• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

お薦めトピック

CYBERDYNE、「HAL+人工知能」に乗り出す

PEZY Computingと資本提携し共同開発

2015/08/25 13:28
大下 淳一=日経デジタルヘルス
「第29回 日本医学会総会 2015 関西」(2015年4月)におけるCYBERDYNEの展示ブース
「第29回 日本医学会総会 2015 関西」(2015年4月)におけるCYBERDYNEの展示ブース
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 CYBERDYNEは「ロボットスーツHAL」に人工知能(AI)を適用するための開発に乗り出す。2015年8月24日、メニーコアプロセッサー開発を手掛けるベンチャー企業、PEZY Computingと資本提携(プレスリリース)。「小脳処理機能」や「学習型汎用AI」のHALへの適用に向けた開発などで協力する。

 PEZY Computingは高性能で省電力のメニーコアプロセッサーを手掛ける気鋭のベンチャー企業。PEZYグループが開発したプロセッサーを搭載したスーパーコンピューターは、2015年7月末に米国で発表されたスパコン省エネランキング「Green500」で1~3位を独占した(関連記事)。メニーコアプロセッサーの他、周辺ソフトウエアやシステム開発を手掛けており、これらを応用したAIのコア技術の開発も進めているという。

 両社は今後、PEZY Computingのメニーコアプロセッサー技術や信号処理技術を活用し、適応学習型の小脳機能や学習型汎用AIを共同開発する。人間の小脳と同等以上の信号処理能力や適応能力を備えたプロセッサーを開発し、これをHALに搭載する狙いだ。これにより、HALの適用範囲を広げたり、利用者の身体機能や外乱に適応する能力を高めたりするという。利用者の小脳機能や医師の指示に従う知能を備えた「学習型HAL」や、職場や生活環境で安全かつ柔軟に機能する「学習型汎用AI」を備えたロボットの実現を目指す。

 提携の内容は以下の3点である。(1)CYBERDYNEがPEZY Computingに出資しPEZY Computingの安定的な研究開発の推進を支援する、(2)業務提携の検討に関する覚書を締結し、HAL向けの小脳処理機能を含む信号処理技術や、小脳機能を実装したプロセッサーを共同開発する、(3)CYBERDYNEの次世代技術開発について、必要に応じてPEZY Computingが技術開発サービスを提供する。

日経デジタルヘルス Special

記事ランキング