• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 旭化成エレクトロニクス、最大15A出力が可能な降圧型DC-DCコンバーター制御ICを発売

旭化成エレクトロニクス、最大15A出力が可能な降圧型DC-DCコンバーター制御ICを発売

  • 山下 勝己=テクニカル・ライター
  • 2014/08/07 18:31
  • 1/1ページ
 旭化成エレクトロニクスは、最大15A出力が可能な降圧型DC-DCコンバーター制御IC「AP3408」を発売した。入力電圧(VIN)範囲は+4.0~36Vと広い。出力電圧は+3.3V~(VIN×0.8)Vの範囲で設定可能だ。このため、車載バッテリーの出力から+3.3Vや+5.0V、+12.0Vなどを生成する用途に適用できる。スイッチング素子は集積していない。外付けでnチャネル型パワーMOSFETを用意する必要がある。車載アクセサリー機器や、車載インフォテインメント機器、産業用電子機器などに向ける。
【技術者塾】(6/16開催)
実用化迫る、自動運転支援のためのセンシング技術


安全で安心な自動運転車の実現に向けて、運転自動化支援に必要なセンシングアルゴリズムの基礎理論から、自動運転に向けたさまざまな応用技術、最近の話題などについて、分かりやすく解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月16日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