セミナー/イベント

NEアカデミー 実例から考える、光学薄膜の評価の基礎と利用時の注意点

印刷用ページ
 
  • NEアカデミーTOPへ
  • NEアカデミーの特長
  • 開催スケジュール
  • これまでに開催したNEアカデミー
  • お問い合わせ(ご意見・ご要望・資料請求)
法人のお客様 個人のお客さま

”できるエンジニア”は基本に強い! NEアカデミー

光学薄膜

実例から考える、

光学薄膜の評価の基礎と利用時の注意点

~光学薄膜ユーザーに必須の基礎から実例まで~

事前申込は終了しました
※当日受付を承ります。直接会場にお越しください。

デジタルカメラ、光ピックアップ、光通信、ディスプレイ、プロジェクターなど、光の分野は大きく広がっています。これに伴い、さまざまな形態の光学部品が作製され利用されています。光学部品において、高機能光学薄膜は必須であり、その需要も分野の広がりとともに増えています。

光学薄膜が単なる光学部品としてではなく、電子部品と組み合わせて用いられることや、組み立て工程も従来の光学部品単独としての工程ではなくなっています。さらに、基板や部品の小型化・薄型化も進んでいます。これらに伴い、従来の光学部品としての光学薄膜では起きえなかったトラブルも増えています。

本セミナーでは、薄膜の設計ではなく、実際のトラブルを含むさまざまな事例を紹介しながら、光学薄膜の作製技術、評価技術および利用するときに考慮しなければいけない点などを主体に解説します。薄膜の評価を行う上での光学薄膜の基礎知識から始め、実例を通して光学薄膜利用時のヒントが得られるような講義を目指します。

概要

日時:2012年12月25日(火) 10:00~17:00(開場09:30)予定 ※開催日が変更になりました。
会場:化学会館 6F(東京・お茶の水)
主催:日経エレクトロニクス

受講料(税込み)

  • 一般価格49,800円
  • 日経エレクトロニクス(NE)読者価格39,800円
  • ◇一般価格には「日経エレクトロニクスDigital版セット購読(最新号1冊+1年26冊)」が含まれます。 ご送本開始は開催後になります。
  • ◇日経エレクトロニクス(雑誌、Digital版、Digital版セット)定期購読者の皆様は、NE読者価格でお申し込みいただけます。
  • 日経エレクトロニクスPremium定期購読者の皆様は、Premium読者価格(一般価格の50%割引)で受講いただけます。
  • ※受講料には、昼食は含まれておりません。
  • ※一般価格に含む日経エレクトロニクス購読をご登録させていただく方には、NEニュース配信を設定いたします。
  • ※満席になり次第、申込受付を締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。

プログラム詳細

講師

東海大学

工学部 光・画像工学科 教授

室谷 裕志 氏

10:00~17:00

1. 光学薄膜評価のための光学基礎

 1-1. 反射と屈折
 1-2. 干渉・回折・散乱
 1-3. 屈折率とその測定

2.光学薄膜の基礎

 2-1. 光学薄膜の作製の基礎
    (膜形成理論、成膜条件、イオンプロセス等)
 2-2. 光学薄膜の光学特性の基礎
    (単層膜の反射と透過、膜に吸収があるときの反射と透過)

3.光学薄膜を作製・評価・利用するための理論と実例

 3-1. 光学薄膜を使用するときの問題点
    (分光不良、散乱(洗浄不良)、波長シフト(吸湿)、そり、剥がれなど)
 3-2. 光を用いた評価方法
 3-3. 電子・X線を用いた評価方法
 3-4. 機械的特性の評価方法
 3-5. 製造工程における事例と対策
    (洗浄工程: 洗浄の原理、管理など)
    (成膜工程: 分光不良、白濁、割れ、剥がれ、そりなど)
    (検査工程: 目視検査の限界、検査員の教育など)
 3-6. 光学薄膜を発注するときの注意点

  • ※途中、昼休憩と午後の小休憩が入ります。
  • ※講演時刻等、随時更新いたします。また、プログラムは変更になる場合があります。あらかじめご了承願います。
事前申込は終了しました
※当日受付を承ります。直接会場にお越しください。

講師紹介

室谷 裕志 氏

室谷 裕志 氏 東海大学 工学部 光・画像工学科 教授

1988年3月 東海大学大学院 工学研究科光工学専攻 博士課程前期修了。
1988年4月 日本製鋼所入社。光導波路、光ピックアップ、光学薄膜、光学ローパスフィルター等の研究開発に従事。
2001年3月 東海大学より博士(工学)号を取得。
2003年4月 東海大学 工学部 光・画像工学科(旧応用理学科 光工学専攻)に赴任。
2011年9月 ISO/TC 172/SC 3/WG 2のExpert
           
・専門 光学薄膜、光学材料、光物性、感性工学
・所属学会等 日本物理学会、応用物理学会、日本光学会、日本セラミックス協会、SPIE(USA)、光学薄膜研究会、日本眼鏡学会

■E-mailアドレス:
お申し込みにはE-mailアドレス(携帯電話不可)が必要です。
■受講料のお支払い:
後日、受講券・ご請求書を郵送いたします。ご入金は銀行振込でお願いいたします。
なお、振込手数料はお客様のご負担になりますので、あらかじめご了承ください。
■お申し込み後のキャンセルおよび欠席:
お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。代理の方が出席くださいますようお願いいたします。
■最少開催人員:
20名。参加申込人数が最少開催人員に達しない場合は、開催を中止させていただくことがあります。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

セミナー/イベント検索

名称から探す

検索

開催日から探す

日以降(1カ月間)

検索

お薦めセミナー/イベント

【(重要)「日経ID」統合について】

日経BPパスポートは、2014年4月30日から、「日経ID」に統合いたしました。
詳細につきましてはこちらをご覧ください。
技術者塾

セミナー/イベント・カレンダー