セミナー/イベント

NEアカデミー 技術者のための交渉術

印刷用ページ
 
  • NEアカデミーTOPへ
  • NEアカデミーの特長
  • 開催スケジュール
  • これまでに開催したNEアカデミー
  • お問い合わせ(ご意見・ご要望・資料請求)
法人のお客様 個人のお客さま

”できるエンジニア”は基本に強い! NEアカデミー

コミュニケーション

技術者のための交渉術

~コミュニケーション力を身に付け、欧米、アジアで活躍する~

事前申込は終了しました
※当日受付を承ります。直接会場にお越しください。

「明日は研究成果発表会の日だけど、説得力あるプレゼン資料がなかなかできない」
「顧客に製品説明の文書を送らなければならないが、うまく書けない」
「英語で交渉しないといけないが、不安だ」――。

こうした問題解決につながる「交渉力」や「文章力」、「英語力」の習得を目指すセミナーを開催します。日経エレクトロニクスの人気連載「技術者のための交渉術(2011年11月28日号~2012年4月16日号の全6回)」を題材に、実践的なノウハウを吸収できます。

今、日本人技術者の“グローバル化”が強く求められる一方で、教育面での対応は追い付いていないのが現状ではないでしょうか。そこで、「技術者のための交渉術」の著者で、技術者として海外でのビジネス経験が豊かなアリオンの大原氏に、日本人技術者に必須となるコミュニケーション力を、実践的にトレーニングしていただきます。

海外で技術者が活躍するために必要なディベート技術や会議の進行術、ビジネス・コミュニュケーション、技術英語(テクニカル・ライティング)、プレゼンテーション技術などを、裏打ちされた実績を基に解説します。中でも、技術英語やプレゼンテーション技術では、簡単な実習を行います。その実習を通じて、ノウハウを体得していただけます。

(事前に、実習用の簡単な題目をお送りします。当日はこの課題を使ってご説明しますので、ぜひご準備ください。より効果的な受講のためにも、ご協力をよろしくお願いします。)

概要

日時:2012年06月15日(金) 10:00~17:00 (開場09:30) 予定
会場:化学会館 7F(東京・お茶の水)
主催:日経エレクトロニクス

受講料(税込み)

  • 一般価格48,800円
  • 日経エレクトロニクス(NE)読者価格39,800円
  • ◇一般価格には「日経エレクトロニクス購読(最新号1冊+1年26冊)」が含まれます。 ご送本開始は開催後になります。
  • ◇日経エレクトロニクス定期購読者の皆様は、NE読者価格でお申し込みいただけます。
  • 日経エレクトロニクスPremium定期購読者の皆様は、Premium読者価格(一般価格の50%割引)で受講いただけます。
  • ※受講料には、昼食は含まれておりません。
  • ※一般価格に含む日経エレクトロニクス購読をご登録させていただく方には、NEニュース配信と、読者限定サービスのアクセス権を設定いたします。
  • ※満席になり次第、申込受付を締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。

プログラム詳細

講師

アリオン

代表取締役社長

大原 稔 氏

10:00~17:00

1. 外国人から見た、日本人の問題点とは  ~まずは己を知る~

海外企業や外国人技術者と一緒に仕事をする上で重要なのは、相手からどう見られているかを知ること。そこから、日本人技術者のグローバル化が始まる。

2. アジア地域でのビジネス・スキル  ~欧米との違いを知る~

日本人技術者が、現地企業・法人で技術指導にあたり、商談を進めることも多い。これまで英語中心の会話と欧米に合わせたビジネス・スタイルが求められてきたが、それに加えて、アジア地域でビジネスする機会が格段に増えた。英語を使うこともあるが、現地の言語で交渉しなければならない場合も多く、欧米のビジネス・スタイルとは大きく異なっている。アジア地域でのビジネス・スキルについて、紹介する。

