エネルギー
 

岩谷産業、東京都心に水素ステーションを建設 ショールーム機能備える

小川 計介=日経Automotive Technology
2014/08/28 18:31
印刷用ページ
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 岩谷産業は2014年8月28日、東京タワー(東京都港区芝公園)の下に水素ステーションを建設すると発表した。燃料電池車(FCV)向けに水素燃料を供給するだけでなく、FCVや水素関連技術を展示するショールーム機能を備えるのが特徴。

 新設する水素ステーション「東京水素ステーション」(仮称)の敷地面積は1097平方メートル、水素の充てん能力は70MPaで340N・m3/h。2014年9月に着工し、2015年3月に完成する見通し。

 水素ステーションはガソリンスタンドと違って、匂いがしないため、水素供給以外の施設と併設することなども模索されている。経済産業省の担当者は「水素ステーションは新しいビジネスモデルを構築できる可能性がある。今回のステーションで、その一歩を踏み出した」と述べる。

 岩谷産業は2015年度までに東京・名古屋・大阪・福岡の4大都市圏を中心に20カ所の商用水素ステーションを整備する計画。JX日鉱日石エネルギーも同時期までに40カ所の水素ステーションを整備する予定だ。

 なお岩谷産業の水素ステーション戦略については、日経BP社が9月11~12日に開催する、自動車関連の大規模セミナー「BEYOND2020 クルマが拓く未来~これから自動車関連ビジネスはこう変わる~」でより詳細に解説します。同セミナーには、トヨタ自動車も登壇する予定で、車両と水素インフラ両面の最新の取り組みを紹介します。環境対応車の中でEVやPHEVと並んでFCVがどう広がるのか見極めます。

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング