ビッグデータ・M2M・IoT 新たな価値をもたらすITの最前線
 

速度も容量も容易にカスタマイズ可能、フィックスターズが新構造のSSDを開発

中道 理=日経エレクトロニクス
2014/08/11 10:00
印刷用ページ
 フィックスターズは記憶容量や、読み書き速度、インターフェースなどを柔軟に変更可能なアーキテクチャーのSSDを開発した。まずは、映像機器や医療機器などをターゲットに2014年中にSerial ATA(SATA)を搭載し、2.5インチ型、3Tバイトの製品を市場に投入する。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング