電動化 EVやHEV、FCVの技術動向を見通す
 

富士重工のHEV開発者、「システムの評価・検証時間をより短縮していく」

小川 計介=日経Automotive Technology
2014/08/07 20:34
印刷用ページ
 富士重工業は、同社初の量産ハイブリッド車(HEV)「XVハイブリッド」のモーターECU(電子制御ユニット)開発で、米National Instruments社の計測・評価システムを用いた。開発したモーターECUの評価を、モーターの実機を接続するのではなく、仮想的なモーターシステムを作りECUに接続することで、より短時間で評価することができた。米テキサス州オースティンで開幕したNIのプライベートショー「NI Week2014」の会場で、富士重工業HEV設計部主査グループの森田知洋氏に、今後の評価・検証システムの活用方針について聞いた。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

日経BP主催のお薦めセミナー
スキルアップしたい方は必見!

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング