エネルギー
 

スイスABB、再エネ電力の長距離送電を効率化する525kV対応の直流ケーブルを開発

加藤 伸一=日経BPクリーンテック研究所
2014/09/01 13:09
印刷用ページ
架橋ポリエチレンを絶縁体に使った525kV対応の直流送電用ケーブル(出所:ABB)
架橋ポリエチレンを絶縁体に使った525kV対応の直流送電用ケーブル(出所:ABB)
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 スイスABBは8月、送電可能な容量を従来比2倍以上に高められる、525kV対応の直流送電用ケーブルを開発したと発表した(ニュースリリース)。架橋ポリエチレンを絶縁体に使ったケーブルによる525kV対応は、業界初という。

 今回の直流送電用ケーブルを使うと、太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギー発電所の設備効率を改善し、コスト効率が向上するとしている。

 従来の架橋ポリエチレンを絶縁体に使った直流送電用ケーブルは、320kV対応が限界だった。この320kV品に比べて、対応できる電圧を64%高めたことで、送電容量を従来の1000MW(1GW)から約2600MW(2.6GW)と、2倍以上に増やした。

 また、送電損失を5%以下に維持できる距離を、従来の1000km以下から1500km以下に長距離化した。

 これらによって、長距離送電用の海底ケーブルや地中ケーブルに使えるようになった。

 送電時の損失を低減し、より多くの電力を、より長い距離で送電できるため、遠隔地に立地することが多い、太陽光発電所や風力発電所などを、基幹系統に連系しやすくなる。今後の再生可能エネルギー発電所の事業計画の変化に寄与すると強調している。

 例えば、今回のケーブルを使えば、1組のケーブルだけで、200万世帯の消費電力に匹敵する電力を、洋上風力発電所から送電できる。

日経エレクトロニクスセミナー
蓄エネ革命2015
電池からフライホイール、水素・圧縮空気貯蔵まで

蓄エネ技術を開発するメーカーは、今こそ勝負どきと考え、開発スピードを一気に高め始めました。本セミナーでは、Liイオン2次電池やNAS電池などの蓄電池に加えて、フライホイールや水素・圧縮空気貯蔵といった新たな蓄エネ技術の最新情報を紹介します。詳細は、こちら
日時:2015年9月30日(水)10:00~17:00(開場9:30予定) 
会場:JA共済ビル カンファレンスホール (東京・永田町)
主催:エレクトロニクス
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング