セミナー/イベント
NEアカデミー

高効率ワイヤレス給電の基礎と応用技術

電磁界共鳴型の具体的設計からGaNを用いた高効率化まで(実験デモ有り)

印刷用ページ
 

お申し込み受付は終了しました

※当日受付を承ります。直接会場にお越しください。

ワイヤレス給電システムへの期待は高まる一方で、既に多数の製品がある「Qi」規格に続き、その他の業界規格、国際規格策定の動きも急になってきている。これからは、特に大電力の給電が必要となる電気自動車(EV)など向けワイヤレス給電システムの電力効率や伝送の空間自由度などが大きな議論になるだろう。

一方、ワイヤレス給電システムの特性について、第一線の研究者でも総合的な理解はいまだ定まっていない。例えば、システムの全電力効率と、共振器間の伝送効率とでは特性が異なるが、伝送効率のみを重視する研究者が多い。共鳴型システムの統一的解析により、目指すべき方向は明らかである。物理の本質と具体的なシステム設計理論を共に理解することが重要である。

特に、ワイヤレス給電では、「高周波パワーエレクトロニクス」と呼ぶ新しい学際分野の理解が最適である。パワーエレクトロニクス、高周波エレクトロニクス、高周波パワーデバイスの三つを柱とする技術融合である。本講義では、シミュレーションやアニメーション、そして最近開発した「直流共鳴方式」のデモ実験(50W未満)を用いて、ワイヤレス給電を基礎から具体的な応用設計まで、易しく、丁寧に解説する。受講者の方々が開発現場などで大いにご活躍されることを目的とし、これを支援する。

概要

日時:2013年03月08日(金)10:00~17:00 (開場09:30) 予定
会場:化学会館 7F (東京・お茶の水)
主催:日経エレクトロニクス

受講料(税込み)

  • 一般価格49,800円
  • 日経エレクトロニクス(NE)読者価格41,800円
  • 一般価格には「日経エレクトロニクスDigital版セット購読(最新号1冊+1年26冊)」が含まれます。 ご送本開始は開催後になります。
  • 日経エレクトロニクス(雑誌、Digital版、Digital版セット)定期購読者は、NE読者価格でお申し込みいただけます。
  • 日経エレクトロニクスPremium定期購読者は、Premium読者価格(一般価格の50%割引)で受講いただけます。
  • ※受講料には、昼食は含まれておりません。
  • ※一般価格に含む日経エレクトロニクス購読をご登録させていただく方には、NEニュース配信を設定いたします。
  • ※満席になり次第、申込受付を締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。

プログラム詳細

講師

村田製作所
事業・技術開発本部 上級研究員、 同志社大学大学院 客員教授

細谷 達也 氏

10:00 - 10:55

ワイヤレス給電の動向と高周波パワーエレクトロニクス

近年におけるワイヤレス給電の動向について解説し、ワイヤレス給電の各方式の原理、分類、特徴を解説する。また、高周波パワーエレクトロニクスを解説するとともに、電力効率の向上に適したワイヤレス給電システムを説明する。

11:00 - 11:55

直流共鳴方式の実証実験と設計ポイント

直流共鳴方式と電磁界共鳴フィールドを具体的なデモ実験(50W未満)を用いて解説する。さらに、実験によっても明らかとなる給電システムの設計ポイントについても解説する。

昼休憩(11:55 - 12:55)

12:55 - 13:50

送受電デバイスの設計とFEM解析

送受電デバイスの具体的な設計を解説する。ムラタソフトウェア製Femtetを用いて実際にシミュレート解析をする。設計では、4次元時空間での電磁界を2次元にモデル化する手法、パラメトリック解析を実施する。

13:55 - 14:50

直流共鳴方式と統一的解析手法

共鳴型ワイヤレス給電の具体的な統一的解析手法となる、(1)複共振回路解析(MRA)、(2)調波共鳴解析(HRA)、(3)Fパラメータ共鳴解析(FRA)を解説する。

休憩(14:50 - 15:05)

15:05 - 16:00

500W級複共振形ZVS非接触給電システム

電磁界共鳴技術を500W級非接触給電システムに具体的に応用した技術を解析する。高周波パワーエレクトロニクスで重要となるソフトスイッチング技術についても解説する。

16:05 - 17:00

GaNを用いた10MHz級動作実験

電磁界共鳴フィールドについて具体的に解析するとともに10MHz級動作実験(出力75W,電力効率74.0%)に関する技術について解説する。高速動作が期待されるGaNの優位性についても解説する。

  • ※講演時刻等、随時更新いたします。また、プログラムは変更になる場合があります。あらかじめご了承願います。

お申し込み受付は終了しました

※当日受付を承ります。直接会場にお越しください。

■E-mailアドレス:
お申し込みにはE-mailアドレス(携帯電話不可)が必要です。
■受講料のお支払い:
後日、受講券・ご請求書を郵送いたします。ご入金は銀行振込でお願いいたします。
なお、振込手数料はお客様のご負担になりますので、あらかじめご了承ください。
■お申し込み後のキャンセルおよび欠席:
お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。代理の方が出席くださいますようお願いいたします。
■最少開催人員:
20名。参加申込人数が最少開催人員に達しない場合は、開催を中止させていただくことがあります。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

セミナー/イベント検索

名称から探す

検索

開催日から探す

日以降(1カ月間)

検索

お薦めセミナー/イベント

【(重要)「日経ID」統合について】

日経BPパスポートは、2014年4月30日から、「日経ID」に統合いたしました。
詳細につきましてはこちらをご覧ください。
技術者塾

セミナー/イベント・カレンダー