セミナー/イベント

開発の鉄人が直接指導 ものづくり新商品・新事業開発講座

印刷用ページ
 
日経ものづくり

開発の鉄人が直接指導
ものづくり新商品・新事業開発講座
~ビジネスモデルを創造・構築しながら,新商品・新事業の開発を実践する~

事前申込は終了しました
ものづくりチャレンジコース(第3,4回)は,最小定員数に満たない見込みのため,
開催中止といたします。
これに伴って,ものづくりエッセンスコース(第1,2回)には,ものづくりチャレンジ
コースの内容の一部を盛り込む予定です。

 これからのものづくりの時代とはどういうものなのでしょうか? それは,原点に戻り,本当のニーズを見据えた価値ある本物をつくる時代です。お客様が,心から嬉しいと言ってくださるような,本物の商品を開発する,そういうものづくりの時代です。

 しかし,現実は厳しく,凄まじいコスト競争に晒されている多くのものづくり企業には,その糸口さえ見えないのが現状です。一体,どうしたらコスト競争をしない本物のものづくりが出来るのでしょうか。一体,どうしたらお客様に喜んでいただける新商品・新事業を開発することが出来るのでしょうか。今,多くのものづくり企業が,その答えを探しています。

 新しい時代をリードするものづくり,そのためには,まず,長期間にわたって染み込んでしまった,従来型のビジネスモデルから脱却しなければいけません。そして,これからの新しい時代に相応しいものづくりのための,新しいビジネスモデルを創成することが必要です。

 今回開催する「開発の鉄人が直接指導 ものづくり新商品・新事業開発講座」は,ものづくりの本質を見極め,時代のニーズに即した新商品・新事業を実際に開発することを目的とした,リアルな実践講座です。

 それは,今までの常識を捨て,古い慣習から抜け出し,新しいパラダイムを創造すること。そして競争するのではなく,新しい仲間を増やし,新しい関係を築くこと。まさに,これからのものづくりにとって,重要なコンセプトとなっていくものです。

 開発の鉄人こと多喜義彦氏は,長年にわたり,製造業をはじめ流通小売,金融・サービスまで,実に幅広い分野において,ものづくりのためのビジネスモデルを創成し,その上で,具体的な新商品・新事業を開発してきました。単なる市場調査や経営指導といったものではなく,具体的な新しい商品や事業を提案し,クライアントと一緒になって開発を進め,新商品や新事業を立ち上げる手法で,現在までに,約3000件の開発,800社以上の企業に新商品や新事業を提案してきました。文字通り,開発の第一人者と言えるでしょう。

 今回,企画した本講座は,多喜義彦氏自らが全カリキュラムを企画構成し,講座においてもほとんど全ての時間を担当して指導します。

 講義を中心とした「ものづくりエッセンスコース」のみの受講も可能です。続いて「ものづくりチャレンジコース」では,開発の鉄人によるコンサルティングを体験していただき,具体的な開発テーマのもとに,グループワークを行い,新商品・新事業を開発していきます。

 ビジネスモデルを創造・構築しながら具体的な新商品・新事業を開発する,まさに,開発の鉄人直伝の実践講座です。


本講座の進め方

■受講者の対象
企業の経営幹部,および新商品・新事業開発部門のご担当者

概要

  • 日程:【ものづくりエッセンスコース】
        
    ・第1回 2010年8月20日(金) 13:00~18:00(開場12:30)予定
        ・第2回 2010年8月27日(金) 13:00~18:00(開場12:30)予定

       【ものづくりチャレンジコース】
        ・第3回 2010年9月11日(土) 10:00~17:00(開場9:30)予定   
        ・第4回 2010年9月18日(土) 10:00~17:00(開場9:30)予定
  • 会場:システム・インテグレーション 会議室(東京都千代田区一番町,地下鉄半蔵門駅または麹町駅)
  • 主催:日経ものづくり
  • 共催:システム・インテグレーション

受講料(税込み)

  • 全4回:248,000円
  • 第1回・第2回「ものづくりエッセンスコース」:78,000円
  • 第3回・第4回「ものづくりチャレンジコース」:198,000円
◇「ものづくりエッセンスコース」を受講後に,「ものづくりチャレンジコース」をお申し込みいただくこともできます。
◇受講料には,「日経ものづくり(1年間・12冊)」の購読が含まれます。現在ご購読中の方は,購読期間を1年間延長させていただきます。

※ 満席になり次第,申込受付を締め切らせていただきますので,お早めにお申し込みください。

講師紹介

多喜 義彦 氏

多喜 義彦 氏 システム・インテグレーション 代表取締役社長

たき・よしひこ:1951年生まれ。1988年システム・インテグレーション設立。代表取締役に就任,現在に至る。新商品開発プランナーとして,新事業開発から商品の具体的開発,販売まで幅広い分野を手掛け,現在40数社の技術顧問。

