セミナー/イベント
ものづくり塾

インド自動車産業の発展のゆくえと日本メーカー成功の条件

~新巨大市場を攻略~

印刷用ページ
 

お申し込み受付は終了しました

※当日受付を承ります。直接会場にお越しください。

自動車の販売台数の伸び率が年15%を超す、驚異的成長のインド。日本メーカーにとって、極めて大きなビジネスチャンスが到来している。

インドは2006年に新自動車政策「Automotive Mission Plan (AMP)」を立案。2016年までに世界第7位の自動車生産国になるという目標を立てたが、それを6年前倒しで達成した。次の目標は、2020年に世界第3位になることだ。

そのインドで、販売価格がわずか10万ルピー (現在の為替レートで約16万6000円)のクルマ「Nano」が登場した。インド最大の自動車メーカーTata Motors社が、2009年7月に発売した超低価格車だ。他の自動車メーカーは一様に不可能だと考えたが、Tata Motors社は商品化を実現した。なぜ、インド企業にそれができたのだろうか。

インド市場で成功を収めるために、日本メーカーはインドの自動車産業に対する見方を変えなければならない。インド市場を正しく把握し、地場企業であるTata Motors社の開発を分析して、日本メーカーがどのような展開をすべきか考える必要がある。

元ホンダエンジニアリング取締役を務めた講師が、一般的な報告書には書かれないインドの「自動車産業の実態」について、自動車のプロの視点から長年の調査を経て得た、ビジネスチャンスに生かせる知見や分析を解説する。2014年2月開催のインドオートエキスポの視察から得られた、各自動車会社のインド戦略など、最新情報も盛り込む予定です。

概要

日時:2014年04月18日(金)10:00~17:00(開場09:30)予定
会場:Learning Square新橋 4F(東京・新橋)
主催:日経ものづくり

受講料(税込み)

  • 一般価格54,000円
  • 日経ものづくり読者価格43,200円
  • 一般価格には、「日経ものづくり購読(最新号1冊+1年12冊)」が含まれます。ご送本開始はセミナー開催後になります。
  • 日経ものづくり定期購読者は、「読者価格」でお申し込みいただけます。
  • ※受講料には、昼食は含まれておりません。
  • ※一般価格に含む「日経ものづくり購読」を登録させていただく方には、日経ものづくりNEWSを配信設定いたします。
  • ※満席になり次第、申込受付を締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。

講師紹介

伊藤 洋 氏 (いとう ひろし)

東京大学 大学院経済学研究科 ものづくり経営研究センター 特任研究員
(米沢市産業アドバイザー、元ホンダエンジニアリング 取締役)

伊藤 洋 氏

1965年、山形大学 工学部精密工学科卒業、本田技研工業入社。プレス技術、車体生産技術開発に従事。1974年から、生産技術部門として独立したホンダエンジニアリングへ異動。CVCCエンジン、イギリスRover社への生産技術業務を行う。1986年に取締役、車体研究開発、品質管理を担当。2001年に退職、インド、パキスタン、タイへ技術支援活動を展開。2004年から現職。
著書に、「ものづくり経営学」(光文社、共著)、「When Rover met Honda」(CSY Publishing、共著)、「インドの自動車産業」(週刊エコノミスト) 、「インド成長ビジネス地図 第5章」(日本経済新聞社)。「日経ものづくり」(日経BP社) 2012年1~4月号で「インドを知る タタ流ものづくり」を連載。

プログラム詳細

10:00 - 12:00

1. インドの自動車社会の実態

人口12億人という巨大な国を、各自動車メーカーは放っておくことはない。しかし、日本の9倍もある面積、28州と6直轄領、1連邦首都圏からなる国は、1つの国とみるにはあまりにも環境が異なることを理解しなければならない。自動車産業の発展の経緯、モーターショー「India Auto Expo」に見る変化から、インドの自動車社会の実態を解説する。車づくりに関しても、レゴ方式やモジュールによる生産を新興国市場に投入していく方向も解説する。

13:00 - 15:00

2. 地場企業Tata Motors社の自動車開発

自動車産業におけるインドと中国の違いは、インドには地場企業が確たる地位を占めていることである。そのナンバーワンであるTata Motors社の歴史と哲学から、地場に根ざした自動車開発の動向を紐解く。また、Nanoの開発を分析し、インド的発想や、インド自動車産業への参入ヒントを学ぶ。

15:00 - 17:00

3. インドへの参入で日本メーカーが考慮すべきテーマ

インドへは、欧、米、韓の自動車メーカーや、部品メーカーは中国、東南アジア、欧米からも参入している。日本製の品質は最高で壊れない、だからコストは多少高くてもよいという、今までの日本的発想のものづくりは通用しない。上記1と2で解説したテーマから、成功を収めるために日本メーカーが採るべき、今後の展開を考える。労働問題も考慮すべき課題である。インドへ進出するにあたって、企業が抱えている不安とその対応へのヒントを解説する。

  • ※途中、昼休憩と午後の小休憩が入ります。
  • ※講演時刻等、随時更新いたします。また、プログラムは変更になる場合があります。あらかじめご了承願います。

お申し込み受付は終了しました

※当日受付を承ります。直接会場にお越しください。

■受講料のお支払い:
お支払い方法が「請求書」の方には、後日、受講券・請求書をご郵送いたします。
ご入金は銀行振込でお願いいたします。なお、振込手数料はお客様のご負担となりますので、あらかじめご了承ください。
「クレジットカード支払」の方には、受講券のみをお送りいたします。
■お申し込み後のキャンセルおよび欠席:
お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。代理の方が出席くださいますようお願いいたします。
■最少開催人員:
15名。参加申込人数が最少開催人員に達しない場合は、開催を中止させていただくことがあります。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

セミナー/イベント検索

名称から探す

検索

開催日から探す

日以降(1カ月間)

検索

お薦めセミナー/イベント

【(重要)「日経ID」統合について】

日経BPパスポートは、2014年4月30日から、「日経ID」に統合いたしました。
詳細につきましてはこちらをご覧ください。
技術者塾 【アンケート】技術者塾講座ガイドブック2015 Autumn版進呈

セミナー/イベント・カレンダー