セミナー/イベント

第1回 車載Ethernetが変える、クルマの未来

印刷用ページ
 

日経エレクトロニクス

第1回 車載Ethernetが変える、クルマの未来

Car-Mounted Ethernet to Shape the Future of Automobile

テキスト申込ボタン

現在、クルマの安全性を高めるために車両の運動制御の向上が求められ、より高速かつ高信頼性の通信ネットワークが必要になっています。また、情報系LANでは音声や映像の同時ストリーミングが必須になってきたことや、周辺監視カメラの搭載増加などに伴って通信量が増大しています。

こうした背景の中、制御系と情報系の領域をカバーできる車載Ethernetに注目が集まっています。リアルタイム性や車載仕様にどのように対応するのか、車載Ethernet開発の最前線で活躍する講師陣に解説してもらいます。

午前は自動車メーカーのセッションとし、トヨタ自動車をはじめ、ドイツBMW社や米General Motors社からご講演いただきます。午後からは電装品メーカーや半導体メーカーなどから解説してもらう予定です。

To meet the higher demand for security of the automobile, the vehicles have been required of more sensitive speed control, where communication network of higher speed and reliability play a great role.
Rapidly prevailing car-mounted camera and simultaneous audio- visual streaming have increased data traffic in the car. These backgrounds have made car electronics engineers pay serious attention to the car-mounted Ethernet which covers two areas of control and information.
In the upcoming seminar the R&D engineers at the forefront of the car-mounted Ethernet will introduce and explain the key themes such as real-time response and customization for the auto.

概要 -Date&Venue

日時:2012年09月05日(水) 09:30~18:00 (開場09:00) 予定
会場:JA共済ビル カンファレンスホール (東京・永田町)
主催:日経エレクトロニクス/日経Automotive Technology/Tech-On!

テキスト代(税込み)

  • 4,200円


  • ※ 当日配布したテキストを特別頒布します。

    ※ 在庫冊数に限りがありますので、お早めにお申し込みください。

    ※ テキスト冊子は、A4縦サイズ1ページに2コマ掲載のモノクロ両面印刷です。

    ※ この商品の返品はお受けできません。

プログラム詳細 -Program

9:30~10:10

Ethernet車載化技術の業界動向と今後の取り組み

資料42枚

トヨタ自動車

制御ソフトウェア開発部 基本ソフトウェア開発室 LANグループ長

後藤 英樹 氏

Ethernetの車載化に関する業界動向を、代表アプリケーションとその要素技術(物理層、プロトコル、ミドルウエア、将来のIPベース通信に向けたセキュリティーやネットワーク・アーキテクチャなど)、推進する標準化団体の活動内容などを中心に紹介すると共に、今後の取り組みを解説する。

10:10~10:50

Ethernet – the Standard for In-car Communication

資料27枚

ビー・エム・ダブリュー

エンジニアリング本部長

Lutz Rothhardt 氏

The automotive industry has been toying with the idea to introduce Ethernet based in-car networking for a while.
• Ethernet is compatible and suitable for different areas of application in the car. Vehicles and IT are increasingly merging, with Ethernet today being an established IT industry standard.
• Standardized protocols along the ISO-OSI layering model and scalable physical layers allow interoperability and a flexible adoption for future bandwidths requirements.
• Ethernet is based on switching, which allows flexible topologies.
• Ethernet is sustainable and will be continuously improved. Already today bandwidths of 10GBit are possible.
The breakthrough in the industry has come with an adaptation of an Ethernet physical layer that allows for the in-car transmission of 100Mbps Ethernet packets over cost efficient UTSP (Unshielded Twisted Single Pair) cables. BMW is not the only OEM which is now certain that Ethernet and IP will be the most relevant high performance network for automotives in near future. This presentation will show how the path into the Automotive Ethernet future is paved.

10:50~11:30

Ethernet Standards for Automotive Use Cases

資料43枚

General Motors

Staff Researcher, ECS Architectures and Vehicle Connectivity

Dr. Markus Jochim

The typical electrical architecture of a modern premium car is based on several communication protocols like CAN, LIN, FlexRay, MOST and, in the future, Ethernet. To reduce the overall complexity of the architecture and to simplify communication across different domains, it is desirable to reduce the number of communication protocols in the vehicle. With the availability of a cost effective automotive physical layer, the high bandwidth IP based Ethernet systems have become a top candidate of a single communication system that can be used for multiple automotive use cases. The presentation discusses automotive Ethernet use cases like active safety applications, infotainment systems and infrastructure backbones and shows why the currently available Ethernet standard needs to be extended in order to effectively accommodate these use cases.

11:30~12:10

A Perspective for Automotive Ethernet

資料26枚

Hyundai Motor

Senior Research, Research & Development Division

Mr. Dongok Kim

The hyundai's experience for in-vehicle network, and then I hope discuss about the reason we considered Ethernet, specially EthernetAVB. Finally my presentation will show Hyundai's activities i.e. OPEN SIG, AVnu alliance and so on.

