半導体デバイス 半導体デバイスの最新情報・トレンドを知る
 

パワー半導体の300mmウエハー化を先導する、Infineonの事業戦略(中)

大下 淳一=日経BP半導体リサーチ
2013/10/10 06:00
印刷用ページ

 2013年6月28日に日経エレクトロニクスが主催したセミナー「NE先端テクノロジーフォーラム 次世代パワー半導体のインパクト」(協賛:インフィニオン テクノロジーズ ジャパン)から、インフィニオン テクノロジーズ ジャパン 代表取締役社長の森康明氏の講演を、日経BP半導体リサーチがまとめた。今回はその第2回(第1回)。
_______________________________________________________________________________

 パワー半導体の市場は今後、ますます広がっていく。インドのような新興国では、インバータを使ってないエアコンがまだ80%もあるという。こうした市場に対しては、性能だけでなく、コスト競争力のあるパワー半導体を作っていくことが重要である。そのキーテクノロジーとなるのが、300mmウエハーの適用だ。

 図5に当社初のパワー半導体用300mmウエハーを示した。オーストリア・フィラッハ工場でつい最近、製造したものである。当社は2008年に200mmウエハーによるパワー半導体の生産を始めたが、その翌年の2009年に、当社の技術者たちは次に何をすべきかというブレーン・ストーミングを始めた。2009年はちょうどリーマン・ショックの直後で、たいていの提案は却下される雰囲気の中だったが、これだけはやっておこうということで「パワー300mmプロジェクト」が始まった(図5)。

図5●パワー半導体の生産に300mmウエハーを適用
[画像のクリックで拡大表示]

長期トレンドを見据えて300mm化

 2008年に200mmファブがようやく立ち上がったばかりだったが、すぐに300mmへの移行を目指したのは、先に述べたメガトレンドに対する認識があったからだ(図6)。このままでは、すぐにキャパシティーが足りなくなる。200mmから300mmへ大口径化すれば、1枚のウエハーから取れるチップ数が増えて供給が安定し、コストも下げられる。それが市場を広げる上で重要だと我々は考えた。

図6●長期的な視点から大口径化を重視
[画像のクリックで拡大表示]

 その後、試験ライン(パイロット・ファブ)をフィラッハに立ち上げて研究を重ね、ほぼ1年以内に社内認定済みの300mmウエハーを作れるようになった。「CoolMOS」という名称で製品化し、数カ月後には最初の顧客から認定を得た(図7)。「CoolMOS C3」と「CoolMOS C6」と呼ぶ2種類の低耐圧品の出荷を既に開始している。

図7●顧客からの認定を取得済み
[画像のクリックで拡大表示]

ここから先は日経テクノロジーオンライン有料会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の「有料会員に申し込む」ボタンをクリックして、申し込み手続を完了させてからご参照ください。

<技術者塾>
電源制御と主回路の定式化手法(2日間)
~状態平均化法によるコンバータの伝達関数の導出と制御設計の基礎について事例を基にわかりやすく解説~



これまでの電源設計の教科書にはない新しい見地から基礎理論および実践例について解説するとともに、「系の安定度」の問題点と解決手法についても解説します。今年3月に発刊した「スイッチング電源制御設計の基礎」(日経BP社刊)をベースに最新の内容を解説いたします。詳細はこちら

【日時】:2015年9月28~29日 10:00~17:00 (開場9:30)予定
【会場】:化学会館(東京・御茶ノ水)
【主催】:日経エレクトロニクス

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング