セミナー/イベント
ものづくり塾

「行動観察」でニーズをつかむ

商品開発・設備改善・生産性向上に役立つ

印刷用ページ
 

ものづくり塾

商品開発・設備改善・生産性向上に役立つ

「行動観察」でニーズをつかむ

お申し込み受付は終了しました

※当日受付を承ります。直接会場にお越しください。

 大手メーカーの研究開発(R&D)部門を中心に今、製品開発における目線を「メーカー」から「ユーザー」に振り向ける動きが活発化しています。「行動観察」は、メーカーがユーザー目線で「欲しい製品とは何か」を考えるときに役立つ観察手法で、リコーや富士ゼロックスなどが導入していることでも知られています。

 同手法は、製品を使用している家庭や職場に実際に赴き、ユーザーの行動をくまなく「観る」ことから始まります。そして、そこで得た事実を可能な限り科学的根拠を持って解釈することで、言語化されていない潜在ニーズを引き出すことができます。観察で得た気づきは、商品開発だけではなく、工場の設備改善や作業改善などによる生産性向上にも役立てられます。

 今後、技術者自身がこうした観察眼を持つことが重要になってくると言われています。商品企画部の担当者などから間接的に聞くよりも、直接ユーザーから得た方が、よりリアルで臨場感のある情報を入手できるからです。

 大阪ガスは、この分野にいち早く着目して自社の製品開発に生かす一方で、同手法を用いて他社の製品開発やマーケティングをサポートする事業を立ち上げています。2009年には、大阪ガス行動観察研究所を設立し、より科学的な視点からユーザーニーズを分析する手法の研究も進めています。本セミナーでは、同研究所の主席研究員で、他社の製品開発やマーケティングをサポートする同社グループ会社のエルネットでインタラクティブ・マーケティング事業部 行動観察推進部長を務める越野孝史氏が講師を務めます。行動観察手法とはどのようなものか、また、どのようにすれば日頃の業務に生かせるのかを、ビデオ実習や事例を交えながら解説します。

概要

日時:2013年03月18日(月)10:00~17:00(開場09:30)予定
会場:Learning Square新橋 4F(東京・新橋)
主催:日経ものづくり

受講料(税込み)

  • 一般価格48,000円
  • 日経ものづくり読者価格39,000円
  • ◇一般価格には、「日経ものづくり購読(1年12冊)」が含まれます。ご送本開始はセミナー開催後になります。
  • ◇日経ものづくり定期購読者は、「読者価格」でお申し込みいただけます。
  • ※ 受講料には、昼食は含まれておりません。
  • ※ 一般価格に含む「日経ものづくり購読」を登録させていただく方には、日経ものづくりNEWSを配信設定いたします。
  • ※ 満席になり次第、申込受付を締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。

講師紹介

越野 孝史 氏

越野 孝史 氏 エルネット インタラクティブ・マーケティング事業部 行動観察推進部長
大阪ガス 行動観察研究所 主席研究員

1983年、立教大学経済学部卒業。大日本印刷、ドゥ・ハウス取締役などを経て、2006年からエルネットに在籍。現在、同社ではビジネス企画部長兼行動観察推進部長、大阪ガス行動観察研究所では主席研究員を務める。

プログラム詳細

10:00~17:00

0.プロローグ

1)従来の観察と「行動観察」
2)「行動観察」で見るものとは?

1.「行動観察」技術開発の背景

1)マーケティング・パラダイムの転換
2)サービスサイエンス

2.「現場」起点のマーケティング技法「行動観察」とは?

1)大阪ガスでのサービスサイエンスへの取り組み
2)「行動観察」の優位性
3)観察・分析の視点

3.観察の実際

1)行動観察の活用領域
2)行動観察の設計
3)観察の方法
4)記録の方法
5)分析の方法

4.観察演習

1)ビデオ実習ガイダンス
2)ビデオ実習

5.事例で学ぶ「行動観察」調査の活用

1)商品開発分野での行動観察事例
 (ワーキングマザーの家事、男性の洗顔など…)
2)施設改善目的での行動観察事例
 (書店、飲食店、駅構内、イベント会場など…)
3)生産性向上目的での行動観察事例
 (工場、飲食店など…)
4)スキルの見える化目的での行動観察事例
 (飲食店、ホテル、デパ地下など…)

6.まとめ「行動観察」からのものづくり

1)ものづくり目的での「行動観察」の活用
2)行動観察実施時の留意点→限界

  • ※途中、昼休憩と午後の小休憩が入ります。
  • ※講演時刻等、随時更新いたします。また、プログラムは変更になる場合があります。あらかじめご了承願います。

お申し込み受付は終了しました

※当日受付を承ります。直接会場にお越しください。

■受講料のお支払い:
後日、受講券・ご請求書を郵送いたします。ご入金は銀行振込でお願いいたします。
なお、振込手数料はお客様のご負担になりますので、あらかじめご了承ください。
■お申し込み後のキャンセルおよび欠席:
お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。代理の方が出席くださいますようお願いいたします。
■最少開催人員:
15名。参加申込人数が最少開催人員に達しない場合は、開催を中止させていただくことがあります。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

セミナー/イベント検索

名称から探す

検索

開催日から探す

日以降(1カ月間)

検索

お薦めセミナー/イベント

【(重要)「日経ID」統合について】

日経BPパスポートは、2014年4月30日から、「日経ID」に統合いたしました。
詳細につきましてはこちらをご覧ください。
技術者塾 【アンケート】技術者塾講座ガイドブック2015 Autumn版進呈

セミナー/イベント・カレンダー