電動化 EVやHEV、FCVの技術動向を見通す
 

トヨタが小型SUV「レクサスNX」を発売、高効率・低燃費ターボエンジンを初搭載

高田 隆=日経Automotive Technology
2014/08/08 15:37
印刷用ページ
図1◎新開発の直噴ターボエンジンを搭載した「レクサスNX 200t」
図1◎新開発の直噴ターボエンジンを搭載した「レクサスNX 200t」
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図2◎ハイブリッドシステムを搭載した「レクサスNX 300h」
図2◎ハイブリッドシステムを搭載した「レクサスNX 300h」
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図3◎高効率・低燃費のターボエンジン「8AR-FTS」
図3◎高効率・低燃費のターボエンジン「8AR-FTS」
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 トヨタ自動車は、レクサスブランド初の小型SUV(スポーツ・ユーティリティー・ビークル)「NX」を、2014年7月29日に発売した。新開発の直噴ターボエンジンを搭載した「NX 200t」(図1)と、ハイブリッドシステムを搭載した「NX 300h」(図2)の2モデルがあり、それぞれFF(前輪駆動)車とAWD(四輪駆動)車を用意した。

 価格はNX 200tが428万~518万円、NX 300hが492万~582万円である(いずれも税込み)。トヨタ自動車九州の宮田工場(福岡県宮若市)で生産し、月間販売は2タイプ合わせて700台を計画している。

 NX 200tに搭載した排気量2.0Lの直列4気筒直噴ターボエンジン「8AR-FTS」(図3)は、トヨタが2014年4月に発表した高効率・低燃費エンジン群の一つである。トヨタは同エンジン群を2015年までに14車種に搭載するとしており、2014年4月に部分改良した「パッソ」と「ヴィッツ」、同年5月に部分改良した「ラクティス」に既に搭載している。今回のNX 200tへの搭載はトヨタとしては4車種目、レクサスブランドでは初めてになる。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

日経BP主催のお薦めセミナー
スキルアップしたい方は必見!

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング