セミナー/イベント
ものづくり塾

工場“最強化”の全ノウハウ

日本のマザー工場を強化し、海外工場の収益を拡大 ~ROAを劇的に高める次の一手を見える化する「8Mイノベーション」

印刷用ページ
 

お申し込み受付は終了しました

※当日受付を承ります。直接会場にお越しください。

「海外でつくり、グローバルに売る時代」といわれて、かなりの時間がたちます。日本のものづくり企業に求められる対応は、「国内マザープラントのものづくり経営体質を強化し、その技術・ノウハウを水平展開して、海外工場の収益を拡大」することに尽きます。ところが、これが難しい。多くの企業で、いまだに試行錯誤を続けているのが現状です。

講師を務める元・いすゞ自動車専務の佐々木久臣氏がポーランドで立ち上げたいすゞポーランドは、「生産開始後10万台まで客先不良ゼロ」を実現したほか、「日経優秀先端事業所賞」や「カンパニー・オブ・ザイヤー」「サプライヤー・オブ・ザイヤー」を受賞し、ポーランドの「大学生が就職したい製造業NO.1」にも選ばれるなど、圧倒的な実績を上げました。佐々木氏は、欧州以外でも米国や中国、ASEAN加盟国、南アフリカ、トルコなどで、経営者/指導者として実際の工場運営を携わっています。その経験から、マザー工場を強化し、海外工場での収益拡大を図る手法を体系化し、「8M (はちエム)イノベーション」としてまとめ上げました。

その基本的な流れは、(1) 国内マザー工場で、完璧な製造品質と生産リードタイムを短縮するものづくり経営を実現、(2) 生産プロセスをグローバルスタンダードの視点から見直す、(3) その生産プロセスを、海外工場において実現(現地の経営幹部や従業員、およびサプライヤーの戦力化が必須)、となります。

8Mイノベーションは、こうした基本的な流れを実現するために、ものづくり経営の基本要素である Man、Machine、Material、Method、Market、Money、Management、Modelling (R&D)の各分野について、「設定すべき数値目標は何か」「数値目標のレベルはどれくらいが適切か」「数値目標を達成するには何をやればよいか」など、具体的になすべきことを提示します。例えば、現地従業員のチームワークを高め、常に改善活動可能な状態をつくりだす方法や、サプライヤーの納品不良率を引き下げ、納期順守率を引き上げる方法などです。

生産技術、製造技術、品質管理などの技術者はもちろん、人事や購買担当者、さらには生産のグローバル化に挑む経営者にもすぐに役立つ内容です。

なお、この内容は、2012年2月13日開催「新興国に最強工場をつくる」を発展させたものです。佐々木氏は、8Mイノベーションの内容や実施法を日本語と英語でまとめた「工場“最強化”のためのノウハウ大全 ~利益を最大にする「8Mイノベーション」(日経BP社)を、2013年12月に上梓しています。

概要

日時:2014年01月27日(月)10:00~16:30(開場09:30)予定
会場:アーバンネット神田カンファレンス 3F(東京・神田)
主催:日経ものづくり

受講料(税込み)

  • 一般価格48,000円
  • 日経ものづくり読者価格39,000円

工場“最強化”のためのノウハウ大全

★本セミナーの実践的参考書として最適な書籍「工場“最強化”のためのノウハウ大全」と、あわせてお申し込みいただけます。
(書籍は、当日受付にてお渡しします。)

  • セミナー一般価格+書籍90,000円
  • セミナー読者価格+書籍81,000円
  • 一般価格には、「日経ものづくり購読(最新号1冊+1年12冊)」が含まれます。ご送本開始はセミナー開催後になります。
  • 日経ものづくり定期購読者は、「読者価格」でお申し込みいただけます。
  • ※受講料には、昼食は含まれておりません。
  • ※一般価格に含む「日経ものづくり購読」を登録させていただく方には、日経ものづくりNEWSを配信設定いたします。
  • ※満席になり次第、申込受付を締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。

講師紹介

佐々木 久臣 氏 (ささき ひさおみ)