12:10~13:10 昼休憩、展示鑑賞
13:10~13:50

デンソーの考える車載Ethernetの展望と取り組み

資料32枚

デンソー

電子プラットフォーム開発部 ネットワークシステム開発室 室長

森本 弘晃 氏

車載Ethernetの規格化、技術開発が加速している。今後、Ethernetの導入範囲がダイアグから制御まで拡大し、外とつながるサービスの増加が予想され、ネットワーク全体のアーキテクチャ設計、セキュリティー性を考慮した開発が重要となる。デンソーは、Ethernet導入に向けて車両ネットワーク構造、セキュリティーの検討、システム/ECU開発に取り組んでおり、事例を基に動向を紹介する。

13:50~14:30

IEEE AVB and AVnu Alliance - developing the future of car networking

資料27枚

Harman

Vice President, Research & Innovation, Corporate Technology Group

Rick Kreifeldt 氏

This presentation will contain information on the IEEE AVB initiative including compelling features for A/V and time-critical control use cases. The role of the AVnu Alliance in bringing this technology to the automotive industry will be futher explained. Finally, Harman's work in productizing AVB technology will be presented.

14:30~15:00

車載Ethernetの高性能ゲートウエイ構築を加速させるハードウエア
Hardware Accelerated Architecture for Automotive Ethernet Gateways

資料23枚

ETAS

Director of Engineering Hardware Technology

Dipl.-Ing. Burkhard Triess

将来の車載ECUネットワークにおいて、車載Ethernetは最大数Gビット/秒まで高いデータ伝送速度を確立するだろう。ただし、従来のマイクロ・コントローラとソフトウエアによるアプローチでは、これらのデータ伝送速度を処理するには遅延時間とジッタの点から目標を達成できない。こうした高速でのデータ通信では、マイクロ・コントローラに大きな負荷が掛かり、ECUのメイン・タスクに非常に大きな悪影響を及ぼしてしまう。本講演では、高性能ゲートウエイの設計に最適なハードウエアをベースとしたソリューションを紹介する。車載ECUの数を減らすために、ゲートウエイ機能を特定のECUに一体化することも可能である。

In future ECU networks in the vehicle, automotive Ethernet will establish high data rates up to several GBit/s. Classical microcontroller and software approaches for handling these data rates will not achieve the goals in terms of latency and jitter. Data communication at that speed would cause loads on microcontrollers that consume an unacceptable percentage of computing power and have a highly negative impact on the main tasks of the ECU. This presentation shows a hardware-based solution that is perfectly suited for the design of high-performance gateways. To reduce the number of ECUs in vehicle, the gateway functionality can be easily combined with domain specific ECUs.

15:00~15:20 休憩、展示鑑賞
15:20~16:20

Multi Vendor Automotive IEEE Standard PHYs and Products

資料39枚
  • Marvell Semiconductor & Micrel Semiconductor

    Principal Systems Architect, Datacom

    Mr. Don Pannell (Marvell)

  • Senior Product Marketing Manager, Automotive & Industrial, LAN Solutions

    Mr. Michael Jones (Micrel)

Ethernet PHYs need to support very low EMC limits in order to be used in the automotive environment. In the past, it has been assumed and/or stated that IEEE Standard based Fast Ethernet PHYs cannot meet these low automotive EMC limits. This presentation will show that two companies independently solved the low EMC automotive limit with IEEE Standard Fast Ethernet PHYs. And since these PHYs are IEEE Standard, they not only interoperate with each other, but also with other IEEE Standard PHYs. Being Standards based, the products that are available today containing these automotive PHYs is large and will be discussed.

16:20~16:50

ベクター車載Ethernet開発ソリューション

資料28枚

ベクター・ジャパン

オープンネットワーク部

竹本 順一 氏

CAN/LIN/FlexRay/MOSTなど既存の車載ネットワークに加えて、IPやEthernetの開発ツールや組み込みソフトを提供するベクター。そのIP/Ethernet関連のツールチェーンおよび組み込みソフトウエア概要と、ネットワーク開発ツールCANoe/CANalyzer.IPを用いた車載Ethernet設計開発の応用例を解説する。また、現在検討されている車載Ethernetの仕様への対応状況や、今後の取り組みについて紹介する。

16:50~17:20

車載アプリケーション向け物理層ソリューション
Ethernet Physical Layer Solution for Automotive Applications

資料26枚

Broadcom

Product Line Manager, Infrastructure and Networking Group

竹内 純一 氏

衝突警報システムやコンフォートシステム、インフォテイメント、高度運転支援システムなどの車載電子システムの高機能化・多彩化により、車載ネットワークの帯域およびコネクティビティーへのニーズが高まっている。Ethernetにおける物理層の技術、そしてEMCや信頼性などの車載要件を満たすために最適化された「BroadR-Reach」技術について解説する。

Collision warnings, comfort controls, infotainment and advanced driver assistance are just some of today’s sophisticated and diverse applications generating an increasing need for bandwidth and connectivity within and between in-vehicle networks. In the proposed session, Junichi Takeuchi, Product Manager in Broadcom’s Infrastructure and Networking Group (ING), will describe the functionality and technology within the Ethernet physical layer. Junichi will also deliver a technical tutorial on BroadR-Reach® Ethernet technology and how the technology has been optimized to address automotive industry requirements like EMC or reliability.

17:20~17:30 休憩
17:30~18:00

Q&Aセッション

資料なし
テキスト申込ボタン

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

セミナー/イベント検索

名称から探す

検索

開催日から探す

日以降(1カ月間)

検索

お薦めセミナー/イベント

【(重要)「日経ID」統合について】

日経BPパスポートは、2014年4月30日から、「日経ID」に統合いたしました。
詳細につきましてはこちらをご覧ください。
技術者塾

セミナー/イベント・カレンダー