セミナー/イベント
日経ものづくり経営革新塾 2013冬

真のグローバル開発を実現する「大部屋」の進化形

海外企業での活用法や大部屋のデジタル化など、最新動向を紹介

印刷用ページ
 

お申し込み受付は終了しました

※当日受付を承ります。直接会場にお越しください。

魅力的な製品を効率良く開発するのに役立つ「大部屋」。

近年、海外のメーカーがトヨタ生産方式(リーン生産方式)を相次いで導入する過程で大部屋の採用も進んでおり、日本とは異なる進化を遂げています。現在は、日本のメーカーにとって長年の課題だった、グローバル化を果たすための有効な手段として、海外のメーカーによる大部屋の活用法が注目されています。

大部屋が適用されてきたのは主に設計/生産技術/製造部門でしたが、最近は企画/営業/サービス/管理部門にも拡大することで、開発業務の質と量を高め、競争力を強化する事例が増えています。さらに、設計/製造拠点のグローバル化に伴い、円滑な情報共有を実現すべく、大部屋にITツールを持ち込む「大部屋のデジタル化」の動きも見られます。

日経ものづくり経営革新塾では、こうした大部屋を巡る最新動向について、国内外の大手メーカーに向けて大部屋の導入・運用を支援してきた田中孝司氏に解説していただきます。さらに、モジュール化で国際的に定評のあるスウェーデンScania社での大部屋活用について、同社エンジニアリング部門に在籍した経歴を持つJohan Lundén氏に紹介していただきます。

概要

日時:2013年12月11日(水)14:00~17:00(開場13:30)予定
会場:秋葉原コンベンションホール 5Fカンファレンスフロア(東京・秋葉原)
主催:日経ものづくり

受講料(税込み)

  • 一般価格25,000円
  • 日経ものづくり読者価格20,000円
  • 一般価格には、「日経ものづくり購読(半年6冊)」が含まれます。ご送本開始はセミナー開催後になります。
  • 日経ものづくり定期購読者は、「読者価格」でお申し込みいただけます。
  • ※一般価格に含む「日経ものづくり購読」を登録させていただく方には、日経ものづくりNEWSを配信設定いたします。
  • ※満席になり次第、申込受付を締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。

プログラム詳細

14:00 - 15:00

大部屋活用の世界的な動向とデジタル化への道筋

ダッソー・システムズ
ENOVIA営業部 シニア・ビジネス・コンサルタント

田中 孝史 氏

日本のメーカーがグローバル化を進めていく上で、大部屋の活用は不可欠です。日本でトヨタ式を学び、それを国内外の企業に伝導してきた田中孝史氏が、大部屋活用の世界的な動向を紹介するとともに、グローバル化実現のカギを握る「大部屋のデジタル化」の道筋を解説します。

15:00 - 16:00

Modularisation - a way of thinking
Scania社におけるモジュール化の考え方

スカニアジャパン
代表取締役社長

Johan Lundén 氏

スウェーデンの商用車メーカーであるScania社は、古くからモジュール化設計に取り組んでおり、高い競争力や収益性を実現しています。そのモジュール化設計の実現に貢献しているのが、大部屋活動です。同社のエンジニアリング部門に在籍した経歴を持つJohan Lundén氏が、同社のモジュール化設計や大部屋活動の詳細、世界および日本市場での戦略について紹介します。

休憩(16:00 - 16:15)

16:15 - 17:00

質疑応答

田中 孝史 氏
Johan Lundén 氏
<モデレータ>日経ものづくり 編集 高野 敦

参加者から事前に募集した質問と、当日の講演内容に対する質問に、田中氏とLundén氏が回答します。

  • ※講演時刻等、随時更新いたします。また、プログラムは変更になる場合があります。あらかじめご了承願います。

お申し込み受付は終了しました

※当日受付を承ります。直接会場にお越しください。

講師紹介

田中 孝史 氏 (たなか たかし)

ダッソー・システムズ ENOVIA営業部 シニア・ビジネス・コンサルタント

1960年生まれ。米Oklahoma City UniversityでMBA(経営学修士)取得。日本能率協会コンサルティング、豊田エンジニアリングを経て、ダッソー・システムズに入社。国内外の大手自動車メーカー、米Harley-Davidson社などの輸送機械関連、米Boeing社などの航空機関連をはじめ、さまざまな産業でコンサルティングを実施してきた。日本のマネジメント技術をグローバル企業に適用することを使命としている。

Johan Lundén 氏 (ヨハン ルンデン)

スカニアジャパン 代表取締役社長

1975年生まれ。2000年にScania社入社、1年のマネジメント研修を経てビークル・エルゴノミクス(人間工学)部門配属、2005年に部長就任。2007~2011年は経営兼ブランド戦略開発部部長として、グループの経営戦略策定業務に従事した。この間、量産車向けキャブの開発、ドライバーの心理的負荷を低減する音環境の導入、設計プロセスにおけるエルゴノミクス検証ツールの導入、研究開発プロセスへのリーンシンキングの導入、などの成果を上げた。2011年11月にスカニアジャパン副社長兼コマーシャル・ディレクター就任、2012年7月から現職。
座右の銘は"Everything is possible; some things just take longer time."

■受講料のお支払い:
お支払い方法が「請求書」の方には、後日、受講券・請求書をご郵送いたします。
ご入金は銀行振込でお願いいたします。なお、振込手数料はお客様のご負担となりますので、あらかじめご了承ください。
「クレジットカード支払」の方には、受講券のみをお送りいたします。
■お申し込み後のキャンセルおよび欠席:
お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。代理の方が出席くださいますようお願いいたします。
■最少開催人員:
15名。参加申込人数が最少開催人員に達しない場合は、開催を中止させていただくことがあります。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

セミナー/イベント検索

名称から探す

検索

開催日から探す

日以降(1カ月間)

検索

お薦めセミナー/イベント

【(重要)「日経ID」統合について】

日経BPパスポートは、2014年4月30日から、「日経ID」に統合いたしました。
詳細につきましてはこちらをご覧ください。
技術者塾

セミナー/イベント・カレンダー