セミナー/イベント
SCRセミナー

ビッグデータ時代の新メモリ/NAND活用術

「半導体ストレージ2014」発刊記念セミナー

印刷用ページ
 

SCR - 日経BP半導体リサーチ

日経BP半導体リサーチ/日経エレクロトニクスでは、ビッグデータ時代に求められる次世代ストレージ技術について、専門家による寄稿を中心に解説する別冊「半導体ストレージ2014」を2013年7月31日に発刊いたします。本セミナーでは、この別冊の執筆者の一人である中央大学 理工学部 教授の竹内健氏にご登壇いただき、リアルタイム・ビッグデータ・サービスに向けたストレージ・クラス・メモリとフラッシュ・メモリで構成するハイブリッド・ストレージ技術について、解説していただきます。

概要

日時:2013年08月27日(火)14:00~16:00(開場13:30)予定
会場:Learning Square新橋(東京・新橋)
主催:日経BP半導体リサーチ(SCR)

受講料(税込み)

  • 価格55,000円

『半導体ストレージ2014』

★書籍「半導体ストレージ2014」付き。書籍は開催当日お渡しします。

お申し込み受付は終了しました

※当日受付を承ります。直接会場にお越しください。

書籍「半導体ストレージ2014」を既にご購入いただいている場合は、こちらからお申し込みください。(セミナーのみ30,000円

  • ※満席になり次第、申込受付を締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。

講師紹介

竹内 健 氏 (たけうち けん)

中央大学 理工学部 電気電子情報通信工学科 教授

竹内 健 氏

1991年、東京大学 工学部物理工学科卒業。1993年、同大学院 工学系研究科 物理工学専攻 修士課程修了。同年、東芝 研究開発センター USLI研究所 研究員。NANDフラッシュ・メモリの研究開発に従事。東芝在籍の15年間に世界初の64M、256M、512M、1G、2G、16GビットNANDフラッシュ・メモリの商品化に成功。マーケティング、プロジェクトマネージメント、企業間交渉や米国法廷での訴訟など、フラッシュ・メモリのビジネス広範に携わる。2003年、米スタンフォード大学 ビジネススクール 経営学 修士課程修了(MBA)。2006年、東京大学大学院 工学系研究科 電子工学専攻 博士取得。2007年、同大学大学院 新領域創成科学研究科 基盤情報学専攻(兼)工学部 電子工学科 准教授。2008年、同大学大学院 工学系研究科 電気系工学専攻(兼)工学部 電気電子工学科 准教授。2012年4月から現職。
強誘電体材料や相変化材料、金属酸化物を用いた新メモリデバイスや、3次元LSI回路、極低電力SRAM、ディペンダブルSSDメモリシステム、新メモリを使ったメモリアーキテクチャや信号処理技術などの研究に従事。
登録特許は、米国特許115件を含む世界で215件。ISSCC 2007にてTakuo Sugano Awardを受賞。ISSCC、ASSCCプログラム委員。

プログラム詳細

14:00 - 15:50

ストレージ・クラス・メモリとフラッシュ・メモリが切り拓くリアルタイム・ビッグデータ・サービス

・ビッグデータのサービスでストレージに求められるリアルタイム性  
・ストレージ・クラス・メモリとフラッシュ・メモリで構成するハイブリッドSSD     
・RAIDからFTLまで全体を最適化した統合ストレージ

ビッグデータと呼ばれるように、人に加えて、実世界の多様な情報( Internet of Things:機器・機械の挙動、位置・移動、購買、医療・健康、気温・湿度など )がネットワーク上を行き交うようになり、情報量は爆発的に増大する。現在のインターネットを用いたITサービスに欠けているのは、時間の概念である。今後は、さまざまなデータベースを基に、リアルタイムに情報を処理するニーズが高まると予想される。リアルタイムのデータ処理を実現するためのボトルネックになっているのは、ストレージのアクセス時間である。今後は、フラッシュ・メモリやストレージ・クラス・メモリを積極的に活用することでストレージのアクセス・ボトルネックを解消し、高速でリアルタイム性に優れたビッグデータのサービスが実現する。本講演では、ビッグデータのサービスを狙った、データセンター向けのストレージ・クラス・メモリとフラッシュ・メモリで構成するハイブリッド・ストレージ技術を紹介する。

15:50 - 16:00

質疑応答

  • ※講演内容等、随時更新いたします。また、プログラムは変更になる場合があります。予めご了承ください。

お申し込み受付は終了しました

※当日受付を承ります。直接会場にお越しください。

■受講料のお支払い:
お支払い方法が「請求書」の方には、後日、受講券・請求書をご郵送いたします。
ご入金は銀行振込でお願いいたします。なお、振込手数料はお客様のご負担となりますので、あらかじめご了承ください。
「クレジットカード支払」の方には、受講券のみをお送りいたします。
■お申し込み後のキャンセルおよび欠席:
お申し込み後のキャンセルはお受けいたしかねます。代理の方が出席くださいますようお願いいたします。
■最少開催人員:
30名。参加申込人数が最少開催人員に達しない場合は、開催を中止させていただくことがあります。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

セミナー/イベント検索

名称から探す

検索

開催日から探す

日以降(1カ月間)

検索

お薦めセミナー/イベント

【(重要)「日経ID」統合について】

日経BPパスポートは、2014年4月30日から、「日経ID」に統合いたしました。
詳細につきましてはこちらをご覧ください。
技術者塾 【アンケート】技術者塾講座ガイドブック2015 Autumn版進呈

セミナー/イベント・カレンダー