンなど)での指導経験も多い。

プログラム詳細

10:00 - 17:00

はじめに いまなぜ、品質なのか

・日本のものづくり力が危ない
・品質は企業の命
・当たり前のことの重要さ

1. 品質の基礎

・品質作り込みの基本は、QC工程図
・だれもが確実に正しい作業を行うための作業標準書
・最後は、教育・訓練で現場へ確実に落とし込む

2. 品質改善の考え方

・品質を確保するための4M変化点管理
・生産条件変更について
・新製品での不良をなくす、ステップ移行管理と一気通貫管理
・不具合の根本原因をあぶりだす、なぜなぜ分析のポイント
・不具合対策(不具合対策書に記載すべき事項)

3. 品質を確保するための現場づくり

・5Sはものづくりのベース
・QCDSの確保には、先ず現場の5Sから

  • ※途中、昼休憩と午後の小休憩が入ります。
  • ※講演時刻等、随時更新いたします。また、プログラムは変更になる場合があります。あらかじめご了承願います。

お申し込み受付は終了しました

※当日受付を承ります。直接会場にお越しください。

■受講料のお支払い:
お支払い方法が「請求書」の方には、後日、受講券・請求書をご郵送いたします。
ご入金は銀行振込でお願いいたします。なお、振込手数料はお客様のご負担となりますので、あらかじめご了承ください。
「クレジットカード支払」の方には、受講券のみをお送りいたします。
■お申し込み後のキャンセルおよび欠席:
お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。代理の方が出席くださいますようお願いいたします。
■最少開催人員:
15名。参加申込人数が最少開催人員に達しない場合は、開催を中止させていただくことがあります。