セミナー/イベント

自動車のワイヤレス給電、技術と標準化の最新動向

印刷用ページ
 

日経Automotive Technology


自動車のワイヤレス給電、
技術と標準化の最新動向

基本知識から各社の最新技術、世界の標準化動向を1日で知る

事前申込は終了しました
※当日受付を承ります。直接会場にお越しください。

 日産自動車が、2014年にも電気自動車(EV)にワイヤレス給電技術を採用する方針だ。非接触で“コードレス”に充電できるので、EVの利便性を大きく高められる。日産のほか、トヨタ自動車や三菱自動車、ドイツBMW社、フランスRenault社など、世界の自動車メーカー各社がワイヤレス給電技術の開発に取り組む。

 MITによる2007年の発表を契機に、古くから原理が知られていた磁界共鳴方式が再び評価され、従来の電磁誘導方式と相まってEV/PHEVに搭載する機運が急速に高まった。2020年ごろには大きな市場になりそうだ。

 目下の課題が、自動車向けの高い信頼性と安全性、低コストを実現する技術の確立と標準化の行方である。伝送方式やコイルの形状などの違いによって、伝送効率や伝送距離、相互接続性に大きな影響がある。

 本セミナーは、ワイヤレス給電技術に長年携わり、現在は国際標準化活動に取り組む横井行雄氏が、標準化の最新動向、基本的な理論から方式の違い、各社の最新技術を解説する。

 自動車向けのワイヤレス給電技術に関心のある現場技術者や管理職が主な対象である。

概要

日時:2012年12月14日(金) 10:00~17:00 (開場09:30)予定
会場:Learning Square新橋 4F(東京・新橋)
主催:日経Automotive Technology

受講料(税込み)

  • 一般価格48,000円
  • 日経Automotive Technology読者価格39,000円
  • ◇一般価格には、「日経Automotive Technology購読(最新号1冊+1年6冊)」が含まれます。ご送本開始は開催後になります。
  • ◇日経Automotive Technology定期購読者の方は、「読者価格」でお申し込みいただけます。
  • ※一般価格に含む日経Automotive Technologyをご登録させていただく方には、ニュース配信を設定いたします。
  • ※受講料には、昼食は含まれておりません。
  • ※満席になり次第、申込受付を締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。

プログラム詳細

講師

自動車技術会(JSAE) ワイヤレス給電システム技術部門委員会 幹事
日本自動車研究所(JARI) 非接触給電SWG 委員、ワイヤレス給電制御通信TG 委員
ブロードバンドワイヤレスフォーラム(BWF) ワイヤレス給電WG 幹事、標準開発部会 副主査

横井 行雄 氏

10:00~17:00

第1部 <背景>

 1. 歴史的背景; Teslaの時代と宇宙太陽光発電
 2. パドル方式非接触給電と電磁誘導給電
 3. MITによる磁界共鳴の再評価
 4. 電波新産業創出戦略
 5. 次世代自動車戦略
 6. 省エネルギー技術戦略
 7. 上海万博でのショーケース ―2030年の上海(GM社)
 8. 2011年以降の展開

第2部 <最新動向>

 1. MITの磁界共鳴方式の再評価とその後の展開
 2. 磁界共鳴方式と電磁誘導方式の技術概要
 3. 各社の最新技術
 4. フレキシブル制御の原理デモシステム
 5. ワイヤレス給電の課題
   (1) 周波数選定と安全・安心、既存システムとの共存
   (2) 大電力対応
   (3) 高効率化
   (4) 充電制御技術

第3部 <標準化と特許>

 1. 各社の特許の影響、法制度と標準化
 2. 電波法と高周波利用設備
 3. BWF(ブロードバンドワイヤレスフォーラム)のワイヤレス給電ガイドライン
 4. 米国SAE/ULにおける標準化
 5. IEC TC69 PT61980での国際標準化
 6. ICNIRP(国際非電離放射線防護委員会)ガイドラインと電波防護指針
 7. CISPRでのEMI/EMC基準

第4部 <インフラとの連携>

 1. ワイヤレス給電のシーン; 家庭充電とネットワーク充電
 2. コンダクティブ充電とワイヤレス給電
 3. 住宅とワイヤレス給電
 4. 利便性と安全・安心の確保

第5部 <将来展望>

 1. 公共交通システムとEV
 2. パーソナルモビリティとEV
 3. スマートシティ計画とワイヤレス給電システム
 4. 走行中給電の世界に向かって
 5. ITSとワイヤレス給電

  • ※途中、昼休憩と午後の小休憩が入ります。
  • ※講演時刻等、随時更新いたします。また、プログラムは変更になる場合があります。あらかじめご了承願います。
事前申込は終了しました
※当日受付を承ります。直接会場にお越しください。

講師紹介

横井 行雄 氏

横井 行雄 氏
自動車技術会(JSAE) ワイヤレス給電システム技術部門委員会 幹事
日本自動車研究所(JARI) 非接触給電SWG 委員、ワイヤレス給電制御通信TG 委員
ブロードバンドワイヤレスフォーラム(BWF) ワイヤレス給電WG 幹事、標準開発部会 副主査

1968年に名古屋大学を卒業後、同年、日本無線に入社。信号処理・画像処理の研究、自動車向け通信装置の開発などに携わった後、2004年に長野日本無線に移籍。ワイヤレス給電技術の開発に取り組み、2009年8月に磁界共鳴方式の原理装置、2011年5月にKW級ワイヤレス給電技術の実証機を発表した。同社取締役基盤技術本部長を経て、2011年に退職。現在は、ワイヤレス給電技術の標準化活動に関わる。
著書に「電気自動車のためのワイヤレス給電とインフラ構築」(シーエムシー出版、2011年)。

■受講料のお支払い:
後日、受講券・ご請求書を郵送いたします。ご入金は銀行振込でお願いいたします。
なお、振込手数料はお客様のご負担になりますので、あらかじめご了承ください。
■お申し込み後のキャンセルおよび欠席:
お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。代理の方が出席くださいますようお願いいたします。
■最少開催人員:
20名。参加申込人数が最少開催人員に達しない場合は、開催を中止させていただくことがあります。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

セミナー/イベント検索

名称から探す

検索

開催日から探す

日以降(1カ月間)

検索

お薦めセミナー/イベント

【(重要)「日経ID」統合について】

日経BPパスポートは、2014年4月30日から、「日経ID」に統合いたしました。
詳細につきましてはこちらをご覧ください。
技術者塾 【アンケート】技術者塾講座ガイドブック2015 Autumn版進呈

セミナー/イベント・カレンダー