• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイスセミナー報告 > 【SCRセミナー報告】インテルのIoT戦略(下)

セミナー報告

【SCRセミナー報告】インテルのIoT戦略(下)

インテル 取締役 兼 副社長執行役員 宗像義恵氏

  • 日経BP半導体リサーチ
  • 2014/07/11 00:00
  • 1/3ページ

2014年3月に開催した日経BP社主催セミナー「世界半導体サミット@東京 ~IoT時代の半導体成長戦略~」から、インテル取締役 兼 副社長執行役員 宗像義恵氏の講演を日経BP半導体リサーチがまとめた。今回は、3回連載の最終回である。IoT市場に向けてIntel社が放った「Quark」プロセッサーの意義などを紹介する。(第1回第2回)(日経BP半導体リサーチ)
_______________________________________________________________________________

Intelのソリューション


 前回の中編で示したIoT市場に存在する三つの技術要素、すなわち、インテリジェントな機器、インテリジェントなシステム・オブ・システムズ(あらゆる機器をネットワークにつなげるためのゲートウエイ)、エンド・ツー・エンドの解析技術(バックエンドのサービス)に対し、Intel社はどのように対応していくのか。

 まず、End-to-endでIoTを見ていく必要がある(図1)。図中の赤色の部分はつながっていないデバイスである。今存在しているあるいは昔のものでまだネットワークにはつながっていないデバイスと、ネットワークに接続できるデバイスが、ゲートウエイを通してネットワークへつながってくる。このセグメントでいうと、これらはすべてエッジになる。つながっていないデバイス、つながっているデバイス、それを集線するゲートウエイ、そしてバックエンド側のサーバーが、ネットワークの構造となる。

図1 End-to-endのIoTプラットフォーム
[画像のクリックで拡大表示]

 では、各セグメントについて紹介していく。

 まず、Intel社が思っている以上に、たくさんのアプリケーションが存在しているとみている(図2)。我々の想像を絶するようなものもあるかもしれない。そういったものに対して対応しなくてはならない。

図2 IoTのソリューション
[画像のクリックで拡大表示]
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