• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
半導体デバイス 半導体デバイスの最新情報・トレンドを知る
 

本格的IoT時代に向け、加速する社会のセンサー化とSTの戦略(上)

伊仏STMicroelectronics社 Executive Vice President Analog, MEMS & Sensors Group Benedetto Vigna氏

日経BP半導体リサーチ
2014/07/22 00:00
1/3ページ
印刷用ページ

2014年3月に開催した日経BP社主催セミナー「世界半導体サミット@東京 ~IoT時代の半導体成長戦略~」から、伊仏STMicroelectronics社 Executive Vice President Analog, MEMS & Sensors Group  Benedetto Vigna氏の講演を日経BP半導体リサーチがまとめた。今回から3回にわたって紹介する。第1回の今回は、センサーについて過去数年の間で起こった変化を紹介する。(日経BP半導体リサーチ)

_______________________________________________________________________________

 MEMSの歴史で最も重要なものは日本から生まれている。以前MEMSは、自動車分野および医療分野での利用に限られていた。そんな中、任天堂がMEMSを家庭用ゲーム「Wii」に搭載することを決断した。同社のビジョンなしには、そして、日本の顧客のサポートなしには、MEMSがこれほど世界に知られることはなかっただろう。その後、任天堂の動きを追って、世界各地で、例えばスマートフォンなどにMEMSを搭載し始めたのである。

 もともと、大規模にMEMSの採用が始まったのは日本である。従って、日本は、私にとって非常に意義のある場所なのだ。

 外の世界で何が起こっているのかを感知するセンサーは、IoTにおいて必須のものである。本稿では、MEMSセンサーのIoTにおける貢献や課題について、三つに分けて連載する。

 第1回の今回は、過去数年の間に世界で起こった動きと傾向について紹介する。我々STMicroelectronics社をはじめ他のプレーヤーは、センサーの価格を下げてきた。センサーが高価なものであればIoTは広がらないし、多くのセンサーを世界に展開することもできない。コストは重要だ。

 連載第2回では、アプリケーションの種類を紹介する。IoT時代のアプリケーションとはどのようなものか、そして技術的な課題と技術以外の課題についても示す。

 連載第3回では、センサーが世の中をどのように変える力を持つのか、そしてST社が今、どのような位置にいて、どんな意図を持っているかについて説明する。

センサーは人と外の環境をつなぐ橋渡し


 まず、センサーの歴史から振り返ってみよう。同時に、日本が果たした役割と重要性についても触れる。

 センサーは非常に重要である。センサーがなければ人間は感じたことを定量化できない。センサーは人と外の環境をつなぐ橋渡しの役割を担っているのである。そして今後、センサーは、その橋渡しの役割がこれまで以上に重要になっていく。

 2005年からの約10年間で、センサーは世界各地でさまざまなものに搭載されるなど、より一層展開が広がっている。今ではパソコンはもちろん、携帯端末など、多くのものにセンサーが搭載されている。

 10年前、携帯端末に搭載されていたセンサーといえば、マイク程度だった。しかし今や、多くの人が持っている携帯端末には、加速度センサーや角速度センサー、コンパス、近接センサー、タッチセンサーなど、さまざまな異なるセンサーが搭載されている。

 その中で我々ST社や他のプレーヤーがやったことは、センサーの小型化である。センサーの原型といえるものは、数百年前に開発された。当時は非常に大きなものだったが、時を経て小さくなってきた。図1は、加速度センサーの歴史を示している。これにより、加速度計から加速度センサーへと進展を遂げていることが分かる。

図1 加速度センサーの進化
[画像のクリックで拡大表示]

ここから先は日経テクノロジーオンライン有料会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の「有料会員に申し込む」ボタンをクリックして、申し込み手続を完了させてからご参照ください。

【技術者塾】(2/10開催)
ディスプレーに革新をもたらす「量子ドット」の最新動向

~QDで加速するスーパーハイビジョンの色域競争~


ディスプレーへの応用で注目を集める量子ドット(QD)。QDビジネスに関わる各社の技術の内容や事業戦略、そして、ディスプレーが目指す新たな色の世界と産業の方向について、最新の情報を詳細に解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年2月10日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経ものづくり

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾
  • スポーツイノベイターズオンライン

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング