セミナー/イベント
NEアカデミー

スイッチング電源の制御理論

印刷用ページ
 

電源制御をデジタル化する「デジタル電源」の広がりや、高周波化が可能な新しいパワー素子の実用化など、スイッチング電源に変化が訪れようとしています。そうした新しい技術を活用するために必要なのが、普遍的な電源制御理論を身に付けることです。

本セミナーは、2012年9月に開催し、好評を博したセミナー「デジタル電源時代にこそ学びたい電源制御理論」の内容を更新したものです。長年にわたって電源技術の開発や市場開拓に従事してきた講師の財津氏は、新しい技術を導入してスイッチング電源を改良することで機器の小型化や低消費電力化を実現したり、スマートハウスやEV(電気自動車)などが搭載する絶縁型の双方向電源システムのような複雑なものを実現したりするためには、電源制御理論に立ち返ることが重要だと指摘します。既存の電源回路方式であれば、従来のアナログ電源ICに組み込まれている制御機能を使いこなせば問題ありません。しかし、太陽光パネルや2次電池のように入出力が非線形特性を示すものや、それらを双方向電源システムに組み込んだものでは、自ら電源制御を作り出さなければならないからです。

このセミナーでは、DC-DCコンバータの伝達関数の公式がどのように導き出されるかを体験することなどを通じて、スイッチング電源の制御理論の基礎や、設計のための基本的な考え方を学びます。併せて、デジタル電源などの最近の技術に、これらの基礎理論がどのように関連するのかを紹介します。

概要

日時:2013年10月29日(火)10:00~17:00(開場09:30)予定
会場:化学会館 7F(東京・お茶の水)
主催:日経エレクトロニクス

受講料(税込み)

  • 一般価格49,800円
  • 日経エレクトロニクス読者価格41,800円
  • 一般価格には「日経エレクトロニクスDigital版セット購読(最新号1冊+1年26冊)」が含まれます。 ご送本開始は開催後になります。
  • 日経エレクトロニクス(雑誌、Digital版、Digital版セット)定期購読者は、NE読者価格でお申し込みいただけます。
  • 日経エレクトロニクスPremium定期購読者は、Premium読者価格(一般価格の50%割引)で受講いただけます。
  • ※受講料には、昼食は含まれておりません。
  • ※一般価格に含む日経エレクトロニクス購読をご登録させていただく方には、NEニュース配信を設定いたします。
  • ※満席になり次第、申込受付を締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。

講師紹介

財津 俊行 氏 (ざいつ としゆき)

日本テキサス・インスツルメンツ 営業・技術本部 マーケティング部 パワーテクノロジスト/ 工学博士

1985年からNECで通信機器用電源の開発に従事し、1993年に米バージニア工科大学客員研究員に着任。日本ルーセントテクノロジー パワーシステムズ・デザインセンター長を経て、2001年からTDKのパワーシステムズグループのマーケティングマネージャを担当、2004年に米TDK Innoveta社に移る。2006年から米Texas Instruments社、2007年より現職。工学博士。

プログラム詳細

10:00 - 17:00

1. 電源制御理論を学ぶべき理由

・スイッチング電源の歴史
・電源制御技術のトレンド

2. DC-DCコンバータのパワー・ステージ

・降圧型コンバータの基本動作
・昇圧型コンバータの基本動作

3. 状態平均化法に基づくDC-DCコンバータの伝達関数の導出

・降圧型コンバータの状態方程式、伝達関数
・昇圧型コンバータの状態方程式、伝達関数(右半平面のゼロ)

4. 降圧型コンバータの制御系設計と一巡伝達関数(ボーデ線図)、トランジェント特性

・電圧モード制御
・ピーク電流モード制御
・ヒステリシス制御(リップル注入型)

5. 昇圧型コンバータの制御系設計と一巡伝達関数(ボーデ線図)、トランジェント特性

・電圧モード制御
・ピーク電流モード制御

6. デジタル電源制御

・デジタル化の意義
・デジタル制御の考え方(アナログ補償器からデジタル補償器へ)
・3pole-2zero補償器やPID補償器からデジタル補償器(IIRフィルタ)への変換方法
・デジタル制御事例の紹介

  • ※途中、昼休憩と午後の小休憩が入ります。
  • ※講演時刻等、随時更新いたします。また、プログラムは変更になる場合があります。あらかじめご了承願います。
■E-mailアドレス:
お申し込みにはE-mailアドレス(携帯電話不可)が必要です。
■受講料のお支払い:
お支払方法が「請求書」の方には、後日、受講券・請求書を郵送いたします。
ご入金は銀行振込でお願いいたします。なお、振込手数料はお客様のご負担となりますのであらかじめご了承ください。
「クレジットカード支払」の方には、受講券のみお送りします。
■お申し込み後のキャンセルおよび欠席:
お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。代理の方が出席くださいますようお願いいたします。
■最少開催人員:
20名。参加申込人数が最少開催人員に達しない場合は、開催を中止させていただくことがあります。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

セミナー/イベント検索

名称から探す

検索

開催日から探す

日以降(1カ月間)

検索

お薦めセミナー/イベント

【(重要)「日経ID」統合について】

日経BPパスポートは、2014年4月30日から、「日経ID」に統合いたしました。
詳細につきましてはこちらをご覧ください。
技術者塾 【アンケート】技術者塾講座ガイドブック2015 Autumn版進呈

セミナー/イベント・カレンダー