セミナー/イベント
ものづくり塾

経営を担うための基本と実践

グローバルで活躍するための実践的経営管理を身につける

印刷用ページ
 

お申し込み受付は終了しました

※当日受付を承ります。直接会場にお越しください。

・なぜ、在庫は少ないほどいいのか、
・回転率を上げなければならないのは、なぜか、
・5Sが資金や利益に結びつくのは、なぜか、
これらに明確に答えられるでしょうか。

実は、ものづくり現場の改善改革と経営の基本であるキャッシュフローとの結びつきについて、現役の経営幹部でも正しく理解できていないケースは珍しくありません。海外進出や海外移転が加速する中で、海外拠点の経営に急遽携わるケースも増えています。経営を担うためには、これらの経営の基本への理解が必須です。

本講座は、ものづくりに携わる海外出向者や経営幹部、また次代の幹部候補、大手メーカーの海外経営責任者に向けたものです。日経ものづくり書籍「グローバルで活躍するあなたのための ものづくり経営入門」の著者であり、コンサルタントとして多くの経営再建や現場の改善改革支援をグローバルで行ってきた講師が、同書から実践的なエッセンスを抽出し、わかっているようで知らない経営の基礎と、それを実際の現場でどう実践すればよいかを伝授します。

いまさら聞けない経営の基礎はもちろん、巷の財務分析や経営管理の解説書には書かれていない、ものづくり現場と経営数字との関係、キャッシュフロー経営の意味、経営計画の立て方、日常管理すべき事項、海外拠点運営の心得とポイントなど、事業を存続・発展させるための考え方と実践方法が学べる講座です。

概要

日時:2014年06月24日(火)10:00~17:00(開場09:30)予定
会場:Learning Square新橋 4F(東京・新橋)
主催:日経ものづくり

受講料(税込み)

  • 一般価格54,000円
  • 日経ものづくり読者価格43,200円

『ものづくり経営入門』

※書籍「ものづくり経営入門」と、あわせてお申し込みいただけます。

  • 一般価格+書籍58,900円
  • 読者価格+書籍48,100円
  • 一般価格には、「日経ものづくり購読(最新号1冊+1年12冊)」が含まれます。ご送本開始はセミナー開催後になります。
  • 日経ものづくり定期購読者は、「読者価格」でお申し込みいただけます。
  • ※受講料には、昼食は含まれておりません。
  • ※一般価格に含む「日経ものづくり購読」を登録させていただく方には、日経ものづくりNEWSを配信設定いたします。
  • ※満席になり次第、申込受付を締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。

講師紹介

高橋 功吉 氏 (たかはし こうきち)

ジェムコ日本経営 取締役 グローバル事業担当

大手家電メーカーにて、海外経営責任者等の要職を歴任後、ジェムコ日本経営に入社。2011年より現在に至る。上場企業経営トップおよびボードメンバーへの顧問型経営支援をはじめ、グローバル戦略の構築から、製造現場の現場力向上、品質革新など、経営全般にわたり幅広く活躍。実践に裏打ちされた「わかりやすい」コンサルティングが身上。
主な資格は、ICMCI(国際公認経営コンサルティング協議会)認定コンサルタント、全日本能率連盟認定マネジメント・コンサルタント、中小企業診断士。

プログラム詳細

10:00 - 17:00

はじめに

意外と知らない現場と経営数値の関係

経営するとは、どういうことか

・事業を存続発展させるには
・「お金のサイクル」とは何か

どうすれば、お金を生み出せる?
(キャッシュフロー経営について)

・お金を増やすには
・B/Sへの理解の重要性 …資産は調達したお金をものに換えた姿、お金が寝ているとはどういうこと?
・キャッシュフロー計算書について

5Sによる、キャッシュフロー経営の実践

・B/Sの圧縮は、なぜ重要か
・5Sはキャッシュフロー経営の基本 …資産圧縮と資産の健全化は、5S実践が基本
・5Sの実践方法
・不要品の処置と不要品を発生させない取り組み

在庫は、仕事の質のバロメータ

・なぜ、在庫が増えるのか
・在庫削減こそ、経営体質向上の最大の取り組み

利益について

・売上変動による利益変動 …売上が1千万下がれば、利益はいくら減る?
・経営管理における変動損益計算書の重要性
・変動損益計算書の作り方
・利益向上のための管理ポイント
・経営ロスコストの削減
・キャッシュフローを無視した、利益上積み策

年度計画と日常の経営管理

・年度計画策定のフローと計画の落とし込み
・資金繰り、売掛債権管理、棚卸資産管理
・先手の経営管理 …結果の決算では遅い(会社が潰れてからの反省会は意味がない)

まとめ

・経営を進める上でチェックすべき事項
・海外出向時の留意点

  • ※途中、昼休憩と午後の小休憩が入ります。
  • ※講演時刻等、随時更新いたします。また、プログラムは変更になる場合があります。あらかじめご了承願います。

お申し込み受付は終了しました

※当日受付を承ります。直接会場にお越しください。

■受講料のお支払い:
お支払い方法が「請求書」の方には、後日、受講券・請求書をご郵送いたします。
ご入金は銀行振込でお願いいたします。なお、振込手数料はお客様のご負担となりますので、あらかじめご了承ください。
「クレジットカード支払」の方には、受講券のみをお送りいたします。
■お申し込み後のキャンセルおよび欠席:
お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。代理の方が出席くださいますようお願いいたします。
■最少開催人員:
15名。参加申込人数が最少開催人員に達しない場合は、開催を中止させていただくことがあります。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

セミナー/イベント検索

名称から探す

検索

開催日から探す

日以降(1カ月間)

検索

お薦めセミナー/イベント

【(重要)「日経ID」統合について】

日経BPパスポートは、2014年4月30日から、「日経ID」に統合いたしました。
詳細につきましてはこちらをご覧ください。
技術者塾

セミナー/イベント・カレンダー