• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEクルマ電動化 > 富士重工のHEV開発者、「システムの評価・検証時間をより短縮していく」

富士重工のHEV開発者、「システムの評価・検証時間をより短縮していく」

  • 小川 計介=日経Automotive Technology
  • 2014/08/07 20:34
  • 1/1ページ
 富士重工業は、同社初の量産ハイブリッド車(HEV)「XVハイブリッド」のモーターECU(電子制御ユニット)開発で、米National Instruments社の計測・評価システムを用いた。開発したモーターECUの評価を、モーターの実機を接続するのではなく、仮想的なモーターシステムを作りECUに接続することで、より短時間で評価することができた。米テキサス州オースティンで開幕したNIのプライベートショー「NI Week2014」の会場で、富士重工業HEV設計部主査グループの森田知洋氏に、今後の評価・検証システムの活用方針について聞いた。

トップページへ

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