セミナー/イベント
NEアカデミー

次世代有機ELディスプレイ技術の最前線

酸化物半導体と発光材料の最新動向

印刷用ページ
 

有機ELディスプレイの大型化・フレキシブル化に道を開く二つの次世代技術について、その基礎から将来展望までを、各技術のパイオニアである世界的な研究者が分かりやすく解説する。

前半のテーマは、酸化物半導体「InGaZnO」について。有機ELディスプレイの駆動基板の大型化やフレキシブル化、さらにその本格量産化を可能にする技術として期待を集めている。パネル・メーカーが研究開発を盛んに進めており、一部ではInGaZnOを用いた有機ELパネルの少量生産も始まった。本セミナーでは、2004年に世界で初めてInGaZnO TFTを開発した東京工業大学 教授の細野秀雄氏に、酸化物半導体の特徴、ディスプレイ応用における課題と今後の展望について講演していただく。

後半のテーマは、有機ELディスプレイの要である発光材料について。特に、大型化などでボトルネックになっていた寿命や信頼性の課題を解決に導く可能性を秘めた技術として、遅延蛍光型発光材料が注目されている。本セミナーでは、この遅延蛍光型発光材料の研究開発のパイオニアである九州大学 教授の安達千波矢氏に、基礎から今後の展望までを詳しく解説していただく。

概要

日時:2013年10月24日(木)10:00~16:00(開場09:30)予定
会場:パシフィコ横浜 会議センター(横浜・みなとみらい)
主催:日経エレクトロニクス

受講料(税込み)

  • 一般価格49,800円
  • 日経エレクトロニクス読者価格41,800円
  • 一般価格には「日経エレクトロニクスDigital版セット購読(最新号1冊+1年26冊)」が含まれます。 ご送本開始は開催後になります。
  • 日経エレクトロニクス(雑誌、Digital版、Digital版セット)定期購読者は、NE読者価格でお申し込みいただけます。
  • 日経エレクトロニクスPremium定期購読者は、Premium読者価格(一般価格の50%割引)で受講いただけます。
  • ※受講料には、昼食は含まれておりません。
  • ※一般価格に含む日経エレクトロニクス購読をご登録させていただく方には、NEニュース配信を設定いたします。
  • ※満席になり次第、申込受付を締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。

プログラム詳細

10:00 - 12:30

酸化物半導体技術の基礎と最新の進展

東京工業大学
フロンティア研究機構 教授

細野 秀雄 氏

酸化物半導体「InGaZnO」は、有機ELディスプレイの駆動基板の大型化やフレキシブル化、さらにその本格量産化を可能にする技術として期待を集めている。パネル・メーカーが研究開発を活発に進めており、一部ではInGaZnOを用いた有機ELパネルの生産も始まった。最近では、InGaZnOとの組み合わせに適した有機EL素子技術も登場している。本講演では、InGanZnOの代表される酸化物半導体の特徴、およびディスプレイへの応用における課題と最近の展開について講演する。

13:30 - 16:00

有機EL材料技術の最新動向、遅延蛍光型を中心に

九州大学
最先端有機光エレクトロニクス研究センター センター長

安達 千波矢 氏

有機EL発光材料は、有機ELディスプレイの性能を決める要の材料である。有機ELディスプレイの大型化を実現するためには、寿命や信頼性、消費電力などの課題を解決する必要がある。そこで、従来の発光材料に比べて格段に優れた発光効率を持つ「遅延蛍光型発光材料」に、大きな期待が集まっている。遅延蛍光型発光材料は、蛍光材料とリン光材料の優れた特徴を併せ持つ。本講演では、遅延蛍光型発光材料の特徴、およびディスプレイへの応用における課題と今後の展望について講演する。

  • ※途中、昼休憩と午後の小休憩が入ります。
  • ※講演時刻等、随時更新いたします。また、プログラムは変更になる場合があります。あらかじめご了承願います。

講師紹介

細野 秀雄 氏 (ほその ひでお)

東京工業大学 フロンティア研究機構 教授

細野 秀雄 氏

酸化物材料の研究開発で世界をリードする。2004年に世界に先駆けて酸化物半導体「InGaZnO」を用いたTFTを発表。その潜在能力を感じ取った世界中の研究者やパネル・メーカーが、その後、一斉に開発に走り出した。鉄系高温超電導材料の研究開発でも有名である。

安達 千波矢 氏 (あだち ちはや)

九州大学 最先端有機光エレクトロニクス研究センター センター長

安達 千波矢 氏

有機EL材料の研究開発で世界を牽引する。最近では、有機ELディスプレイの消費電力や寿命、信頼性を飛躍的に改善する可能性を持つ「遅延蛍光型発光材料」を開発し、世界中から注目を集めた。有機EL照明関連の技術開発でも世界をリードする。

■E-mailアドレス:
お申し込みにはE-mailアドレス(携帯電話不可)が必要です。
■受講料のお支払い:
お支払方法が「請求書」の方には、後日、受講券・請求書を郵送いたします。
ご入金は銀行振込でお願いいたします。なお、振込手数料はお客様のご負担となりますのであらかじめご了承ください。
「クレジットカード支払」の方には、受講券のみお送りします。
■お申し込み後のキャンセルおよび欠席:
お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。代理の方が出席くださいますようお願いいたします。
■最少開催人員:
20名。参加申込人数が最少開催人員に達しない場合は、開催を中止させていただくことがあります。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

セミナー/イベント検索

名称から探す

検索

開催日から探す

日以降(1カ月間)

検索

お薦めセミナー/イベント

【(重要)「日経ID」統合について】

日経BPパスポートは、2014年4月30日から、「日経ID」に統合いたしました。
詳細につきましてはこちらをご覧ください。
技術者塾 【アンケート】技術者塾講座ガイドブック2015 Autumn版進呈

セミナー/イベント・カレンダー