セミナー/イベント
ものづくり塾

実践!自動車の振動・騒音対策とシミュレーションの基礎

印刷用ページ
 

お申し込み受付は終了しました

※当日受付を承ります。直接会場にお越しください。

自動車の技術進化により、構造が複雑になる中、自動車を構成する部品には、より精緻な振動・騒音対策が求められています。ところが、自動車全体を扱っていない部品メーカーにとって、自動車にどのような振動・騒音が発生するのかを知ることは簡単ではありません。

ものづくり塾では、自動車の振動・騒音現象について概要を説明し、その中からいくつかの代表例を取り上げて、対策方法を解説します。

振動・騒音問題を解決するために必要な基礎知識についても、要点を演習しながら学習します。そのため、振動・騒音を一度学んだことがある方でも、課題を明確にして学び直すことで多くの発見があるはずです。振動・騒音現象とその対策方法は、対象とする製品によって異なりますが、基本的な考え方は共通しています。また、より厳しい対策が求められる自動車を題材にするため、自動車以外の分野でも参考になることでしょう。

簡単な数値シミュレーションも体験していただきます。近年は製品開発に、CAEは不可欠なものとなっています。解析ソフトを使うと、どんな問題でも簡単に解けてしまうように思われがちです。しかし、現象を把握し、ソフトウエアの内容をよく理解して、数値シミュレーションを行なわないと、間違った答えを出してしまうことになります。そこで、数値シミュレーションの基礎的説明を交えながら、演習を行う予定です。

概要

日時:2013年12月03日(火)10:00~17:00(開場09:30)予定
会場:Learning Square新橋 6F(東京・新橋)
主催:日経ものづくり

受講料(税込み)

  • 一般価格48,000円
  • 日経ものづくり読者価格39,000円
  • 一般価格には、「日経ものづくり購読(最新号1冊+1年12冊)」が含まれます。ご送本開始はセミナー開催後になります。
  • 日経ものづくり定期購読者は、「読者価格」でお申し込みいただけます。
  • ※受講料には、昼食は含まれておりません。
  • ※一般価格に含む「日経ものづくり購読」を登録させていただく方には、日経ものづくりNEWSを配信設定いたします。
  • ※満席になり次第、申込受付を締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。

講師紹介

松村 修二 氏 (まつむら しゅうじ)

群馬大学 客員教授 (元 富士重工業 スバル技術研究所 プロジェクトジェネラルマネージャー)

松村 修二 氏

1975年、東北大学大学院 工学研究科修士課程修了。1975年、富士重工業入社、振動・騒音の研究実験に従事。その後、スバル研究所に出向し、CAE開発および排気管内で発生する衝撃波騒音の研究を行う。1993年、東北大学で博士号取得。2006年、富士重工業を退職し、群馬大学 客員教授。日本機械学会 フェロー。

プログラム詳細

10:00 - 11:00

1. 自動車の振動・騒音現象

自動車の振動・騒音源とその発生メカニズムの概要を説明した後、実際に自動車で問題となっている様々な振動・騒音現象について解説する。

11:00 - 14:00(昼休憩1時間含む)

2. 対策事例

数多い振動・騒音現象の中から、いくつかの対策事例を紹介する。ロードノイズの対策事例では、入力伝達系の振動、車体の骨格振動、車体パネル振動などを紹介しながら、全体としてどのように対策するのかを解説する。また、衝撃波を含む排気騒音や流体騒音、ワイパーのびびりに見られる自励振動などの対策事例についても、時間の許す限り紹介する。

14:00 - 15:30

3. 振動の基礎

これまで説明してきた対策事例を見ると、問題解決には振動に関する基礎的知識が重要であることが分かる。ここでは、かつて一度は学んだことがあるであろう基礎的知識を学び直し、実際に起きている振動層現象をしっかりと把握できるようにする。

15:30 - 17:00

4. シミュレーションの基礎

数値シミュレーションの基礎として、「Excel」を使った、差分法の簡単な振動計算を体験する。また、振動シミュレーションや実験で必ず使われるモード解析についても体験します。

  • ※途中、昼休憩と午後の小休憩が入ります。
  • ※講演時刻等、随時更新いたします。また、プログラムは変更になる場合があります。あらかじめご了承願います。

お申し込み受付は終了しました

※当日受付を承ります。直接会場にお越しください。

■受講料のお支払い:
お支払い方法が「請求書」の方には、後日、受講券・請求書をご郵送いたします。
ご入金は銀行振込でお願いいたします。なお、振込手数料はお客様のご負担となりますので、あらかじめご了承ください。
「クレジットカード支払」の方には、受講券のみをお送りいたします。
■お申し込み後のキャンセルおよび欠席:
お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。代理の方が出席くださいますようお願いいたします。
■最少開催人員:
15名。参加申込人数が最少開催人員に達しない場合は、開催を中止させていただくことがあります。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

セミナー/イベント検索

名称から探す

検索

開催日から探す

日以降(1カ月間)

検索

お薦めセミナー/イベント

【(重要)「日経ID」統合について】

日経BPパスポートは、2014年4月30日から、「日経ID」に統合いたしました。
詳細につきましてはこちらをご覧ください。
技術者塾 【アンケート】技術者塾講座ガイドブック2015 Autumn版進呈

セミナー/イベント・カレンダー