セミナー/イベント
NEアカデミー

触って学ぶHTML5

~スマート・デバイス時代の中核技術、基礎から機器連携まで~

印刷用ページ
 

お申し込み受付は終了しました

※当日受付を承ります。直接会場にお越しください。

スマートフォン/タブレット端末やテレビ、カーナビなどのデジタル家電のアプリケーション・ソフトウエア記述言語として、HTML5が注目を集めています。例えば、これまで独自路線を貫いてきた米Microsoft社が、「Windows 8」のアプリ開発言語としてHTML5を採用しました。米Intel社や韓国Samsung Electronics社、NTTドコモなどの携帯電話事業者が開発を進めるスマートフォン向けソフトウエア・プラットフォーム「Tizen」や、Mozilla Foundationが開発を進める「Firefox OS」などでも、HTML5が採用されています。

テレビ分野では、映像配信事業者やケーブルテレビ事業者などが、2012年後半よりHTML5で記述されたアプリが実行可能なセットトップ・ボックス(STB)を投入しました。さらに、2013年には地上波テレビ放送でも、HTML5をベースとしたデータ放送が始まり、対応の受像機が登場するもようです。

自動車分野でも、W3Cで「Web and Automotive」に関するワークショックが2012年11月に開催されるなど、車載機向けのアプリケーション記述言語として注目を集めています。

このように、身の回りのさまざまな機器にHTML5の実行環境が実装されることで、それらの機器間を連携させたアプリも登場しそうです。本セミナーでは、HTML5が本格普及を始める2013年に向けて、HTML5の基礎から応用までを、実習形式で手を動かしながら学べます。

※2013年1月28日開催セミナーと同様のプログラムです。

概要

日時:2013年06月24日(月)10:00~17:00(開場09:30)予定
会場:Learning Square新橋 5F (東京・新橋)
主催:日経エレクトロニクス

受講料(税込み)

  • 一般価格49,800円
  • 日経エレクトロニクス読者価格39,800円
  • 一般価格には「日経エレクトロニクスDigital版セット購読(最新号1冊+1年26冊)」が含まれます。 ご送本開始は開催後になります。
  • 日経エレクトロニクス(雑誌、Digital版、Digital版セット)定期購読者の皆様は、NE読者価格でお申し込みいただけます。
  • 日経エレクトロニクスPremium定期購読者の皆様は、Premium読者価格(一般価格の50%割引)で受講いただけます。
  • ※受講料には、昼食は含まれておりません。
  • ※一般価格に含む日経エレクトロニクス購読をご登録させていただく方には、NEニュース配信を設定いたします。
  • ※満席になり次第、申込受付を締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。

講師紹介

白石 俊平 氏 (しらいし しゅんぺい)

オープンウェブ・テクノロジー 代表
HTML5開発者コミュニティ html5j.org 管理人

プログラム詳細

10:00 - 12:00

1. HTML5 概要

時々刻々と進化し続けるHTML5と関連仕様がWebをどう変えていくのか、Webの最先端で何が起きているのかを、豊富なデモを交えながら説明します。

2. ハンズオン準備

午後の部のハンズオンに向けて、開発環境のセットアップを行います。

13:00 - 17:00

HTML5で定められた、以下の仕様を実際にコーディングしながら学びます。

3. Canvas

HTML5を代表するAPIであるCanvasを使うと、リアルタイムにグラフィックを描画することができます。基本的なAPIを使って実際に描画をしてみます。

4. オフラインWebアプリケーション

Webサイトをオフラインで動作させられるのも、HTML5の大きなメリットです。ここではアプリケーション・キャッシュという機能を用いて、実際にWebサイトをオフライン動作させてみます。

5. WebSocket

WebSocketを使用すると、HTTPとは別次元の高速なリアルタイム通信を行うことができます。簡単なリアルタイム通信アプリケーションの作成を通じて、WebSocketの要諦を押さえます。

6. Q&A

  • ※途中、昼休憩と午後の小休憩が入ります。
  • ※講演時刻等、随時更新いたします。また、プログラムは変更になる場合があります。あらかじめご了承願います。

お申し込み受付は終了しました

※当日受付を承ります。直接会場にお越しください。

■E-mailアドレス:
お申し込みにはE-mailアドレス(携帯電話不可)が必要です。
■受講料のお支払い:
お支払方法が「請求書」の方には、後日、受講券・請求書を郵送いたします。
ご入金は銀行振込でお願いいたします。なお、振込手数料はお客様のご負担となりますのであらかじめご了承ください。
「クレジットカード支払」の方には、受講券のみお送りします。
■お申し込み後のキャンセルおよび欠席:
お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。代理の方が出席くださいますようお願いいたします。
■最少開催人員:
20名。参加申込人数が最少開催人員に達しない場合は、開催を中止させていただくことがあります。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

セミナー/イベント検索

名称から探す

検索

開催日から探す

日以降(1カ月間)

検索

お薦めセミナー/イベント

【(重要)「日経ID」統合について】

日経BPパスポートは、2014年4月30日から、「日経ID」に統合いたしました。
詳細につきましてはこちらをご覧ください。
技術者塾 【アンケート】技術者塾講座ガイドブック2015 Autumn版進呈

セミナー/イベント・カレンダー