セミナー/イベント
日経エレクトロニクスセミナー

ミリ波応用カンファレンス

無線LANから、データセンター、セキュリティー検査、自動車まで

印刷用ページ
 

お申し込み受付は終了しました

※当日受付を承ります。直接会場にお越しください。

2014年、ミリ波の利用が本格的に離陸する。最大のトピックは、60GHz帯を使った無線LANの規格、IEEE802.11adの相互接続認証の開始である。まずは、パソコンから搭載が始まるが、2015年にはスマートフォンへ搭載されることになる。

ミリ波の応用は無線LANにとどまらない。79GHz帯を使った自動車向けミリ波レーダーの搭載が、早ければ2015年にも始まる。この他、ミリ波をデータセンター内に使う提案や、自動車内通信、ボディースキャナー、さらには移動通信に使う動きも顕在化してきている。

こうした動きを後押ししているのが、半導体製造ルールの微細化だ。CMOSでミリ波が扱えるようになってきたため、低価格のデバイスで大量にミリ波通信機が製造できるようになった。本カンファレンスでは、活用が本格化してきたミリ波技術の使い道や使い方を開発者が披露する。

概要

日時:2014年04月23日(水)10:00~17:00(開場09:30)予定
会場:JA共済ビル カンファレンスホール(東京・永田町)
主催:日経エレクトロニクス

受講料(税込み)

  • 一般価格54,000円
  • 日経エレクトロニクス(NE)読者価格43,200円
  • 一般価格には「日経エレクトロニクス購読(最新号1冊+1年26冊)」が含まれます。 ご送本開始は開催後になります。
  • 日経エレクトロニクス定期購読者は、NE読者価格でお申し込みいただけます。
  • 日経エレクトロニクスPremium定期購読者は、Premium読者価格(一般価格の50%割引)で受講いただけます。
  • ※受講料には、昼食は含まれておりません。
  • ※一般価格に含む「日経エレクトロニクス購読」を登録させていただく方には、NEニュースを配信設定いたします。
  • ※満席になり次第、申込受付を締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。

プログラム詳細

10:00 - 10:15

ミリ波への期待と課題

日経エレクトロニクス
副編集長

中道 理

無線LANにミリ波レーダー、ボディースキャナー、移動通信と、ミリ波を活用しようとする動きが、ここにきて一気に吹き出した。なぜ今、ミリ波に注目が集まるのか。ミリ波の特性や今後の展望などを挨拶に代えて示す。

10:15 - 10:55

IEEE802.11ad/WiGigの概要と対応アンテナの開発

村田製作所
技術・事業開発本部 デバイス開発センター R-PJT-5 チームリーダー

中嶋 政幸 氏

無線LANの新規格IEEE802.11ad/WiGigは、60GHz帯という従来の無線LANでは想像もできないような高い周波数帯を利用する。そのため、RF ICと一体化したアンテナ設計、アレイアンテナによるビームフォーミング、筐体による減衰の考慮など、これまでにない工夫が必要である。11adおよびWiGigの概要、対応アンテナに求められる要求、今後の課題などを紹介する。

10:55 - 11:35

ミリ波(60GHz帯)利用方法のイノベーション -非接触高速伝送技術-

NTT
未来ねっと研究所 第一推進プロジェクト 非接触高速コンテンツDP ディレクタ

清水 雅史 氏

準ミリ波を含む高周波利用は、広大な帯域を有するため、常に高速無線通信への利用が試みられてきた。しかし、この周波数帯は距離当たりの減衰が大きく、光学的な伝播特性を有することから、回折が全く期待できない。そのため、大出力でハイゲインのアンテナを使った固定通信に利用される試みが多かった。無線LANの慢性的な干渉を回避するために、IEEE802.11adの議論が2000年代に始まってからは、アレイアンテナを用いた「Point to Multi Point」という利用方法が検討され出した。しかし、伝播特性は変えようがないため、ここに来てスムーズなサービスインがなされているとは言えない。本講演では、ミリ波の新たな利用方法として、ごく近傍(1cm以下)の通信に限定することにより、ミリ波の伝播特性を長所として用いることを提案する。さらに、今後のビジネス化に向けた課題と標準化に対する戦略も述べる。

11:35 - 12:20

近接無線技術の高速化

東芝
セミコンダクター&ストレージ社 技術マーケティング部 参事

利光 清 氏

機器同士を近づけて通信を行う近接無線は、NFCに代表されるように、その使い勝手の良さから様々なシーンで使われるようになりつつある。近接無線の高速化が進めば、機器間の大容量データ転送だけでなく、KIOSK端末を用いた大容量コンテンツ配信が可能になるため、新たな無線サービスが実現できると考えられる。本講演では、近接無線のユースケース、ならびにギガビット伝送を可能とするミリ波近接無線技術を解説する。

