セミナー/イベント
日経エレクトロニクスセミナー

ウエアラブル・デバイス、テイクオフ!

~進化するHMD、勃興するスマートウオッチ~

印刷用ページ
 

お申し込み受付は終了しました

※当日受付を承ります。直接会場にお越しください。

HMDにスマートウオッチ、アクション・カメラまで――。
デジタル家電市場のけん引役として、こうしたウエアラブル機器が脚光を浴びています。例えば、HMDでは日常生活での利用を想定した「Google Glass」やゲーム用途の「Oculus Rift」が、スマートウオッチでは韓国Samsung Electronics社やソニーの製品が注目を集めています。スマートウオッチ市場には、米Apple社の参入も期待されており、2016年に1億台に達するとの予測もあります。

実際、機器メーカーだけでなく、半導体メーカーも、ウエアラブル機器に舵を切り始めました。例えば、米Intel社がウエアラブル機器を想定した低電力SoCを、米Qualcomm社は反射型ディスプレイ「Mirasol」を搭載したスマートウオッチを2013年9月に相次いで発表しました。ウエアラブル機器利用を視野に入れた、低消費電力な無線チップやモーション・センサなどの提供も始まっています。

日経エレクトロニクスでは、HMDやスマートウオッチなどの最新動向、ウエアラブル機器に利用される半導体技術などを解説するセミナーを開催します。また、ウエアラブル機器の応用事例を紹介しながら、どういった用途、どういった場面でHMDやスマートウオッチを生かせるのか、ウエアラブル機器のキラー・アプリや普及シナリオに迫ります。

概要

日時:2013年11月06日(水)10:00~17:00(開場09:30)予定
会場:Learning Square新橋 6F(東京・新橋)
主催:日経エレクトロニクス

受講料(税込み)

  • 一般価格35,800円
  • 日経エレクトロニクス(NE)読者価格29,800円
  • 一般価格には「日経エレクトロニクスDigital版セット購読(半年13冊)」が含まれます。 ご送本開始は開催後になります。
  • 日経エレクトロニクス(雑誌、Digital版、Digital版セット)定期購読者は、NE読者価格でお申し込みいただけます。
  • 日経エレクトロニクスPremium定期購読者は、Premium読者価格(一般価格の50%割引)で受講いただけます。
  • ※受講料には、昼食は含まれておりません。
  • ※一般価格に含む日経エレクトロニクス購読をご登録させていただく方には、NEニュース配信を設定いたします。
  • ※満席になり次第、申込受付を締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。

プログラム詳細

10:00 - 11:30

ウエアラブル機器の現在と未来

神戸大学大学院
工学研究科 電気電子工学専攻 教授

塚本 昌彦 氏

HMDやスマートウォッチ、アクションカメラなどのウエアラブル機器の研究開発が、欧米を中心に活発化している。日本をはじめとするアジア勢も、それに呼応してウエアラブル機器の開発に力を入れ始めた。そこで本講演では、これらの動向をまとめながら、ウエアラブル機器の本質を紹介したい。さらにメガネや腕時計を軸として、様々なウエアラブル機器が今後どのような機能を備え、どのような用途で使われていくかなどについて紹介する。

11:35 - 12:00

米Apple社及び韓国Samsung Electronics社のスマートウオッチ関連特許出願動向について

Seiju国際知財事務所
弁理士

北村 光司 氏

昨今、スマートウオッチに注目が集まっている。中でも、米Apple社の参入が噂されている。また、同社に先行して、韓国Samsung Electronics社も、スマートウオッチを製品化している。スマートフォン業界で高いシェアを誇る両社のスマートウオッチに関する特許動向を調査した。その結果を報告する。

昼休憩 (12:00 - 13:00)

13:00 - 13:50

Google Glassの分析やHMD用OSの開発から見えたHMDのインパクト

ブリリアントサービス
代表取締役

杉本 礼彦 氏

HMDで何が便利になるのか?身に着けることで世の中がどう変わるのか?どう幸せになるのか?身に着けるコンピュータってちょっと恥ずかしい?ウェアラブルコンピューティングとファッションの融合の可能性はないのか?  こうした疑問に対して、我々が「Google Glass」を購入して分析した結果や、独自に開発したHMD用OS「MIRAMA」を世界中の展示会やファッションショーで見せた実績を基にして、答えていきたい。

