• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエネルギー > 秋田のスキー場跡に約1.5MWのメガソーラー、juwi自然電力が竣工、架台は独シュレッター製

秋田のスキー場跡に約1.5MWのメガソーラー、juwi自然電力が竣工、架台は独シュレッター製

  • 加藤 伸一=日経BPクリーンテック研究所
  • 2014/08/07 16:20
  • 1/1ページ
スキー場跡の斜面に建設した「井川町赤沢山太陽光発電所」(出所:juwi自然電力)
スキー場跡の斜面に建設した「井川町赤沢山太陽光発電所」(出所:juwi自然電力)
[画像のクリックで拡大表示]

 ドイツ系の太陽光発電のEPC(設計・調達・施工)サービス企業であるjuwi自然電力(東京都文京区)は8月6日、出力1.54MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)「井川町赤沢山太陽光発電所」が発電を開始したと発表した。

 同発電所は、秋田県井川町にある井川町営赤沢山スキー場跡地に建設した。7月17日に竣工していた。

 井川町と赤沢山生産森林組合が所有する同スキー場跡地の有効活用として、メガソーラーを建設した。スキー場の緩やかな斜面に、太陽光発電システムを設置した。

 自然電力(東京都文京区)が事業開発し、発電事業者はインスパイア(秋田県秋田市)となる。

 年間発電量は、約490世帯分の消費電力に相当する、約1645MWhを見込んでいる。

 EPCサービスは、juwi自然電力が務めた。太陽光パネルは中国BYD製、パワーコンディショナー(PCS)はドイツSMAソーラーテクノロジー製、架台はドイツ・シュレッター製を採用した。

 スキー場跡へのメガソーラーの建設では、斜面に太陽光パネルを設置する工夫のほか、冬には積雪量が多いため、太陽光パネルの設置角や架台の高さを工夫し、積雪の影響を最小限に抑えたとしている。

 また、夏季の豊富な日射量を十分に活かすEPCの技術によって、年間を通じて高い設備利用率の実現を目指すという。

【技術者塾】(6/13開催)
自動車エンジンと制御部品の最新注目技術と今後のトレンド

基本構造から排出ガス規制、燃費低減技術、新興国対応までを解説


自動車向けエンジンとエンジン制御システムに関する最新技術や今後の方向性を実務経験豊富な講師が分かりやすく解説します。自動車エンジンや制御部品に現在求められる技術と今後の方向性の全てを1日で学べます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年6月13日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経Automotive

おすすめ