昼休憩(12:20 - 13:20)

13:20 - 14:00

Wireless HD搭載プロジェクターにみるミリ波無線機搭載機開発の実際

セイコーエプソン
ビジュアルプロダクツ事業部 VI企画設計部 エキスパート

橋本 浩幸 氏

セイコーエプソンでは、2011年秋に発売したプロジェクターの一部機種から、60GHz帯を使った無線映像伝送仕様「Wireless HD」対応とし、配線工事などが不要となって、設置の自由度などのメリットをユーザーに提供できた。一方で、60GHz帯の無線技術をプロジェクターに搭載するには、従来の無線LANにはない苦労があった。本講演では、このプロジェクター開発にあたり、60GHzの無線機搭載で直面した課題と、その解決策などを解説する。

14:00 - 14:40

自動車のハーネスを無線化する「電波ホース」

東北大学
電気通信研究所 教授

加藤 修三 氏

信頼性を考慮すれば、車載LANで無線通信はあり得ない。そんな常識を覆す技術が「電波ホース」である。金属被膜した中空の管(ホース)の両端に60GHz帯を使う無線機を取り付けるというもので、有線ケーブルよりも高信頼で軽量の通信システムを実現できる。本方式の原理と特徴、最新の研究成果を披露する。

14:40 - 15:20

ヒトを分離検知可能な79GHzを使ったミリ波レーダー

パナソニック
R&D本部 デバイスソリューションセンター 高周波デバイスグループ 主幹技師

中川 洋一 氏

“ぶつからないクルマ”の実現に向け、ミリ波レーダーに注目が集まっている。パナソニックは、広帯域の周波数が利用可能になる見込みの79GHz帯を使った、ヒトを分離検知可能な次世代レーダー技術を開発した。まずは、交差点の路側センサーとしての活用を狙ったものだ。本講演では、総務省委託研究「79GHz帯レーダシステムの高度化に関する研究開発」を通じて、パナソニックが開発したレーダー技術の特徴について紹介する。

休憩(15:20 - 15:35)

15:35 - 16:05

車載用76G/79GHzミリ波レーダー技術

富士通研究所
先端ワイヤレス研究部 主管研究員

大橋 洋二 氏

車周辺の障害物を検知して、アクセルやブレーキを制御するミリ波レーダーなどを搭載したシステムは、これまで一部の高級車のものであったが、今や幅広いレンジの車に搭載される時代になってきている。特にミリ波レーダーは、急速に低価格化が進んでおり、画像認識システムやレーザーレーダーなどと合わせて、今後急速に普及が進んでいくと考えられる。本講演では、車載ミリ波レーダー技術の特徴やトレンドなどについて紹介する。

16:05 - 16:45

5G無線アクセスにおける“ミリ波”の活用

NTTドコモ
無線アクセス開発部 無線アクセス方式担当 主査

ベンジャブール アナス 氏

今後10年で1000倍とも予測される移動通信のトラフィック増大を背景として、昨今、2020年以降の情報通信社会の実現に向けた「5G」の議論が世界的に立ち上がりつつある。本講演では、NTTドコモが考える「5G」の技術コンセプトと、10GHzを超えるような高い周波数帯である“ミリ波”活用の可能性について述べる。

  • ※講演時刻等、随時更新いたします。また、プログラムは変更になる場合があります。あらかじめご了承願います。

お申し込み受付は終了しました

※当日受付を承ります。直接会場にお越しください。

■受講料のお支払い:
お支払い方法が「請求書」の方には、後日、受講券・請求書をご郵送いたします。
ご入金は銀行振込でお願いいたします。なお、振込手数料はお客様のご負担となりますので、あらかじめご了承ください。
「クレジットカード支払」の方には、受講券のみをお送りいたします。
■お申し込み後のキャンセルおよび欠席:
お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。代理の方が出席くださいますようお願いいたします。
■最少開催人員:
20名。参加申込人数が最少開催人員に達しない場合は、開催を中止させていただくことがあります。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

セミナー/イベント検索

名称から探す

検索

開催日から探す

日以降(1カ月間)

検索

お薦めセミナー/イベント

【(重要)「日経ID」統合について】

日経BPパスポートは、2014年4月30日から、「日経ID」に統合いたしました。
詳細につきましてはこちらをご覧ください。
技術者塾

セミナー/イベント・カレンダー