セミナー/イベント

ディスプレイ技術の祭典「SID 2012」速報

印刷用ページ
 

日経エレクトロニクス NEスペシャル・レポート

ディスプレイ技術の祭典「SID 2012」速報

現地を取材した専門記者が、
2012年のディスプレイ技術トレンドをいち早く解説

事前申込は終了しました
満席のため、お申し込みを締め切りました。

50回目という節目の年を迎えたSID 2012では、日本・韓国・台湾の大手メーカー各社や世界各国の研究機関から、ディスプレイの注目技術が数多く発表されました。中でも注目を集めたのが、大型と中小型共に有機EL技術です。大型では、テレビ向けに55型品を量産予定の韓国LG Display社が技術の詳細を発表。さらに、韓国Samsung Mobile Display社も55型品を展示会に出展し、パネル仕様を明らかにしました。

中小型では、台湾Chimei Innolux社が2012年に量産予定のスマートフォン向け有機ELパネルを披露しました。フレキシブル対応の有機ELパネルに関しては、ソニーや東芝などが実現技術を発表し、大きな注目を集めました。

液晶関連技術で注目を集めたのは、大型と中小型共に高精細化技術です。大型では、シャープが85型の「8K×4K」パネルの実現技術を明らかにしました。中小型では、ジャパンディスプレイが651ppiの2.3型品を披露し、今後の動向や課題についても言及しました。LG Display社も440ppiの5型品を展示会に出展するなど、高精細化競争は白熱している様子が伺えます。この他、Chimei Innolux社やNLTテクノロジー、E Ink Holdings社などが出展した、タッチ・センサの機能を内蔵する「インセル/オンセル型タッチ・パネル」にも技術者の注目を集めました。

有機ELパネルや液晶パネルの性能向上を実現するカギを握る要素技術の一つが、駆動素子(TFT)です。シャープと半導体エネルギー研究所は「CAAC(C-Axis Aligned Crystal)」と呼ぶ、結晶性を持たせたIGZO(In-Ga-Zn-O)TFTの技術を発表しました。オーサーズ・インタビューで披露した13.5型の有機ELパネルの表示性能を確かめるべく、多数の技術者が殺到し黒山の人だかりとなりました。

速報会では、SID 2012に登場した最新ディスプレイ技術を、ここでしか聞けないトピックを交えて紹介します。直接仕入れた新鮮な情報と分析を基に、ディスプレイ技術の進化と新しい応用市場開拓の条件、さらに世界のディスプレイの開発・事業体制を左右する業界再編の行方も含めて、来場者の皆様とディスカッションします。

概要

日時:2012年06月29日(金) 18:00~20:00 (開場17:30) 予定
会場:テクノアソシエーツ 会議室(東京・溜池山王)
主催:日経エレクトロニクス

受講料(税込み)

  • 一般価格23,000円
  • 日経エレクトロニクス(NE)読者価格18,000円
  • ◇一般価格には「日経エレクトロニクス購読(半年13冊)」が含まれます。 ご送本開始は開催後になります。
  • ◇日経エレクトロニクス定期購読者の皆様は、NE読者価格でお申し込みいただけます。
  • 日経エレクトロニクスPremium定期購読者の皆様は、Premium読者価格(一般価格の50%割引)で受講いただけます。
  • ※一般価格に含む日経エレクトロニクス購読をご登録させていただく方には、NEニュース配信と、読者限定サービスのアクセス権を設定いたします。
  • ※満席になり次第、申込受付を締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。

プログラム詳細

講師

  • 日経エレクトロニクス

    編集

    佐伯 真也

18:00~20:00

(1) SID 2012に見る、ディスプレイ市場と技術トレンド

基調講演/シンポジウム/展示会/ビジネス・カンファレンスを振り返るとともに、今回の全体動向を解説します。

(2) 大型パネルの最新技術動向

有機ELパネルの大型化や液晶パネルの高精細化(4K×2K、8K×4K 対応)に向けた発表を解説します。

(3) 中小型パネルの最新技術動向

スマートフォンやタブレット端末への搭載に向けた高精細パネルや、将来の実用化に向けたフレキシブル対応の有機ELパネルの発表を解説します。

(4) タッチ・パネル技術の開発動向

タッチ・センサの機能を内蔵する「インセル/オンセル型タッチ・パネル」技術を導入した液晶パネルの発表について解説します。SID 2012の発表以外に、カバー・ガラスにタッチ・センサ回路を形成する「カバー・ガラス一体型タッチ・パネル」技術についても紹介します。

(5) Q&Aセッション

講演内容に対するご質問にお答えするとともに、ディスプレイの将来像などについて、皆様と考えていきます。

  • ※講演時刻等、随時更新いたします。また、プログラムは変更になる場合があります。あらかじめご了承願います。
事前申込は終了しました
満席のため、お申し込みを締め切りました。
■受講料のお支払い:
後日、受講券・ご請求書を郵送いたします。ご入金は銀行振込でお願いいたします。
なお、振込手数料はお客様のご負担になりますので、あらかじめご了承ください。
■お申し込み後のキャンセルおよび欠席:
お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。代理の方が出席くださいますようお願いいたします。
■最少開催人員:
10名。参加申込人数が最少開催人員に達しない場合は、開催を中止させていただくことがあります。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

セミナー/イベント検索

名称から探す

検索

開催日から探す

日以降(1カ月間)

検索

お薦めセミナー/イベント

【(重要)「日経ID」統合について】

日経BPパスポートは、2014年4月30日から、「日経ID」に統合いたしました。
詳細につきましてはこちらをご覧ください。
技術者塾

セミナー/イベント・カレンダー