お薦めトピック

Bluetooth LE対応のIoTゲートウェイをYUWAが発売、ヘルスケア機器の測定値をサーバーに集約

2014/08/07 21:01
大下 淳一=日経デジタルヘルス
発売したIoTゲートウェイ
発売したIoTゲートウェイ
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 ヘルスケア関連のICT事業を手掛けるYUWAは、Bluetooth Low Energy(Bluetooth LE)に対応するゲートウェイ「IoT Gateway with BLE」を発売した。Bluetooth LEの通信機能を備えるセンサーや計測機器で測ったデータを、サーバーに自動送信できる。

 ここにきて、体温計や血糖値計などのヘルスケア機器が、Bluetooth LEの通信機能を実装する事例が増えている。今回のゲートウェイでは、利用者が意識しない間にこれらのヘルスケア機器と通信し、体温や血糖値などの測定データをサーバーに自動送信できる。スマートフォンやタブレット端末を経由してサーバーにデータを送信する手法に比べて、利便性が高い。

 各種機器の遠隔制御を仲介する機能も実装可能。セキュリティーやHEMS(home energy management system)に利用することも可能とする。

 通信事業者などを対象に、発売後2年以内に1万台の販売を目指す。次期製品では、Bluetooth LEに加えて無線LANやZigBeeをサポートする予定だ。

【日経デジタルヘルス・セミナー】

次世代がん診断サミット2015
~「超早期」への破壊的イノベーション、始まる~


1滴の血液や尿、呼気などといった容易に取得できる生体試料からがんの兆候を捉えるといった破壊的イノベーションの最新動向や、それらのイノベーションがもたらす医療のパラダイムシフトなどについて一望できるプログラムを用意しました。詳細はこちら

日時:2015年9月2日(水)10:00~17:00
会場:富士ソフト アキバプラザ(東京・秋葉原)

お知らせ

日経デジタルヘルス Special

記事ランキング