• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエネルギーメガソーラー > 中国ジンコソーラー、南アに太陽光パネル工場を開設、外資系企業で初

中国ジンコソーラー、南アに太陽光パネル工場を開設、外資系企業で初

  • 加藤 伸一=日経BPクリーンテック研究所
  • 2014/08/15 20:42
  • 1/1ページ

 中国の太陽光パネルメーカーのジンコソーラーホールディングは8月、南アフリカのケープタウンに太陽光パネル工場を開設したと発表した。

 敷地面積は5000m2で、生産能力は年間120MWとしている。建設費は約750万米ドルで、250人の従業員を雇用する。中国の工場と同じ、同社の最先端の製造プロセスを導入したと強調している。

 同社によると、南アフリカに製造拠点を持つ、初の外資系太陽光パネルメーカーになったという。南アフリカでは、2012年以降、合計出力300MW以上の太陽光パネルを販売してきた。今後、拡大が見込まれる南アフリカ市場における拡販を目指し、工場を建設した。

おすすめ