セミナー/イベント
ものづくり塾

技術者のためのコミュニケーション・スキル習得術

英語よりも大切なものがある

印刷用ページ
 

お申し込み受付は終了しました

※当日受付を承ります。直接会場にお越しください。

どんなに優れた技術であっても、それが相手に伝わらなければ、価値を発揮することはできない。日本の技術者にとって、製造業が国内での垂直統合から海外の生産拠点を巻き込んだ水平分業に移行しつつある現代では、かつてのように阿吽(あうん)の呼吸で仕事をすることは不可能である。

一人ひとりの価値観も多様化し、同時にそれぞれの企業が置かれたビジネスの形態、求める技術者へのあり方も変化してきている。 このような環境の変化によって、技術者が他者とのコミュニケーションを円滑に行うことはますます重要となってきている。

ものづくり塾では、日本に生産拠点を置く外資系半導体メーカーで長く技術マネジメントに携わった講師が、これまでの経験を基に、技術者の皆さんと一緒に、人の話を聴くことの大切さ、情報発信にあたって注意すべきこと、また日々の仕事への取り組み方を共に考える。そして、グループ・ワークでの体験を通じて、コミュニケーション・スキルの重要性を理解・習得することを狙いとする。

※ご受講に際し、各自ノートパソコンをご持参ください。

概要

日時:2013年12月04日(水)10:00~17:00(開場09:30)予定
会場:Learning Square新橋 4F(東京・新橋)
主催:日経ものづくり

受講料(税込み)

  • 一般価格48,000円
  • 日経ものづくり読者価格39,000円
  • 一般価格には、「日経ものづくり購読(最新号1冊+1年12冊)」が含まれます。ご送本開始はセミナー開催後になります。
  • 日経ものづくり定期購読者は、「読者価格」でお申し込みいただけます。
  • ※受講料には、昼食は含まれておりません。
  • ※一般価格に含む「日経ものづくり購読」を登録させていただく方には、日経ものづくりNEWSを配信設定いたします。
  • ※満席になり次第、申込受付を締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。

講師紹介

江本 知正 氏 (えもと ともまさ)

パインリーフコンサルティング 代表

1978年 広島大学大学院 理学研究科修士課程終了。京都セラミック入社、材料研究所に配属。1981年 日本テキサス・インスツルメンツ入社。1988年 米ダラス半導体研究所、1989年 米ラボック工場、1989年 美浦工場にて多くのプロセス開発・改善のプロジェクトを担当。1999年 技術開発企画部長(東京本社・美浦工場兼務)としてビジネス部門と研究開発、製造との技術窓口を担当。2009年 技術戦略企画統括部長 (TIJ Technical Ladder Policy Board Chairman)、2013年 定年退職。

プログラム詳細

10:00 - 17:00

技術者のためのコミュニケーション・スキル習得術

1) 環境の変化を理解し、何故コミュニケーションが大切なのかを考える

2) コミュニケーションのモデルを考え、理解する

3) 傾聴の体験を通じ、話を聴くことの大切さを理解する

4) 日々の仕事の中で、コミュニケーションの占める位置づけを事例を通じ理解する

5) 技術者にとって、情報発信が自らの価値を知らしめることのツールであることを理解する

6) 情報発信の手段のうち、下記の三種類を事例に取る
 ・プレゼンテーションの資料を作成する
 ・プレゼンテーションの資料を使い、説明する
 ・電子メールを使って情報発信する

7) それぞれにおいて、「発信する情報の品質を高める」ために注意すべきことをグループワークの中で抽出し、議論を通じて整理する

8) 結果を出席者でシェアリングする

9) グループワークを通じ仲間意識を高め、ネットワークを作る

  • ※ご受講に際し、各自ノートパソコンをご持参ください。
  • ※途中、昼休憩と午後の小休憩が入ります。
  • ※講演時刻等、随時更新いたします。また、プログラムは変更になる場合があります。あらかじめご了承願います。

お申し込み受付は終了しました

※当日受付を承ります。直接会場にお越しください。

■受講料のお支払い:
お支払い方法が「請求書」の方には、後日、受講券・請求書をご郵送いたします。
ご入金は銀行振込でお願いいたします。なお、振込手数料はお客様のご負担となりますので、あらかじめご了承ください。
「クレジットカード支払」の方には、受講券のみをお送りいたします。
■お申し込み後のキャンセルおよび欠席:
お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。代理の方が出席くださいますようお願いいたします。
■最少開催人員:
15名。参加申込人数が最少開催人員に達しない場合は、開催を中止させていただくことがあります。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

セミナー/イベント検索

名称から探す

検索

開催日から探す

日以降(1カ月間)

検索

お薦めセミナー/イベント

【(重要)「日経ID」統合について】

日経BPパスポートは、2014年4月30日から、「日経ID」に統合いたしました。
詳細につきましてはこちらをご覧ください。
技術者塾 【アンケート】技術者塾講座ガイドブック2015 Autumn版進呈

セミナー/イベント・カレンダー