デバイス 半導体や電子部品を使い倒す
 

IoT時代を加速させるAlteraの役割(中)

米Altera社 Senior Director, SoC Product Marketing Chris Balough 氏

日経BP半導体リサーチ
2014/08/20 00:00
印刷用ページ

2014年3月に開催した日経BP社主催セミナー「世界半導体サミット@東京 ~IoT時代の半導体成長戦略~」から、米Altera社 Senior Director, SoC Product Marketing Chris Balough 氏の講演を日経BP半導体リサーチがまとめた。3回連載の第1回では、FPGAは大きな進化を続けており、通信インフラに適することを示した(第1回へのリンク)。今回は、通信インフラにおけるFPGAの活用状況を紹介するとともに、IoTにおける通信インフラの重要性などを示す。(日経BP半導体リサーチ)

_______________________________________________________________________________

 IoT時代において我々は、連載第1回で紹介したビジネスモデルを推進し、14nm世代のプロセス技術を適用する製品に力を入れていくつもりだ。70億~80億個ものトランジスタを最新鋭の製品「Stratix 10 SoC」で実現したいと考えている。この製品は、モノリシックでトランジスタを集積した半導体製品としては世界最大のものになるだろう。

 Stratix 10 SoCは、クワッドコアの64ビットプロセッサーである「Cortex-A53」を搭載し、10TFLOPSのDSPというパフォーマンスを一つのチップで実現している(図1)。さらに、FPGAとして初めて動作周波数1GHzを超えようとしているほか、ソフトウエアツールも充実させている。

altera_2_1.jpg
図1 Stratix 10 SoC:Altera社で最先端な製品

 こうした製品をはじめ、継続して先進的なプロセス技術を活用することに投資していく。さらに適合性、柔軟性、製品開発時間において、製品の魅力度を高めていきたい。

 こうすることで、通信インフラの隅々にまでFPGAが入り込むことを可能にしている。今やFPGAは、通信インフラの中心部だけでなくあらゆる範囲で使用されている(図2)。例えばデータプレーンのプロセッシングや、アグリゲーション、コントロールプレーンのプロセッシングなどだ。

図2 通信インフラで活躍するFPGA、数多く使われるAltera製品
[画像のクリックで拡大表示]

 今後、通信インフラにおけるFPGAの市場として期待しているのが、通信インフラの端末である。端末は市場規模が今後大きく拡大するとみられており、我々はより先進的なプロセス技術に必要に応じて投資して対応する考えだ。

ここから先は日経テクノロジーオンライン有料会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の「有料会員に申し込む」ボタンをクリックして、申し込み手続を完了させてからご参照ください。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング