セミナー/イベント
ATアカデミー

自動車の情報セキュリティ最前線         ~基礎から応用まで~

ECU・車載LAN・車外ネットワークの脅威と対策

印刷用ページ
 

お申し込み受付は終了しました

※当日受付を承ります。直接会場にお越しください。

クルマの電子化・電動化が進む中、必須になるのが情報セキュリティへの対策だ。

いま日米欧で、車載ソフトのセキュリティを高める取り組みが始まっている。ソフトウエアそのものの堅牢性を把握する、ハードウエアのセキュリティ支援機構に頼る、などが議論されている。セキュリティ対策は、専門家に任せて終わる作業ではない。電子化と電動化に関わる、すべての自動車技術者が考える必要がある。対策がないECUやCANなどは、簡単に攻撃されてしまうからだ。 

ATアカデミーでは、クルマの電子制御機器や電装品の開発者を対象に、そのセキュリティ対策の最前線の動向、および具体的な指針を1日かけて学ぶ。

具体的には自動車の情報セキュリティに関する最新動向をトヨタIT開発センターと情報処理推進機構(IPA)が解説した後、ECU、車載LAN、車外ネットワークの観点から専門家が脅威と対策を紹介する。

概要

日時:2013年12月09日(月)10:00~17:00(開場09:30)予定
会場:Learning Square新橋 6F(東京・新橋)
主催:日経Automotive Technology

受講料(税込み)

  • 一般価格48,000円
  • 日経Automotive Technology読者価格39,000円
  • 一般価格には、「日経Automotive Technology購読(最新号1冊+1年6冊)」が含まれます。ご送本開始は開催後になります。
  • 日経Automotive Technology定期購読者は、読者価格でお申し込みいただけます。
  • ※一般価格に含む日経Automotive Technologyをご登録させていただく方には、ニュース配信を設定いたします。
  • ※受講料には、昼食は含まれておりません。
  • ※満席になり次第、申込受付を締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。

プログラム詳細

10:00 - 10:50

自動車における情報セキュリティ

トヨタIT開発センター
研究部 シニアリサーチャー

小熊 寿 氏

車載システムは、より多様なサービスを実現するために、外界と接続することが期待される。将来の車載システムに必要となる情報セキュリティ対策について、業界動向を交えて紹介する。

11:00 - 11:50

自動車情報セキュリティの最新動向

情報処理推進機構(IPA)
技術本部 セキュリティセンター 情報セキュリティ技術ラボラトリー 主任

中野 学 氏

自動車をとりまく情報セキュリティの現状と、情報処理推進機構(IPA)がこれまで分析してきたセキュリティ対策の事例を紹介する。具体的には、自動車を含む組み込みシステムに対する攻撃例や、世界で進む自動車セキュリティの検討事例、自動車部品の機能ごとの対策の違い、企画段階から実利用、さらに廃棄を行う段階まで、それぞれに応じた対策のあり方などを解説する。

昼休憩(12:00 - 13:00)

13:00 - 14:30

ECUの脅威と対策

イータス
エンベデッドセキュリティ ESCRYPTビジネス・デベロッパー

Camille Vuillaume 氏

攻撃者の最大の目標と言えるのが、ECUのリプログラミングである。完全に防ぐことは難しいが、それでもソフトとハードの両面から対策を打たねばならない。バッファーオーバーフロー攻撃やデバッグインタフェースの悪用、サイドチャネル攻撃など、具体的な攻撃事例を挙げつつ、その対策を基本から解説する。

休憩(14:30 - 14:50)

14:50 - 15:50

車載LANの脅威と対策

横浜国立大学大学院
環境情報研究院 教授

松本 勉 氏

車載LANの標準規格である「CAN (Controller Area Network)」。通信の信頼性は高いものの、情報セキュリティの観点では無防備に近い。CANのセキュリティを強化する方法に関して、最新の成果を紹介する。

16:00 - 17:00

車外ネットワークの脅威と対策

富士通
次世代情報系ソリューション本部 戦略企画統括部 シニアエキスパート

TCG (Trusted Computing Group) 常任理事

小谷 誠剛 氏

クルマはますますインターネットにつながるようになる。セキュリティ対策は必須で、車載ソフトのセキュリティを高めるために、セキュリティチップ「TPM (Trusted Platform Module)」の搭載が検討されている。TCG理事の小谷氏が、TPMの仕組みや活用法、車載ソフトを随時アップデートする「リモートメンテナンス」の重要性などについて詳解する。

  • ※講演時刻等、随時更新いたします。また、プログラムは変更になる場合があります。あらかじめご了承願います。

お申し込み受付は終了しました

※当日受付を承ります。直接会場にお越しください。

■受講料のお支払い:
お支払い方法が「請求書」希望の方には、後日、受講券・請求書をご郵送いたします。ご入金は銀行振込でお願いいたします。なお、振込手数料はお客様のご負担となりますので、あらかじめご了承ください。
「クレジットカード支払」の方には、受講券のみをお送りいたします。
■お申し込み後のキャンセルおよび欠席:
お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。代理の方が出席くださいますようお願いいたします。
■最少開催人員:
20名。参加申込人数が最少開催人員に達しない場合は、開催を中止させていただくことがあります。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

セミナー/イベント検索

名称から探す

検索

開催日から探す

日以降(1カ月間)

検索

お薦めセミナー/イベント

【(重要)「日経ID」統合について】

日経BPパスポートは、2014年4月30日から、「日経ID」に統合いたしました。
詳細につきましてはこちらをご覧ください。
技術者塾 【アンケート】技術者塾講座ガイドブック2015 Autumn版進呈

セミナー/イベント・カレンダー