13:55 - 14:35

ARメガネの企業向け利用事例

新日鉄住金ソリューションズ
ワークスタイルイノベーションセンター シニア・マネジャ

笹尾 和宏 氏

企業のさまざまな現場を支援するツールとして、HMDのうち、拡張現実感(AR)を利用した作業者支援を目的とした「ARメガネ」活用を推進してきた。当社の取り組みを中心にARメガネの活用事例を紹介するとともに、利用にあたってのポイントなどを解説する。また、より小型化が進むARメガネの動向についても触れる。

14:40 - 15:10

コミュニティ活動から広がるウエアラブル・デバイス

ニコニコ技術部

ミクミンP 氏

デバイスの低価格化やクラウド・ファンディングなどで発信される新しい提案などを受け、企業や大学といった枠にはとらわれない個人レベルの取り組みが、動画サイトや技術系イベントを通じて多数発表されるようになってきた。このような活動から生み出されている、さまざまなウエラブル・デバイスの製作例や利用例を紹介するとともに、近年盛り上がりを見せているVR/AR分野への適用例を紹介する。

休憩 (15:10 - 15:25)

15:25 - 16:10

UXから見るウエアラブル

ソフトディバイス
代表取締役

八田 晃 氏

ウエアラブル機器はユーザーに受け入れられるだろうか? この疑問に答えるためには、その機器で何ができるかだけではなく、現実空間でのユーザーの行動文脈、それに伴うリアルタイムな認知や操作負荷、さらには空間を共有する他者との関係性も含めた包括的なユーザーエクスペリエンス(UX)の考慮が必要である。また、計画・設計段階において、このような未知のユーザー体験を手早くシミュレーションし、確かめるための手法が求められる。UI/UXデザインの視点から、疑似体験のためのラピッドプロトタイピング手法の紹介を交えて考察する。

16:15 - 17:00

最新ウエアラブル機器向け半導体動向

清水 洋治 氏

市販されているさまざまなウエアラブル機器30機種ほどを分解し、半導体チップなどを分析した結果を紹介する。その多くは、低消費電力マイコンやモーション・センサ、Bluetooth通信用LSIといった3チップ構成を採る。アプリケーション・プロセサを搭載するものもあるが、汎用チップの組み合わせがほとんどである。そのため、電力が大きく、毎日充電が必要という状況で、広く普及するにはまだまだ多くの課題がある。つまり、半導体メーカーとして低消費電化や小型化など、取り組むべき課題も多い。私としては、浴衣やネクタイなどの身につけるものを実際に作り、衣料と半導体部品の双方から改善点を模索しつつ、低消費電力化やウエアラブルに特化した「機能チップ開発」に取り組みたいと考えている。

  • ※講演時刻等、随時更新いたします。また、プログラムは変更になる場合があります。あらかじめご了承願います。

お申し込み受付は終了しました

※当日受付を承ります。直接会場にお越しください。

■E-mailアドレス:
お申し込みにはE-mailアドレス(携帯電話不可)が必要です。
■受講料のお支払い:
お支払方法が「請求書」の方には、後日、受講券・請求書を郵送いたします。
ご入金は銀行振込でお願いいたします。なお、振込手数料はお客様のご負担となりますのであらかじめご了承ください。
「クレジットカード支払」の方には、受講券のみお送りします。
■お申し込み後のキャンセルおよび欠席:
お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。代理の方が出席くださいますようお願いいたします。
■最少開催人員:
30名。参加申込人数が最少開催人員に達しない場合は、開催を中止させていただくことがあります。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

セミナー/イベント検索

名称から探す

検索

開催日から探す

日以降(1カ月間)

検索

お薦めセミナー/イベント

【(重要)「日経ID」統合について】

日経BPパスポートは、2014年4月30日から、「日経ID」に統合いたしました。
詳細につきましてはこちらをご覧ください。
技術者塾 【アンケート】技術者塾講座ガイドブック2015 Autumn版進呈

セミナー/イベント・カレンダー