• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEスキルアップマネジメント > 「スエマエ」「フジカキ」を生んだ名門ルネサス・バドミントン部、廃部危機を再春館製薬所が救う

「スエマエ」「フジカキ」を生んだ名門ルネサス・バドミントン部、廃部危機を再春館製薬所が救う

  • 大下 淳一=日経テクノロジーオンライン
  • 2014/08/08 00:24
  • 1/1ページ
 ルネサス エレクトロニクスは2014年8月7日、多くの五輪選手を輩出してきた名門のバドミントン部を、再春館製薬所へ移管することを決定した。ルネサスは経営再建に向けた構造改革を進める中で、バトミントン部の活動継続について検討を重ねてきた。部の存続に向けて移管先の企業や団体を探す中で、熊本県からの紹介を受け、県内に本社を持つ再春館製薬所への移管が決定したという。
【技術者塾】(7/11開催)
高収益への転換のカギ「品質コストマネジメント」

最小のコストで最大の品質を実現し、利益を生む品質管理への変革を成し遂げる


「品質コスト」は、統合的品質管理(TQC)や総合的品質管理(TQM)と同様に、製造業の成否を占う重要な手法として誕生しましたが、日本では注目されてきませんでした。本講座では、日本企業の組織風土に適した品質コストマネジメントを、豊富な事例とともに適否演習を活用しつつきめ細かく解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年7月11日
会場 : 日本科学技術連盟 東高円寺ビル
主催 : 日経ものづくり、日本科学技術連盟

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