セミナー/イベント

NEアカデミー 事業継続マネジメント(BCM)のあり方

印刷用ページ
 
NEアカデミーTOPへ NEアカデミーのカバー分野 開催スケジュール これまでに開催したNEアカデミー お問い合わせ
NEアカデミー

事業継続マネジメント(BCM)のあり方
東日本大震災をふまえて

事前申込は終了しました
※当日申込を承ります。直接会場へお越しください。

東日本大震災によって被害を受けた東北地方の工場の多くが、一時的に事業の継続が難しい状態に追い込まれました。その影響でサプライ・チェーンが寸断され、エレクトロニクス製品や自動車などを安定して生産できない状態が続いています。そこで、震災などのリスク対策のために、事業継続計画(BCP:business continuity plan)あるいは事業継続マネジメント(BCM:business continuity management)への注目度が高まっています。

BCPとは、地震などの災害や事故が発生した際に、重要業務を目標復旧時間内に再開できるように、ハード(事前対策)とソフト(行動計画)、スキル(対応能力)を準備しておくものです。実際に今回の東日本大震災では、BCPを策定して訓練を繰り返してきたメーカーが事業復旧までの時間を短くできた例が出ています。例えば、パソコンを製造する富士通アイソテックは、震災から12日後に別拠点で代替生産を再開できました。

本セミナーでは、富士通グループの事業継続マネジメント責任者として、BCPの策定や訓練、今回の震災対応に関わった富士通総研の伊藤氏に、東日本大震災の被害状況や各メーカーの対応状況などを踏まえながら、今後の事業継続マネジメント(BCM)の目指すべき方向性や、企業における危機管理および情報システム、サプライ・チェーンのあり方などを解説してもらいます。

セミナーの最後には、ワークショップ形式で危機対応に向けた様々な課題抽出から改善に結びつける手法を紹介します。


概要

  • 日時:2011年7月14日(木) 10:00~17:00 (開場9:30予定)
  • 会場:化学会館(東京・お茶の水)
  • 主催:日経エレクトロニクス

受講料(税込み)

  • 一般価格:45,000円
  • 日経エレクトロニクス(NE)読者価格:38,000円

◇一般価格には「日経エレクトロニクス(最新号1冊+1年26冊)」の購読が含まれます。 ご送本開始はセミナー開催後になります。
◇日経エレクトロニクス、日経エレクトロニクスPremium定期購読者の皆様は、それぞれの読者価格でお申し込みいただけます。
日経エレクトロニクスPremium定期購読者の皆様は、Premium読者価格(一般価格の50%割引)で受講いただけます。

※受講料には、昼食は含まれておりません。
※満席になり次第、申込受付を締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。

プログラム詳細

富士通総研
第二コンサルティング本部 BCM事業 事業部長
伊藤 毅 氏

10:00~17:00

1. 何が起きたのか ~想定外の脅威とは?~

 ・東日本大震災で企業が被った被害、復旧のための行動、今後の復興の見通しについて

2. 富士通の対応 ~BCPは機能したのか~

 ・富士通のパソコン工場が受けた被害の実状と、復旧再開にいたるプロセス及び対応のポイント
 ・策定していたBCPとその有効性評価から見えてきたもの

3. これからのBCMのあり方 ~空想世界から現実世界へ~

 ・震災対応の行動記録手法と行動記録からの計画見直し・策定方法
 ・継続性をふまえたこれからのサプライ・チェーン・マネジメントのあり方
 ・安否確認や危機広報など、災害時・緊急時コミュニケーションにおける現状の課題とSNSの有効性
 ・今夏の電力供給不足に向けた節電の備えをどう考えるか
 ・継続性をふまえたこれからの情報システムの課題と対応方法

4. 企業価値向上のためのBCMの取り組み

 ・事業継続能力を構成する3つの要素(ハード・ソフト・スキル)
 ・スキルを向上させるために有効な訓練手法の紹介
 ・企業価値を向上させるBCMの取り組み事例の紹介

5. ワークショップ研修 ~現実的なBCMとは~

 ・体験型ミニ訓練を通した新しいBCP策定手法の紹介

※途中、昼休憩と午後の小休憩が入ります。

事前申込は終了しました
※当日申込を承ります。直接会場へお越しください。

講師紹介

伊藤 毅富士通総研 第二コンサルティング本部 BCM事業 事業部長

富士通において、金融機関向け情報システムの新サービスの企画開発、アウトソーシングサービス事業の企画業務を経て、2005年より富士通グループの事業継続マネジメント (BCM)責任者に就任。以降富士通のBCM構築を担当。 2007年以降は、富士通総研 BCM事業部長として、富士通グループの支援に加え、さまざまな業界のお客様向けにBCMコンサルティングサービスの提供を開始。業界を代表する専門家として、国内におけるBCMの普及啓発及び標準化推進、さらにはBC専門家育成活動に携わっている。事業継続推進機構 副理事長 DRIジャパン理事 危機管理教育&演習センター理事。

※講演時刻等、随時更新いたします。また、プログラムは変更になる場合があります。あらかじめご了承願います。

■受講料のお支払い:
後日、受講券・ご請求書を郵送いたします。ご入金は銀行振込でお願いいたします。なお、振込手数料はお客様のご負担になりますので、あらかじめご了承ください。

■お申し込み後のキャンセルおよび欠席:
お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。代理の方が出席くださいますようお願いいたします。

法人のお客様 個人のお客さま

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

セミナー/イベント検索

名称から探す

検索

開催日から探す

日以降(1カ月間)

検索

お薦めセミナー/イベント

【(重要)「日経ID」統合について】

日経BPパスポートは、2014年4月30日から、「日経ID」に統合いたしました。
詳細につきましてはこちらをご覧ください。
技術者塾 【アンケート】技術者塾講座ガイドブック2015 Autumn版進呈

セミナー/イベント・カレンダー