プログラム概要


受講メリット(全4回)
◎ビジネスモデルを創造・構築するための創造力,具体的な新商品・新事業開発を進めるための実践力と具体的手法の習得,および知財戦略の基本知識とその事例研究を通じての実践力向上。
◎グループワークを通じて,チーム形成力や組織におけるリーダーシップ,開発を牽引する推進力のパワーアップ。
◎具体的なビジネスモデルや新商品・新事業開発を進めながら構築する,実践的な異業種ネットワークの形成。
◎すぐに使える新商品・新事業の企画書の完成。
◎開発成果物(新商品・新事業,知的財産権)の共有と実施権。
◎受講後,多喜氏によるフォローアップ・コンサルティング・サービス(希望者)。

講座終了時の開発成果物
◎新しいビジネスモデルと新商品・新事業企画書

【ものづくりエッセンスコース】
◎ビジネスモデルを構築し,新商品・新事業開発を進める勘どころと,ビジネスモデルを堅守する知的財産戦略を,開発の鉄人 多喜義彦氏が指導する講義主体のコースです。

第1回 2010年8月20日(金)

13:00~18:00

1.ものづくり企業における,これからの新商品・新事業開発

リーマンショックから始まった大不況,そして大量生産・大量消費というアメリカ型のビジネスモデルの終焉など,我が国のものづくり企業を取り巻く,産業構造や環境の変化を洞察するとともに,これからの新商品・新事業開発の在り方を,様々な実例を通して講義します。

2.ビジネスモデル概論

新事業開発を成功させるには,強いビジネスモデルの構築が不可欠です。ビジネスモデルとは一体何か,何故ビジネスモデルが必要なのか,そして,どうやってビジネスモデルを構築していくのか,実例を通して講義します。

3.ビジネスモデルを堅守する知的財産戦略

創出したビジネスモデルを,競合や新規参入企業から堅守するには,知的財産戦略が不可欠です。様々な事例を用いながら,効果的な知的財産戦略の勘どころを,知財の専門家である弁理士が講義します。

第2回 2010年8月27日(金)

13:00~18:00

1.ビジネスモデル創出の勘どころと効果的なビジネスプロデュース

これからは,モノからコト,つまり顧客にとって嬉しいコトガラをどうやって提供するかを考えていくことが,新事業を成功させる秘訣です。より強いビジネスモデルを創出するための勘どころや,より効果的なビジネスのプロデュース方法を講義します。

2.新事業を推進する開発型人材とField Allianceの時代

新事業を推進していくためには,物事の本質を見定め,ビジネスを活性化するための最適化を図り,そして,企業同士を結びつけていく開発型人材が不可欠です。顧客の絶対数が増えないこれからの時代にあって,事業フィールドを共有する“Field Alliance”という新しい考え方が必要です。ここでは,新事業を推進する人材に焦点を当てて講義します。

3.公開コンサルティング体験(デモンストレーション)

開発の鉄人による公開コンサルティングの概要を体感します。



【ものづくりチャレンジコース】
◎多喜氏による公開コンサルティングを体験
◎グループワークを主体とした,具体的な新商品・新事業開発を進める実践的研修コースです。

※【ものづくりエッセンスコース】の受講内容をご理解いただいた方が対象となります。

第3回 2010年9月11日(土)

10:00~17:00

1.開発の鉄人による公開コンサルティング

日常の開発現場で“掘り起こし”といわれるコンサルティングを,開発の鉄人自らが,受講者に対して行います。このコンサルティングの中で,受講者の企業本来の“強み”や“特長”である経営資源を掘り起こし,その企業の具体的な開発テーマにまで落とし込み,具体的な新商品・新事業の提案を行います。

2.グループワーク+中間発表

コンサルティングで創出した開発テーマごとにグループをつくり,ビジネスモデルを具現化するための新商品・新事業開発を,グループワークで実践します。 さらに,グループワークの中間発表に基づき,多喜氏が新商品・新事業開発の勘どころを具体的に指導します。

第4回 2010 年9 月18 日(土)

10:00~17:00

グループワーク+成果発表

グループワークとその成果発表により,新商品・新事業を実現する企画書の完成を目指します。

■新商品・新事業の企画書例
新商品・新事業の企画書例

事前申込は終了しました
ものづくりチャレンジコース(第3,4回)は,最小定員数に満たない見込みのため,
開催中止といたします。
これに伴って,ものづくりエッセンスコース(第1,2回)には,ものづくりチャレンジ
コースの内容の一部を盛り込む予定です。

※講演時刻等,随時更新いたします。
※また,プログラムは変更になる場合があります。あらかじめご了承願います。


■受講料のお支払い:
後日,受講券・ご請求書を郵送いたします。ご入金は銀行振込でお願いいたします。なお,振込手数料はお客様のご負担になりますので,あらかじめご了承ください。

■お申し込み後のキャンセルおよび欠席:
お申し込み後のキャンセル,ご送金後の返金はお受けいたしかねます。代理の方が出席くださいますようお願いいたします。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

セミナー/イベント検索

名称から探す

検索

開催日から探す

日以降(1カ月間)

検索

お薦めセミナー/イベント

【(重要)「日経ID」統合について】

日経BPパスポートは、2014年4月30日から、「日経ID」に統合いたしました。
詳細につきましてはこちらをご覧ください。
技術者塾 【アンケート】技術者塾講座ガイドブック2015 Autumn版進呈

セミナー/イベント・カレンダー