セミナー/イベント

NEアカデミー 燃えないLiイオン2次電池

印刷用ページ
 
  • NEアカデミーTOPへ
  • NEアカデミーの特長
  • 開催スケジュール
  • これまでに開催したNEアカデミー
  • お問い合わせ(ご意見・ご要望・資料請求)
法人のお客様 個人のお客さま

”できるエンジニア”は基本に強い! NEアカデミー

電池

燃えないLiイオン2次電池

電池の安全設計/パワー・マネジメントの基本と実践技術

事前申込は終了しました
※当日受付を承ります。直接会場にお越しください。

毎回満員となるNEアカデミーの人気講座「燃えないLiイオン2次電池」が、今年も開催決定しました。講師は元ソニーの西氏と元NECモリエナジーの奥藤氏のお二人です。

Liイオン2次電池は、デジタル家電や携帯電話機、ゲーム機、パソコンなど様々な電子機器に搭載され、広く普及しています。今後も、ハイブリッド車や電気自動車、産業や家庭用の定置型電源などに用途を広げていくと考えられています。

ところが、機器内の電池の発火事故や不良によって、やむを得ず回収し交換する例がしばしば発生しています。電池メーカーと機器メーカー各社は、信頼性確保や品質保証に力を入れていますが、トラブルは根絶できていません。今後は、ハイブリッド車や電気自動車など、多数のLiイオン2次電池セルを束ねて利用する例も増加してきます。この際には、各電池セルの電圧や残量の制御を適切に処理(セルバランスの確保)しないと、充放電サイクル寿命の劣化や、発熱などの事故につながる可能性も指摘されています。

一方、高エネルギー密度化が進み、電池や制御回路に要求される安全化技術が高度になっているのに、機器設計者と電池技術者の交流が少なくなり、電池と制御回路の両方を見渡して最適化できる場が減少しているという問題も指摘されています。

本セミナーでは、Liイオン2次電池を安全に設計する、また安全に利用するための全体像を把握できるように、単なる技術的な話にとどまらず、その背景にある開発に対する考え方や取り組み方を解説します。また、電池の熱暴走を防ぎ、電池の持てる性能を引き出すためのパワー・マネジメントの基本と実践技術や、携帯機器をはじめ電気自動車、電動バイク向けなどのセルバランス確保における電池パックの役割などについて説明します。それぞれ、Liイオン2次電池の黎明期から開発やトラブル・シューティング、事業運営に従事してきた2人の講師がていねいに解説します。

Liイオン2次電池の利用を考えている方、安全に利用するための対策手法を把握したい方、電池業界の安全性確保に対する取り組みや最新動向を整理したい方、電池開発の方向性を検討している方などを対象に講演を行います。

概要

日時:2012年12月21日(金) 10:00~17:00 (開場09:30) 予定
会場:化学会館 7F(東京・お茶の水)
主催:日経エレクトロニクス

受講料(税込み)

  • 一般価格49,800円
  • 日経エレクトロニクス(NE)読者価格39,800円
  • ◇一般価格には「日経エレクトロニクスDigital版セット購読(最新号1冊+1年26冊)」が含まれます。 ご送本開始は開催後になります。
  • ◇日経エレクトロニクス(雑誌、Digital版、Digital版セット)定期購読者の皆様は、NE読者価格でお申し込みいただけます。
  • 日経エレクトロニクスPremium定期購読者の皆様は、Premium読者価格(一般価格の50%割引)で受講いただけます。
  • ※受講料には、昼食は含まれておりません。
  • ※一般価格に含む日経エレクトロニクス購読をご登録させていただく方には、NEニュース配信を設定いたします。
  • ※満席になり次第、申込受付を締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。

プログラム詳細

10:00~12:00

電池の安全対策

元ソニー

業務執行役員上席常務

西 美緒 氏

熱暴走(発火)が発生しないように、Liイオン2次電池の内部でどのような対策を行っているのでしょうか。機器開発者が知っておくべきことを示します。

 ・熱暴走(発火)に至るメカニズム
 ・熱暴走を防ぐ材料技術、機構的技術
 ・機器開発者や設計者に守ってもらいたいこと

13:00~16:00

電池パックの安全対策

台湾 Celxpert社

技術総監
(元NECモリエナジー 取締役技術部長/商品開発部長)

奥藤 忠司 氏

機器開発に必要な電池パックの安全設計の技術や製造手順を解説します。電池パックに入れるセルの選別方法、電池パックの構造、安全回路の設計、充電回路の安全設計などの現状と問題点、ポイントについて解説します。さらに、電池パックの試験について説明します。

◆ 電池パックの安全設計
事故を防ぐための電池パック設計について解説します。例えば、外部短絡時や、自動車による踏みつぶしを想定した圧壊時、電池内に導電性の異物が混入して電池内部が短絡した時、過充電時、機器落下時といった状況における発火や破裂を防ぐための、JIS C8714「携帯電子機器用リチウムイオン蓄電池の単電池及び組電池の安全性試験」に沿った安全設計を中心に説明します。このほか、電気自動車や定置型電源用の大型電池の安全設計についても解説します。

