セミナー/イベント
ATアカデミー

VEと原価管理

競争力ある製品開発に有効なVE理解と活用

印刷用ページ
 

お申し込み受付は終了しました

※当日受付を承ります。直接会場にお越しください。

経営環境が目まぐるしく変化する今日、企業経営には絶えざる革新が求められている。単に安いものをたくさん作る努力だけでは、多様化し、高度化した顧客の要求を満たすことはできない。手本のない新たな時代に企業が生き残るためには現状改善型の努力ではなく、「現状を打破する革新」が必要である。

顧客に対して提供する付加価値を向上させるための分析手法、VE (Value Engineering:価値工学)は、こうした社会・企業ニーズを実現するために、非常に有効な手法といえる。製品やサービスの「価値 (Value, V)」を、それが果たすべき「機能 (Function, F)」とそのためにかける「コスト (Cost, C)」との関係で把握し、その価値を高める。

ATアカデミーでは、デンソーで技術者教育に関わった講師を招き、VEと原価管理の基礎知識、実践力を学ぶ。まず、目標原価を作り込む原価管理、原価計算の基本を理解し、その上で、原価計算の進め方、原価低減の進め方を解説する。続いて、自動車部品での実例なども含めて、競争力 (品質・コスト)のある製品開発に有効な「VE手法」の基礎知識を学ぶ。さらに、具体的に身近な製品を題材に、手順にそってVE手法を体験することにより、自職場で役立つ実践力を習得する。

概要

日時:2014年03月24日(月)10:00~17:00(開場09:30)予定
会場:Learning Square新橋 4F(東京・新橋)
主催:日経Automotive Technology

受講料(税込み)

  • 一般価格52,500円
  • 日経Automotive Technology読者価格42,000円
  • 一般価格には、「日経Automotive Technology購読(最新号1冊+1年6冊)」が含まれます。ご送本開始は開催後になります。
  • 日経Automotive Technology定期購読者は、読者価格でお申し込みいただけます。
  • ※受講料には、昼食は含まれておりません。
  • ※一般価格に含む「日経Automotive Technology購読」を登録させていただく方には、ニュース配信を設定いたします。
  • ※満席になり次第、申込受付を締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。

講師紹介

岡本 邦夫 氏 (おかもと くにお)

テクノサポートオーテス 代表

1973年に日本電装(現 デンソー)入社、車載用セラミックス製品や空気浄化フィルタの開発・設計、燃料電池関連システム・機器の開発などに従事。2005年、デンソーテクノにて人材育成に従事。
2009年にテクノサポートオーテス設立、自動車メーカーや自動車関連企業の技術者を対象に技術教育を支援。主な分野は、ねじ締め、トライボロジー、自動車用シール技術、自動車用燃料、接着剤、VE実践など。
研究業績は1995年 自動車技術会発表(車室内空気の清浄化技術)、1996年 SAE国際会議発表。著書に、自動車工学シリーズ「カーエアコン」(共著、山海堂)

プログラム詳細

10:00 - 17:00

1. VE活動の背景

VE活動の意味と有効性を理解する。
(1) VEの由来
(2) VEの必要性
(3) VEとVAの関係
(4) VAより、VE重視の理由

2. 原価管理の活動

原価活動は、開発から生産開始までの段階において、関係部署が協力し合う組織的活動。目標原価を作り込む活動を理解する。
(1) 製造業の製品化への各部門の役割
(2) 原価企画活動とは

3. 原価計算の進め方

原価の意味を理解し、原価低減手法の代表的な手法を提供する。
(1) 原価とは何か
(2) 企業活動と原価
(3) 原価計算の進め方
(4) 原価低減の進め方

4. VE手法の進め方

競争力 (品質・コスト)のある製品開発に有効な「VE手法」の基礎知識を学んだ上で、具体的に身近な製品を題材に、手順にそってVE手法を体験することにより、自職場で役立つ実践力を習得する。
(1) VE手法の基礎
(2) VEの実施手順
(3) 事例演習

5. VE活動の事例

(1) 自動車関連の事例
(2) 身近な製品での事例

  • ※途中、昼休憩と午後の小休憩が入ります。
  • ※講演時刻等、随時更新いたします。また、プログラムは変更になる場合があります。あらかじめご了承願います。

お申し込み受付は終了しました

※当日受付を承ります。直接会場にお越しください。

■受講料のお支払い:
お支払い方法が「請求書」の方には、後日、受講券・請求書をご郵送いたします。
ご入金は銀行振込でお願いいたします。なお、振込手数料はお客様のご負担となりますので、あらかじめご了承ください。
「クレジットカード支払」の方には、受講券のみをお送りいたします。
■お申し込み後のキャンセルおよび欠席:
お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。代理の方が出席くださいますようお願いいたします。
■最少開催人員:
15名。参加申込人数が最少開催人員に達しない場合は、開催を中止させていただくことがあります。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

セミナー/イベント検索

名称から探す

検索

開催日から探す

日以降(1カ月間)

検索

お薦めセミナー/イベント

【(重要)「日経ID」統合について】

日経BPパスポートは、2014年4月30日から、「日経ID」に統合いたしました。
詳細につきましてはこちらをご覧ください。
技術者塾

セミナー/イベント・カレンダー