セミナー/イベント
ものづくり塾

実践! プラスチックの実用特性と失敗しない設計・成形の進め方

印刷用ページ
 

ものづくり塾

実践! プラスチックの実用特性と
失敗しない設計・成形の進め方

事前申込は終了しました
※当日受付を承ります。直接会場にお越しください。

材料の物性を確認して設計したはずなのに、製品でトラブルが発生してしまった──。

こうした事態に直面する技術者が増えている。実は、試験片の物性がいかに優れていても、製品になった段階で性能が優れているとは限らない。プラスチックでは、製品設計や成形条件の良し悪しによって、性能が左右されるからだ。従って、設計や成形を行う際には、材料物性と実用特性の関係について理解した上で、製品設計や成形条件設定を適切に行うことが大切である。

本セミナーでは、設計や成形品(ユーザー)の視点から、プラスチックの主な材料物性と実用特性について分かりやすく解説した上で、設計・成形に起因する不具合を未然に防止するための対策を解説していく。

原理/原則を押さえることで、樹脂製品のトラブルをしっかりと防ぎたいと望む技術者向け。

人気の「プラスチックの強度特性を活かした強度設計とトラブル対策(3月22日開催)」セミナーの実践編です。

概要

日時:2013年05月31日(金) 10:00~17:00 (開場09:30)予定
会場:Learning Square新橋 4F(東京・新橋)
主催:日経ものづくり

受講料(税込み)

  • 一般価格48,000円
  • 日経ものづくり読者価格39,000円

  • ◇一般価格には、「日経ものづくり購読(1年12冊)」が含まれます。ご送本開始はセミナー開催後になります。
  • ◇日経ものづくり定期購読者の方は、「読者価格」でお申し込みいただけます。
  • ※ 受講料には、昼食は含まれておりません。
  • ※ 一般価格に含む「日経ものづくり購読」を登録させていただく方には、日経ものづくりNEWSを配信設定いたします。
  • ※ 満席になり次第、申込受付を締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。

講師紹介

本間 精一 氏

本間 精一 氏 本間技術士事務所

1963年に東京農工大学 工業化学科を卒業後、三菱江戸川化学(現 三菱ガス化学)入社。ポリカーボネート樹脂の応用研究や技術サービスなどを担当する。1989年にプラスチックセンターを設立し、ポリカーボネート、ポリアセタール、変性PPE(ポリフェニレンエーテル)などの研究に従事。1994年に三菱エンジニアリングプラスチックスの設立に伴って移籍し、技術企画、品質保証、企画開発、市場開発などの部長を歴任。1999年に同社 常務取締役に就任。2001年に退社し、本間技術士事務所を設立して現在に至る。
主な著書に、『ポリカーボネート樹脂ハンドブック』(日刊工業新聞社)、『要点解説 設計者のためのプラスチックの強度特性』(工業調査会)などがある。

プログラム詳細

10:00~17:00

第1部 材料物性と実用特性

 材料物性と実用物性の関係、および材料物性データを利用するときの注意点について述べる。

 1. 耐熱性
 1.1 荷重たわみ温度
 1.2 強度・剛性の温度特性
 1.3 長期耐熱温度

 2. 耐衝撃性
 2.1 衝撃強度の測定法
 2.2 衝撃強度特性
    1)材料要因(分子量、結晶化度) 
    2)ひずみ速度、温度
    3)製品設計要因(コーナアール、肉厚)

 3. 応力亀裂
 3.1 ストレスクラックの発生機構
 3.2 定ひずみ下のストレスクラック特性
 3.3 定応力下のストレスクラック(クリープ破壊)特性
 3.4 ケミカルクラックの発生機構
 3.5 定ひずみ下のケミカルクラック特性
 3.6 定応力下のケミカルクラック(クリープ破壊)特性

 4. 耐薬品性
 4.1 薬品中での基本的挙動
 4.2 耐薬品性試験方法 
 4.3 耐薬品性を考慮した材料選定

第2部 設計者を悩ます課題と留意点

 プラスチック成形品の設計・成形上で遭遇する課題別に、最適設計法や成形対策について解説する。

 1. ケミカルクラック

 2. 残留ひずみ(残留応力)
 2.1 残留ひずみの発生原理と問題点
 2.2 残留ひずみの種類
 2.3 残留ひずみの防止対策

 3. ウェルドライン
 3.1 ウェルドラインの発生原理と問題点
 3.2 ウェルドラインの防止対策

 4. 応力集中
 4.1 設計・成形で生じる応力集中源の種類
 4.2 応力集中による強度低下
 4.3 応力集中の防止対策

 5. 成形時の分解劣化
 5.1 熱分解と対策
 5.2 予備乾燥不足による加水分解と対策
 5.3 再生材使用による分解劣化と対策

 6. インサート成形
 6.1 金具周囲の残留ひずみ発生機構
 6.2 インサートの残留ひずみ低減対策

 7. 接合部の設計
 7.1 接着部、溶着部の設計
 7.2 ねじ接合の設計
 7.3 圧入(プレスフィット)の設計

  • ※途中、昼休憩と午後の小休憩が入ります。
  • ※講演時刻等、随時更新いたします。また、プログラムは変更になる場合があります。あらかじめご了承願います。
事前申込は終了しました
※当日受付を承ります。直接会場にお越しください。
■受講料のお支払い:
後日、受講券・ご請求書を郵送いたします。ご入金は銀行振込でお願いいたします。
なお、振込手数料はお客様のご負担になりますので、あらかじめご了承ください。
■お申し込み後のキャンセルおよび欠席:
お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。代理の方が出席くださいますようお願いいたします。
■最少開催人員:
15名。参加申込人数が最少開催人員に達しない場合は、開催を中止させていただくことがあります。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

セミナー/イベント検索

名称から探す

検索

開催日から探す

日以降(1カ月間)

検索

お薦めセミナー/イベント

【(重要)「日経ID」統合について】

日経BPパスポートは、2014年4月30日から、「日経ID」に統合いたしました。
詳細につきましてはこちらをご覧ください。
技術者塾 【アンケート】技術者塾講座ガイドブック2015 Autumn版進呈

セミナー/イベント・カレンダー