東京大学 特任研究員
アリックスパートナーズ・アジア シニアアドバイザー  

1965年、東北大学工学部卒業、いすゞ自動車入社。生産技術室係長、RV車を製造する英IBC社社長、海外事業室長などを経て、1997年にポーランドIsuzu Motors Polska社 社長。2001年、いすゞ自動車 専務取締役(生産部門統括)。現在は、東京大学大学院経済学研究科 特任研究員、アリックスパートナーズ・アジアのシニア・アドバイザーを務める。
近著に「新興国に最強工場をつくる」(日経BP社)、「工場“最強化”のためのノウハウ大全」(日経BP社)。

プログラム詳細

10:00 - 11:45

[1] グローバル競争に勝ち抜く、新たな「ものづくり」

・第二次大戦後の日本のものづくりの発展を概観し、ものづくりの基礎概念を復習。日本の特殊性に立脚している点が、海外展開時の弱点であることを確認します。国内生産は、労使協調を当然と考える従業員と、協力的で信頼できるサプライヤーに支えられていますが、日本以外ではそうはいきません。
・グローバル化の進展(ドメイン転換)によって、進化が求められる経営管理技術の概要を解説します。

[2] グローバルに通用する経営管理手法

・海外では、経営から独立した従業員と、契約に基づき行動するサプライヤーを前提とした経営を行わなければなりません。
・新興国であれば、保全体制の確立も重要です。
・戦力化のための「ノーストライキ協定」「チームワークの定義」「ジョブ・ディスクリプションの廃止」「保全体制確立のためのSTU管理」「購入部品品質監査員制度」「目標価格ティアダウン」などを解説します。

[3] 海外ものづくりのケーススタディー

・英国・ポーランド・タイ、韓国現代自動車の実例をもとに、海外工場で日本並みの品質を高い生産性で実現するヒントを紹介します。

12:45 - 14:25

[4] 経営力を見える化する「8Mイノベーション」

・「8Mイノベーション」の全体像を解説します。
・「8Mイノベーション」は、1. 従業員および労使関係(Man)、2. 生産設備と工場運営(Machine)、3. 購買(Material)、4. 管理技術(Method)、5. 顧客満足(Market)、6. 利益管理(Money)、7. 経営管理(Management)、8. 開発・設計(Modelling)という8項目で構成されており、それぞれに割りつけられた4つの組織能力、合計32の組織能力で経営力を評価します。
・8Mイノベーションにおける32の組織能力について、具体的な評価基準や評価の考え方を明らかにします。

[5] 経営力の測定方法と収益性改善への応用

・32の組織能力の合計点と企業の収益性は、高い相関があることが確認されているため、収益性を改善するための活動分野と対策を特定することができます。
・X社における経営改善に「8Mイノベーション」がどのように用いられ、改善につながったかの実例を紹介します。           

14:45 - 16:30

[6] 8Mイノベーション実践のための勘所

・国内でも海外でも、苦戦している企業は、「直行率」と「生産リードタイム」に弱点を抱えていることが多いといえます。
・「品質第一、生産性第二」が収益性改善の王道であり、かつ近道であることを説明します。
・この王道を早期に実現できるのが、「8Mイノベーション」なのです。 

[7] Q&A

 

  • ※途中、昼休憩と午後の小休憩が入ります。
  • ※講演時刻等、随時更新いたします。また、プログラムは変更になる場合があります。あらかじめご了承願います。

お申し込み受付は終了しました

※当日受付を承ります。直接会場にお越しください。

■受講料のお支払い:
お支払い方法が「請求書」の方には、後日、受講券・請求書をご郵送いたします。
ご入金は銀行振込でお願いいたします。なお、振込手数料はお客様のご負担となりますので、あらかじめご了承ください。
「クレジットカード支払」の方には、受講券のみをお送りいたします。
■お申し込み後のキャンセルおよび欠席:
お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。代理の方が出席くださいますようお願いいたします。
■最少開催人員:
15名。参加申込人数が最少開催人員に達しない場合は、開催を中止させていただくことがあります。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

セミナー/イベント検索

名称から探す

検索

開催日から探す

日以降(1カ月間)

検索

お薦めセミナー/イベント

【(重要)「日経ID」統合について】

日経BPパスポートは、2014年4月30日から、「日経ID」に統合いたしました。
詳細につきましてはこちらをご覧ください。
技術者塾 【アンケート】技術者塾講座ガイドブック2015 Autumn版進呈

セミナー/イベント・カレンダー