 ・セルの選別
 ・セルの選別方法
 ・現状の問題点
 ・電池パックの構造
 ・セルのアッセンブリ方法
 ・電池パックケースの構造
 ・安全回路の配置
 ・安全回路の設計
 ・保護回路
 ・セルバランス回路
 ・ガスゲージ回路
 ・自己診断システムの導入
 ・充電回路の安全設計
 ・各種充電回路
 ・避けたい充電方法

◆ 電池パックの製造手順
製造効率を高めつつ、安全性を確保する方法について解説します。

 ・効率よく製造するための手段
 ・試験内容
 ・試験方法

16:00~17:00

Q&A(現場の疑問に答える)、および名刺交換会

西 美緒 氏
奥藤 忠司 氏

参加者の皆さんからの質問に、講師がお答えします。今回のテーマに関係する現場の問題や日ごろ感じている疑問など、講師に直接ぶつける機会です。終了後、名刺交換会も開催します。

  • ※途中、昼休憩と午後の小休憩が入ります。
  • ※講演時刻等、随時更新いたします。また、プログラムは変更になる場合があります。あらかじめご了承願います。
事前申込は終了しました
※当日受付を承ります。直接会場にお越しください。

講師紹介

  • 西 美緒 氏

    西 美緒 氏 元ソニー 業務執行役員上席常務

    1966年、慶應義塾大学 工学部応用化学科卒業。同年ソニー入社、中央研究所にて燃料電池を研究開発。その後、音響材料の研究開発を経て、1986年から中央研究所でLiイオン2次電池の研究開発に従事。バッテリー事業本部、ソニー・エナジーテックにてLiイオン2次電池の開発、製造立ち上げなどを行い、世界で初めて商品化。Liイオン・ポリマー2次電池も商品化。ソニー・エナジーテック専務取締役。1997年にソニー執行役員常務/コーポレート・リサーチ・フェロー、2003年に業務執行役員上席常務に就任。その間、西研究所所長、マテリアル研究所長、CTO(マテリアル担当)などを歴任。2005年6月、ソニー顧問。2006年、同社退社。現在に至る。2008年、アルゴグラフィックス監査役。これまでに、電気化学会 副会長、日本金属学会 評議員、電気化学会 電池技術委員会 副委員長などを務める。
    Liイオン2次電池の実用化で、電気化学協会技術賞、米Electrochemical SocietyのTechnical Award、加藤記念賞、市村賞を受賞。バクテリア・セルロースの実用化で、日本農芸化学会技術賞を受賞。
    著書に、『スピーカーと新素材(冬樹社)』、『キーテクロジー 電池(共著、丸善)』、『リチウムイオン二次電池の話(裳華房)』、『導電性ポリマー技術の最新動向(共著 東レリサーチセンター)』がある。

  • 奥藤 忠司 氏

    奥藤 忠司 氏 台湾 Celxpert社 技術総監
    (元NECモリエナジー 取締役技術部長/商品開発部長)

    1987年、三井物産出資によるカナダMoli Energy社の立ち上げに参加。金属Li電池の保護回路、充電回路の開発設計に従事。NTTの携帯電話機の事故により、金属Li電池の開発を断念。1990年、三井物産、NEC、ユアサ コーポレーションの共同経営の会社Moli Energy(1990) Ltd.を設立、技術部長としてLiイオン電池の周辺回路の開発設計に従事する。1998年、NEC の出資比率引き上げに伴い、NECモリエナジーに社名変更。取締役技術部長、商品開発部長として、Liイオン電池の周辺回路の開発を指揮。Moli Energy(1990)社の台湾E-ONE社への売却に伴い退社。その後、米国に渡り、燃料電池の研究/開発に従事。2007年、台湾Celxpert社で技術総監として、Liイオンパック業界に復帰。電池製造の経験も踏まえ、パックの安全設計に従事、現在に至る。

■E-mailアドレス:
お申し込みにはE-mailアドレス(携帯電話不可)が必要です。
■受講料のお支払い:
後日、受講券・ご請求書を郵送いたします。ご入金は銀行振込でお願いいたします。
なお、振込手数料はお客様のご負担になりますので、あらかじめご了承ください。
■お申し込み後のキャンセルおよび欠席:
お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。代理の方が出席くださいますようお願いいたします。
■最少開催人員:
20名。参加申込人数が最少開催人員に達しない場合は、開催を中止させていただくことがあります。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

セミナー/イベント検索

名称から探す

検索

開催日から探す

日以降(1カ月間)

検索

お薦めセミナー/イベント

【(重要)「日経ID」統合について】

日経BPパスポートは、2014年4月30日から、「日経ID」に統合いたしました。
詳細につきましてはこちらをご覧ください。
技術者塾 【アンケート】技術者塾講座ガイドブック2015 Autumn版進呈

セミナー/イベント・カレンダー