3. 「交渉力」を磨く(ミニ演習付き)  ~プレゼンはつかみが大事~

技術者が外国人とコミュニケーションを図るには、「交渉力」「文章力」「英語力」の三つの要素が欠かせない。交渉力とは、ディベートやプレゼンテーションなどを行う能力を指す。交渉力を向上させるには、入念な事前準備と誠実な対応、そしてわかりやすいプレゼンテーションが必須となる。電気製品や電子部品などを例にしたプレゼンテーションを紹介し、そのノウハウを解説する。

4. 「文章力」を磨く  ~論理的な文章を書こう~

交渉の場では、口頭だけでなく、身振りや手振りなどを使って説明できる。ところが、文章ではこうしたことができない。技術者の場合、仕事の中で論理的な「思考」を身に付けていても、いざ書いてみると、論理的な文章になっていない場合が多い。論理的な文章では、「起・承・転・結」ではなく、「起・承・結」とした方がわかりやすい。簡単な演習を通じて、論理的な文章の書き方を身に付けてもらう。

5. 「英語力」を磨く:初級編  ~実用英語を身に付けよう~

学校教育で教わる英語と仕事で使う英語は、異なる。つまり、学生時代に英語が不得意でも、仕事で使う英語力は向上させることができる。いわゆる受験英語は、模範解答を要求され、スペルも文法も正しいものが要求される。しかし実用英語では、多少の文法の間違いは問題にならず、相手が意味を正しく捉えられれば十分である。このような実用英語での重要ポイントを解説する。

6. 「英語力」を磨く:中・上級編(ミニ演習付き)
  ~英語の文章力や敬語表現を鍛えよう~

技術者であれば、英語を用いて、論理的な文章や技術文書を作成する場合が多い。このパートでは、簡単な演習を通じて、技術文書の書き方のノウハウを身に付けてもらう。また、英語における敬語表現を身に付けるなど、英語上級者への道を紹介する。

7. 国際会議に参加するための心得  ~独禁法や知財、守秘義務に注意~

技術者であれば、さまざまな規格の国際標準化会議に参加することもあるだろう。規格の仕様を提案する場合だけでなく、情報収集のために出席する場合も多い。だが、不用意な参加は、所属企業に大きな不利益をもたらす恐れがあるので、注意したい。国際会議への「参加の心得」について解説する。

  • ※途中、昼休憩と午後の小休憩が入ります。
  • ※講演時刻等、随時更新いたします。また、プログラムは変更になる場合があります。あらかじめご了承願います。
事前申込は終了しました
※当日受付を承ります。直接会場にお越しください。

講師紹介

大原 稔 氏 アリオン 代表取締役社長

1982年、埼玉大学 工学部電子工学科卒業。その後、東芝にて、各種メモリ・カードの商品開発や国際標準化などを担当する。関与した技術に、PCカード、ExpressCard、SmartMedia、xD-Picture Card、USB、SDメモリーカードがある。現在は、認証試験会社の台湾Allion社の日本法人社長。ITや家電製品に対する各種認証試験、製品評価試験を提供する。SDメモリーカードについては、Chair(議長)として試験規格などを策定している。

■受講料のお支払い:
後日、受講券・ご請求書を郵送いたします。ご入金は銀行振込でお願いいたします。
なお、振込手数料はお客様のご負担になりますので、あらかじめご了承ください。
■お申し込み後のキャンセルおよび欠席:
お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。代理の方が出席くださいますようお願いいたします。
■最少開催人員:
10名。参加申込人数が最少開催人員に達しない場合は、開催を中止させていただくことがあります。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

セミナー/イベント検索

名称から探す

検索

開催日から探す

日以降(1カ月間)

検索

お薦めセミナー/イベント

【(重要)「日経ID」統合について】

日経BPパスポートは、2014年4月30日から、「日経ID」に統合いたしました。
詳細につきましてはこちらをご覧ください。
技術者塾 【アンケート】技術者塾講座ガイドブック2015 Autumn版進呈

セミナー/イベント・カレンダー