日経テクノロジーオンライン

新製品開発プロジェクトリーダー養成講座 第2期

開発プロジェクトに必要な実務を、講義とワークで体感する連続セミナー

2013/01/23 14:38

日経エレクトロニクス

新製品開発プロジェクトリーダー養成講座 第2期

~ 開発プロジェクトに必要な実務を、講義とワークで体感する連続セミナー ~

お申し込み受付は終了しました

※当日受付を承ります。直接会場にお越しください。

近年、世界経済の荒波にもまれる日本企業とともに、かって世界の先端に位置した日本の新製品、技術開発は、低迷していると報じられています。日本の研究開発費は、主要国と比較して遜色はないものの、必ずしも企業収益につながっておらず、さらに厳しい国際競争に直面している中で、技術経営戦略の立て直しが急務になっています。

技術経営戦略の中核となるのは、やはり新製品の開発プロジェクトです。新製品開発プロジェクトでは、単に新しい製品を作ることだけではなく、プロジェクトプラン、コスト管理、リスク予測などを組み込み、収益性を確保することが重要であることは言うまでもありません。

本講座では、開発プロジェクトの承認から、製造移管までをプロジェクトライフとし、プロジェクトを効率よく成功させるために必要なプロジェクトリーダーの能力開発、習得を目的としています。のべ3日間の連続プログラムは、プロジェクトリーダーに不可欠なプロジェクトマネジメントスキル、コミュニケーションスキル、プラニングスキルなどを講義とワークを通じて習得するもので、特に理工系出身のプロジェクトリーダーにとって有用な内容となっています。第1期会場風景

受講者は、のべ3日間の講座終了後、即プロジェクトリーダーとして活躍でき、また、受講者同士の懇親を通じて製品開発の知見も広がります。

新製品開発プロジェクトを成功に導く定石とノウハウを、ぜひ本講座で学んでください。

■社内での研修プログラムとしてご検討いただくためのリーフレット(PDF)をご用意しています。
    ⇒【概要/プログラム詳細/申込書】(約700kb)

概要

1日目:2013年3月5日(火) 11:00~18:30(開場10:30)予定
2日目:2013年3月12日(火) 13:00~18:30(開場12:30)予定
3日目:2013年3月19日(火) 13:00~18:30(開場12:30)予定 ※最終日は懇親会があります
会場:テクノアソシエーツ 会議室 (東京・溜池山王)
主催:日経エレクトロニクス/日経ものづくり/Tech-On!

受講料(税込み)

  •  一般価格◇1220,000円(税込み)
  •  読者価格◇2211,000円(税込み)
■社内での研修プログラムとしてご検討いただくためのリーフレット(PDF)をご用意しています。
  ⇒【概要/プログラム詳細/申込書】(約700kb)

  • ◇1 一般価格には、「日経エレクトロニクス(最新号1冊+1年26冊)」または「日経ものづくり(1年12冊)」の購読が含まれます。 お申込はご希望の雑誌が表示されているボタンをお選びください。ご送本開始はセミナー開催後になります。
  • ◇2 日経エレクトロニクス(雑誌、Digital版、Digital版セット)、日経エレクトロニクスPremium、または日経ものづくり定期購読者の皆様は、読者価格でお申し込みいただけます。※本講座は、日経エレクトロニクスPremium読者価格(一般価格の50%割引)は適用されませんので予めご了承ください。
  • ※ 受講料には、1日目の昼食が含まれています。
  • ※ 満席になり次第、申込受付を締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。

講師紹介

米野 正博 氏

米野 正博 氏 技術コンサルタント

1947年山形県生まれ。上智大学機械工学科卒。ハートフォード大(米国)MBA.工学博士(東京工業大学)米国ロックタイト社(米国コネチカット州)、ヨーロッパ研究所(アイルランド)勤務を経て、1990年より日本ロックタイト社研究開発所長、会社合併により2002年より2007年までヘンケルテクノロジーセンター、ゼネラルマネジャー。2007年から2009年まで近畿大学客員教授。ロックタイト、ヘンケル社勤務中、自動車、エレクトロニクス、一般産業分野向け高分子材料(接着剤、シール剤など)の新製品開発プロジェクトのマネジメントに従事。

プログラム詳細 ※詳細はリーフレット(PDF)をご覧ください

3月5日(火)
11:00~18:30

【1日目 】

●オリエンテーション
 ・講座の目的、スケジュール、進め方の説明 ・新製品開発の目的、必要性
 ・参加者自己紹介など
●昼食
●講義
 ・工業マーケットの新製品開発 ・開発ニーズの提案 ・SWOT分析
●講義
 ・プロジェクトの提案 ・新開発プロジェクトの承認
 ・プロジェクトのプランニング
●グループディスカッション
 ・開発プロジェクトのテーマ決定

3月12日(火)
13:00~18:30

【 2日目 】

●講義
 ・プロジェクトを成功させるには ・プロジェクトメンバーの選択
●講義
 ・プロジェクトリーダーの役割 ・顧客のコミットメント
●講義
 ・キックオフミーテング ・プロジェクトの進捗管理
●グループディスカッション
 ・プレゼンに向けた討論

3月19日(火)
13:00~18:30

【 3日目 】

●講義
 ・コミュニケーション ・リスク管理
●講義
 ・コスト管理(人件費、減価償却など)
●講義
 ・リターンマップ ・プロジェクトの終了、報告、報告書作成
●ワーク
 ・グループプレゼン準備、各グループプレゼン
●修了式
 ・グループプレゼン講評/優秀賞発表、講座修了式

※終了後に懇親会を行います。

  • ・プログラムは変更になる場合があります。あらかじめご了承願います。
  • ・2012年11月開催の第1期(4日間)と同内容を、第2期は3日間で行います。

お申し込み受付は終了しました

※当日受付を承ります。直接会場にお越しください。

■受講料のお支払い:
後日、受講券・ご請求書を郵送いたします。ご入金は銀行振込でお願いいたします。
なお、振込手数料はお客様のご負担になりますので、あらかじめご了承ください。
■お申し込み後のキャンセルおよび欠席:
お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。代理の方が出席くださいますようお願いいたします。
■最少開催人員:
12名。参加申込人数が最少開催人員に達しない場合は、開催を中止させていただくことがあります。