セミナー/イベント

静電気の基礎と,製造現場での静電気障害防止の対策技術

印刷用ページ
 
NEアカデミーTOPへ NEアカデミーのカバー分野 開催スケジュール これまでに開催したNEアカデミー お問い合わせ
NEアカデミー

静電気,除電技術
静電気の基礎と,製造現場での静電気障害防止の対策技術
静電気の基礎を理解し,製品の歩留まり・品質・信頼性向上を図るノウハウを伝授

事前申込は終了しました
※当日受付を承ります。直接会場にお越しください。

静電気は,様々な製品の歩留まり・品質・信頼性低下に影響を及ぼす大きな要因となっています。静電気障害を防止する技術は,発生量を減らす対策から,静電気を除去する対策まで広範囲に及びます。最善の対策を実施するためには,静電気の特性をよく理解したうえで,対策技術の特徴(長所と短所)を実践することが重要です。

本セミナーでは,1部:静電気の基礎,2部:静電気の評価技術と製造現場における発生の実態,3部:静電気障害,4部:製造現場における静電気対策の基礎,5部:製造現場における除電技術と実施例,の5部構成で解説するとともに,習得度アップのために演習にも挑戦していただきます。

・静電気とはどのような電気なのかの理解を深め,製造現場において発生する静電気がイメージできる能力習得を目指します。
・静電気を定量的に評価できる技術を解説し,製造現場での静電気の実態を紹介します。
・広範囲に及ぶ静電気障害の全体概要と,粒子汚染の付着メカニズムまで含め,詳しく解説します。
・製造装置の材料最適化,製造環境制御など,発生量を減らす対策を重点に解説します。
・最終手段として多用されている除電技術に関して,除電性能を最大にするノウハウ,除電装置の使い分けの習得を目指します。応用編として,製造ラインの垂直立ち上げを目指した除電装置の設計手法を紹介します。


概要

  • 日時:2011年1月21日(金) 10:00~17:00 (開場9:30予定)
  • 会場:化学会館(東京・お茶の水)
  • 主催:日経エレクトロニクス

受講料(税込み)

  • 一般価格:45,000円
  • 日経エレクトロニクス(NE)読者価格:38,000円

◇一般価格には「日経エレクトロニクス(最新号1冊+1年26冊)」の購読が含まれます。 ご送本開始はセミナー開催後になります。
◇日経エレクトロニクス,または日経エレクトロニクスPremium定期購読者の皆様は,それぞれの読者価格でお申し込みいただけます。

日経エレクトロニクスPremium読者の方は,
・読者価格からの割引優待で受講できます。専用ハガキでお申し込みください。
・「割引優待」をご利用済みの場合は,Premium読者価格(一般価格の50%割引)で受講いただけます。

「日経エレクトロニクス」を始めとする技術情報誌の記事PDFがダウンロードできる
Tech-On!プレミアム(月額980円(税込))」との同時申込もできます。


 ●セミナー一般価格+Tech-On!プレミアム読者価格でのお申し込み
 ●セミナー読者価格+Tech-On!プレミアム読者価格でのお申し込み

※ 受講料には,昼食は含まれておりません。
※ 満席になり次第,申込受付を締め切らせていただきますので,お早めにお申し込みください。

プログラム詳細

高砂熱学工業
総合研究所 参与
稲葉 仁 氏

10:00~17:00

1部:静電気の基礎

 1)静電気とはどのような電気か? “量は少ないが強力”
 2)静電気発生のメカニズム
 3)静電気が蓄積される条件

2部:静電気の評価技術と製造現場における発生の実態

 1)静電気評価項目と測定機器
 2)電位の測定方法とノウハウ
 3)抵抗値の測定
 4)電荷量の測定
 5)静電容量の測定
 6)製造現場での静電気発生評価実測例
 演習

3部:静電気障害

 1)静電気障害の種類
 2)粒子汚染への静電気の影響
 3)静電気によるデバイス破壊

4部:製造現場における静電気対策の基礎

 1)実効のあがる対策実施のための,静電気対策取り組みの基本手順
 2)搬送形態・保持形態の最適化
 3)接触材料の最適化
 4)構造の最適化(対接地構造体の最適化)
 5)環境の最適化(効率のよい加湿制御方法,有機汚染制御)
 6)除電技術
 演習

5部:製造現場における除電技術と実施例

 1)除電原理と高性能な除電を達成するためのノウハウ
 2)除電装置の分類(全種類)
 3)イオナイザの種類と特徴,使い分け
 4)光照射除電の種類と特徴,使い分け
 5)製造開始時から静電気障害をゼロにするための除電設計技術
 6)除電対策実施例
 演習

※途中,昼休憩と午後の小休憩が入ります。

事前申込は終了しました
※当日受付を承ります。直接会場にお越しください。

講師紹介

稲葉 仁高砂熱学工業 総合研究所 参与

1984年 大阪大学 工学部卒。同年 高砂熱学工業入社
1994年 論文工学博士号取得(東北大より)
現在 総合研究所参与。

※講演時刻等,随時更新いたします。また,プログラムは変更になる場合があります。あらかじめご了承願います。

■受講料のお支払い:
後日,受講券・ご請求書を郵送いたします。ご入金は銀行振込でお願いいたします。なお,振込手数料はお客様のご負担になりますので,あらかじめご了承ください。

■お申し込み後のキャンセルおよび欠席:
お申し込み後のキャンセル,ご送金後の返金はお受けいたしかねます。代理の方が出席くださいますようお願いいたします。

法人のお客様 個人のお客さま

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

セミナー/イベント検索

名称から探す

検索

開催日から探す

日以降(1カ月間)

検索

お薦めセミナー/イベント

【(重要)「日経ID」統合について】

日経BPパスポートは、2014年4月30日から、「日経ID」に統合いたしました。
詳細につきましてはこちらをご覧ください。
技術者塾 【アンケート】技術者塾講座ガイドブック2015 Autumn版進呈

セミナー/イベント・カレンダー