• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

お薦めトピック

超音波診断装置向けのパルス生成器IC、STが高集積品を発売

2014/08/08 10:58
大下 淳一=日経デジタルヘルス

 伊仏STMicroelectronics社は、8チャネルの超音波パルス生成器IC「STHV800」を発表した。低電圧CMOSロジック回路やアナログ回路、ドライバー回路をSOI-BCDプロセス技術で1チップに集積した。POCT(point of care testing)タイプの超音波画像診断装置の他、ソナーやレーダー、非破壊検査装置など、圧電トランスデューサーを駆動するさまざまな用途に利用可能。既に量産を開始している。

 今回のICには、コントローラ・ロジック・インターフェース回路の他、レベルトランスレータや高耐圧MOSFETゲートドライバ、雑音抑止ダイオード、出力段の高出力MOSFETを集積した。各チャネルのパルス波用と連続波用の出力段は送受信スイッチと統合しており、送信フェーズでのデカップリングを保証する。出力電圧遷移が高速で対称なため、鮮明な画像を得ることができ、高コストの画像処理アルゴリズムは不要という。

 入力電圧範囲は1.5~3.6V、出力電圧範囲は最大±90V。ジッターは10ps未満で、超音波ドップラー解析において正確な周波数応答を保証できるようにした。2次高調波歪みは-40dB以下で高い画質を得やすい。外付けのリファレンスキャパシターは不要である。

 実装面積8mm×8mmのLGAパッケージに封止する。単価は1000個購入時に約16米ドル。

【6/12(日)開催】日経デジタルヘルス・セミナー

『遠隔診療は医療を変えるのか?』
厚労省の“通達”から1年で見えてきたこと


2015年8月、医師と患者を情報通信機器でつないで行う「遠隔診療」の適用範囲について、より広い解釈を認める旨の通達を厚生労働省が出してから1年弱。遠隔診療を実践している医療従事者や遠隔診療サービス事業者を招き、臨床現場から見た“遠隔診療の今とこれから”を探ります。詳細はこちら

日時:2016年6月12日(日) 13:00~17:00(開場12:30予定)
場所:富士ソフト アキバプラザ(東京・秋葉原)
主催:日経デジタルヘルス

日経デジタルヘルス Special

記事ランキング

新着記事